に投稿 コメントを残す

謹賀新年


旧年中はたいへんお世話になりました。

今年、2023年は卯年。

その名が示す通り「飛躍の年」するべく、
これまで以上に、皆様のお役に立てる
商品や、サービス、コンテンツなどを
ご提供していきたいと思っています。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

に投稿 コメントを残す

ティップ折れと、傷んだグリップとブランク塗装の補修


2ピースのグラファイトロッドの#1セクションが折れてしまったのと、
長年の使用により、かなり痛みが激しかったグリップ。

それからブランク表面にある、無数の擦り傷を補修してほしいとの
お客様よりのご依頼。

折れた部分は比較的長い範囲にわたって
ささくれてしまった状態だったため、
その部分全体に、ソリッドのグラファイトを、
内径に合わせて削り出し、挿入して
その上からグラファイト繊維を巻いて補強。

それからバーニッシュで仕上げました。

湿潤と乾燥の繰り返し。

それから摩耗のため、痛みが激しいグリップ。

リールシートとロゴ周りを温存するため、
グリップだけを作り変えました。

それから、無数にできたブランク表面の傷は、
この上から透明の塗装を施すことで補修しました。

お客様の声

出来上がりまで約1か月ほどかかってしまいましたが、
お送りしたお客様より、以下のようなコメントをいただきました。

只今、ロッドを受領致しました。

見事な出来映えに驚きました。

大切に使わせていただきます。

ありがとうございます。

熊本県 H様

あなたも破損修理や、レストアしたい
大切なロッドがあれば一度ご相談ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号(必須)

    題名

    [ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

    メッセージ本文

    画像など(サイズ10MB以内、jpg、png、gif、pdf形式が送信できます)

    に投稿 コメントを残す

    九州での防波堤釣り


    先日ご紹介した九州でのキャスティングイベントの前日。

    このイベントを主催していただいた地元フライフィッシャーの方に
    離島の防波堤の釣りに連れて行っていただきました。

    このイベントの様子をまだご覧になっていない方は、
    こちらをご覧ください。

    メイン・ターゲット

    この時のメインターゲットはアジ。

    ぼくはこれまで、防波堤での釣りは何度か経験があるものの、
    アジを狙うのは初めて。

    フライでのアジングに対する知識は
    ほとんどない状態だったので、
    直前で経験者から情報を集め、
    急ごしらえで小型のクラウザーミノーなどを
    何本か巻き、この釣りに挑みました。

    やってみると、これが実に楽しい!

    群れが廻ってきて、
    それとフライの深度が合えば、
    面白いように釣れてくる。

    良い時は文字通り1投ごとにストライクがある。

    そして、サイズはどれも20センチ以上。

    時に尺近いサイズも釣れる。

    聞くと、これはまだ小さい方で、
    良い時は尺を超えるサイズもよく釣れるとのことでした。

    そのほかの魚種

    この日釣れたのは、
    アジのほかにはムツやカマス、
    それからサバやハタ類なども混じり、
    実に多彩!

    そして、びっくりするようなハプニングが…!

    そして、中にはこんなびっくりするような大物が…!

    全長70センチほどのヒラメΣ(・□・;)

    それがなんと今回、2枚も!

    これらはどちらもしっかりフッキングしていたのですが、
    おそらくフライを直接食ってきたのではなく、
    フライにかかったアジやサバを食ってきたのが
    偶然にもハリがかりしたようです。

    それにしてもおどろきです!

    九州の防波堤釣りのポテンシャル

    九州の防波堤釣りには
    底知れぬポテンシャルを感じました。

    この時、ヒラメのほかにも、
    やはりフライにかかったアジが
    上がってくるのを眺めていると、
    突然大きな魚影が近づき、
    そのアジをもぎ取っていくのも
    というハプニングもありました。

    これは、かなりのサイズのスズキ!

    このほかにも、
    この防波堤のほかの場所では
    餌釣りの方の竿にヒラマサが掛かったり、
    体高推定指10本ほどの太刀魚をばらしたとか、
    全く信じられないような話が入ってきました。

    ほんの1日半の釣行だけで
    これだけのことがあったのです。

    ほんと、
    九州の防波堤は凄い!

    すっかり虜になってしまいました。

    そして、本州でもこれから防波堤釣りが面白い時期に…

    九州ほどではありませんが、
    本州でもこれから防波堤の釣りが
    面白い季節になってきました。

    フライフィッシングでのこのジャンルの釣りは
    まだまだ未開で情報不足。

    それだけにブルーオーシャンといってもよい状態。

    開拓のし甲斐のある分野です。

    ぼくもそろそろ、いろいろ放浪してみようかと思っています。

    お勧めのタックル

    防波堤からのアジやカマスなどを対象とした
    フライフィッシングで、
    お勧めの標準的なタックルをご紹介します。

    ロッド

    ロッドは長さ9ft前後での#5~#6程度のものが
    お勧めです。

    ニュージーランドの高品質ブランクを製造しているCTSのグラファイトロッドです。

    今回、ぼくは8’6” #6のグラスロッドを使用しましたが、
    それほど遠投の必要もなく、
    口切れしやすいアジがばれてしまうことを
    防ぐためにも、柔軟なグラスロッドを
    使うのは良い選択だと思います。

    このロッドは、ターボテーパーという、独自のテーパーとSグラスという高弾性グラスの仕様により、
    予期せぬ大物がかかっても持ちこたえる強いバットを備え、高いキャスタビリティも備えています。

    ライン

    防波堤での、アジやカマスを釣る場合、
    フライを足元まで深い深度を保ちながら
    引いてこられることが求められます。

    そのため、使用するラインはシンクレートの高い
    フルライン、もしくはそれをベースにした
    長いシューティングヘッドが有効です。

    ここにご紹介したラインは、
    先端部分は比較的低いシンクレートで、
    ボディ部分がハイ・デンシティという
    ユニークなデザインのラインです。

    それにより、多くのシンキングラインは
    リトリーブしてくるのに従って
    フライの泳層は浅くなるものですが、
    このラインでは、足元まで深い泳層を保つことができます。

    フック

    防波堤からアジやカマスなどを釣る場合に
    お勧めのフックを1つご紹介します。

    このフックは、ニッケルプレートの鋼鉄製で、
    さびにくさとフックポイントのシャープさを兼ね備えています。

    そして、サイズバリエーションも♯8からあるため、
    小型のストリーマやシュリンプパターンなどにも適しています。

    それから細軸でありながら剛性も優れているため、
    深い水深で、比較的ゆっくり目のリトリーブという
    フックセットが難しい状況でも針がかりしやすく、
    思わぬ大物がかかっても伸ばされる心配がありません。

    に投稿 2件のコメント

    九州のキャスティングイベントに参加してきました。


    先月、11月26、27日の2日間。

    九州でフライキャスティングのイベントが行われ、
    ぼくもそれに参加させていただきました。

    歴史的にも地理的にも貴重な場所

    今回イベントが行われた場所は
    「志賀島」という場所です。

    ここは、博多湾と玄界灘にわたわたる巨大な砂洲、
    「海の中道」の先にある、たいへん珍しい
    陸続きの島です。

    ここは古代から大陸との交易の要として、
    歴史的にもたいへん重要な場所で、
    あの、有名な金印「漢委奴国王印」が
    発見された場所でもあります。

    熱狂的な九州のキャスターたち

    そんな貴重な場所で開催された
    今回のキャスティングイベントは、
    地元九州で活躍されているフライフィッシャーの
    熱い思いと、多大なるご尽力により実現しました。

    九州のキャスターは、
    みなさんたいへん熱心で、
    各地でそれぞれ小さなコミュニティが形成され、
    それぞれ互いに切磋琢磨されているようで、
    技術的にもたいへん高いレベルにあります。

    そして、ソルトウォーターのフィールドは
    素晴らしい場所が数多くあり、
    それゆえに、そちら方面の技術や
    ノウハウは相当なものがあり、
    ぼくたちにとっても、たいへん勉強になります。

    開催内容

    少し話がそれてしまいました。

    ともかく、そんな熱い九州のフライフィッシャーが
    中心になって実現した、
    今回のキャスティングイベントは、
    以下のような内容で開催されました。

    フライキャスティングレッスンコース

    こちらは
    「もっと遠くへ投げたい」とか、
    「もっと正確に」、「もっと楽に」あるいは
    「トラブルなくキャストしたい」などなど、
    キャスティングに対するいろいろな悩みを解決し、
    技術向上を目指す一般的なコースで、
    11/26の1日のみ行われました。

    フライキャスティングインストラクターコース

    こちらは26,27日の2日間に行われ、
    FFI公認のインストラクターを目指す方のための
    レッスンコース。

    基本的にはインストラクター試験の内容に沿って
    それぞれのタスクに対するウォークスルー形式で
    進めていきました。

    そして、来年は九州でインストラクター試験が開催予定

    そして、今年開催された
    北海道に続いて、
    来年はいよいよ九州でも
    インストラクター試験が開催
    される予定です!

    詳細はまだ決まっていませんが、
    順次こちらで発表されると思います。

    https://fficastingjapan.exblog.jp/

    ご興味のある方は、まめにチェックしてください。

    フライキャスティングをはじめ、
    各種レッスンを行っています。
    ご興味のある方はこちらをご覧ください。

    離れた場所にお住まいの方のために、
    遠隔でキャスティングレッスンが受けられる
    リモート・キャスティングレッスンも
    行っています。

    https://mailchi.mp/67d887883591/0gj45i3lrp

    に投稿 コメントを残す

    2週続けて南の島へ…


    コロナ禍ということもあり、
    しばらく遠征をしていませんでしたが、
    10月ごろから少しづつ遠征も開始し始めました。

    まずは10月、前回ご案内した
    北海道のインストラクター試験へ。

    それから先月、11月は2週続けて南の島へ。

    そして、その次の週には九州でのイベント参加と、
    自分でも引くほどの過密スケジュールに
    なってしまいました(;^_^A

    今回はそれらのうちの、
    南の島への釣行について書いてみます。

    はじめての島

    まずは、ぼくとしては初めての島へ。

    初めての上に、全く下調べもしておらず、
    何度かここで釣りをしたことのある、
    お友達のSさんに連れて行ってもらう形での
    釣行です。

    1日地元ガイドのお世話に

    そして、1日は地元のガイドにもお世話になりました。

    彼は北海道出身で、
    以前ぼくとあったことがあると聞いていたのですが、
    いつお会いしていたのか思い出せずにいました。

    実際にお会いして話をしているうちに思い出しました。

    以前北海道を訪れた時に、
    一緒に釣りをしていただいたのでした。

    たいへん懐かしく思い、
    久しぶりの再会を喜びました。

    こちらのガイドサービスについては
    下のリンクをご覧ください。

    https://www.bistari-ishigaki.com/


    相当数のターポンがローリング…だけど(´;ω;`)

    まず連れて行っていただいたのは、
    ターポンが釣れるというポイント。

    数多くのターポンがローリングしており、
    すぐにでも釣れてしまいそう。

    だけど、ことはそんなにうまく運ぶはずもなく…。

    ぼくが用意したフライが悪いのか、
    アプローチが悪いのか。

    むなしくキャストとリトリーブの繰り返し。

    そんな中、
    今回の釣行での唯一のターポンを
    同行のMさんが!

    なんとなく攻略法が思いついた感じなので、
    今度行った時には必ず…
    と思っています。

    そのほかのにもいろいろな魚種が…

    ひとしきりターポンを狙った後は、
    次々と別の場所へ移動。

    適切なタイミングで、適切な場所へ移動し、
    いろいろな魚に会わせてくれます。

    ガイドのℍさん、
    お世話になりました!

    そして、今回のぼくの最大魚がこちら

    比較的広めのシャローフラット。

    満ち潮に合わせて釣りをしていると、
    確かな魚の感触があり、フッキング。

    それほど大きくはないか?

    と思いながら魚を寄せてくると、
    突然それまでとは違ったスピードと
    力で沖に向かって走りだす。

    それを何度か繰り返し、
    魚の姿を確認しようと水中に
    目を凝らしてもなかなか
    それをとらえることができずにいました。

    いよいよランディングできる距離に近づいたときに
    ようやく姿を確認することができました。

    かなりいいサイズのコチ!

    このサイズのコチを釣ったことは
    初めてなのですが、
    イメージしていたよりも
    良く引き、楽しませてくれました。

    次の週は、約3年ぶりの島へ…

    そして次の週には
    また別の島へ…

    こちらは約3年ぶりとなる訪問。

    すご腕女性フライフィッシャーと素潜り漁師のお宿

    お世話になった宿は、今回で3回目。

    素潜り専門漁師のご主人と、
    すご腕女性女性フライフィッシャーの
    奥様が経営されており、
    たいへん居心地の良いお宿。

    途中で合流したこの宿の”おかみさん”が目の前で仕留めてくれた見事なクロダイ

    毎日ご主人が採ってくる
    新鮮な魚介と、奥様の手料理が美味しく
    わずかな日数の滞在にもかかわらず、
    すっかり体が重くなってしまいます( ´艸`)。

    こちらのお宿については
    下のリンクをご覧ください。 

    http://amami-uminchu.com/

    ここでもいろいろな魚種を楽しめました( ´艸`)

    この島には、もう何度も来ているので、
    ある程度慣れてはいるのですが、
    いつもいろいろな魚種に遭遇し、
    そのたびに新鮮な気持ちにさせてくれます。

    今回使用したロッド

    今回南の島釣行に使ったロッドを
    ご紹介します。

    CTS QUATZ TT 686

    ニュージーランドのブランクメーカー、
    CTSのグラスロッド。

    高弾性Sグラスを使って
    ターボテーパーと名付けられた
    独自のテーパーを持つこのロッドは、
    たいへんパワフル。

    力の強い海の魚を相手にしても
    充分なプレッシャーをかけることができ、
    グラスとは思えないほどの
    キャスタビリティも備えています。

    CTS REVO 9010

    こちらはやはりCTSの、
    こちらは高弾性グラファイトを
    素材にしたロッドです。

    ソルトウォーター用にデザインされており、
    大型のGTなどに遭遇した時用に
    準備しました。

    ノースフォーク LMX 907

    こちらは日本でも人気のロッドメーカー
    G.ルーミスの創業者。

    ゲイリー・ルーミスが近年立ち上げたブランクメーカー。

    ノースフォーク・コンポジットのロッドです。

    こちらは9ft#7のモデルで、
    それをキャスティングのデモや撮影をしたときに
    見やすいように白く塗ったものです。

    普段はQUARTZ TT の8’6” #6と
    ノースフォークの9’ #7の2本を持ち
    釣りをしていました。

    そして、大物の確率が高そうな場所では、
    REVO 9’ #10を持ち出すという感じで
    使い分けていました。

    久しぶりに楽しんだ南の島の釣り。

    ここではいろいろなタイプの釣りが楽しめる。

    ゆっくりと過ぎる時間と
    フワッとした温かい空気の中で
    何の緊張感もなく、
    ゆったりと楽しめる釣り。

    時にわずかな失敗も許されない
    ナーバスな魚にアプローチする
    神経質な釣り。

    時に暴力的ともいえる勢いと
    驚くほどのスピードで
    激しくベイトを追う魚に向かって
    これ以上はないといえるほど
    素早くフライをキャストしなければならい
    緊張感満載の釣り。

    そのどれもがたまらなく楽しい!

    そして、
    その結果かかる魚は、おおむねどれもが
    スピード感があり、たいへんパワフル。

    フライフィッシングには
    様々な場所で、様々な釣り方ができ、
    そのどれもが楽しく、奥が深い。

    その数多くあるフライフィッシングの中でも、
    なんだかんだ言って、
    ぼくはこの釣りが一番好きなのかもしれないと、
    改めて思う今日この頃です。


    に投稿 コメントを残す

    千歳のガイド


    先日ご案内した、北海道で初めて行われた
    FFIインストラクター試験ですが、
    その前日、1日だけ本流での釣りを楽しんできました。

    FFI試験についての記事はこちらをご覧ください。

    今回の釣りは、数年前から千歳を拠点に
    Fly Highという屋号でフライフィッシング専門の
    ガイドをされている塩谷さんに
    案内をしていただきました。

    フライフィッシングガイドサービス Fly High の塩谷さん

    塩谷さんのガイドサービス、
    Fly Highについては、こちらをご覧ください。

    http://fly-high.pro/index.html

    実は彼がガイド業をはじめられた数年前、
    案内をするからと、お誘いを受けていたのですが、
    ちょうどコロナが流行りだした頃でもあり、
    ずっと行くことができないでいました。

    今回、インストラクター試験で北海道に行くことになり、
    「それなら!」と、お願いした次第です。

    トーナメントキャスティングも経験しているすご腕キャスター

    塩谷さんは、トーナメントキャスティングで好成績を上げており、
    スペイキャスティングでもエキスパートのすご腕キャスターです。

    こちらはこの日、一緒に釣りをしていただいたkさん。

    支笏湖では97㎝のブランも!

    もちろん、キャスティングだけではなく、
    釣りの方も超一流です。

    彼のテリトリーの1つである支笏湖でも、
    なんと、97㎝のブランを釣り上げた実績もあります。

    周辺の本流、渓流も熟知

    そして、支笏湖だけでなく
    周辺の本流や渓流も熟知しています。

    道央方面に釣りに行かれることがあれば、
    前回ご案内したビッグファイト松本さん同様、
    塩谷さんのガイドも検討してみてはいかがでしょうか?

    この日は状況があまりよくなかったため?
    ぼくのフライを咥えてくれたのは、こんな”かわいい”サイズでした( ´艸`)
    に投稿 コメントを残す

    【北海道初】フライキャスティングインストラクター試験

    北海道インストラクター試験

    先月、10月21~23日。

    北海道では初、日本国内では約3年ぶりとなる
    FFIキャスティングインストラクターの試験が
    行われました。

    ぼくもそれの試験官として参加してきました。

    北海道での開催は以前より検討されていたのですが、
    コロナ・ウィルスの蔓延のため、
    試験自体の開催が見合されていたため、
    ようやくの開催となりました。

    FFIインストラクターとは

    今回試験が行われたインストラクターとは、
    FFI(Fly Fishers International)という
    アメリカを拠点として、
    キャスティングはもちろん、
    タイイングや釣法、それから
    環境問題なども含めて
    フライフィッシングを総括的に
    まとめて、全世界規模で活動している
    組織が認定しているものです。

    この組織、以前はFFF(Federation of Fly Fishers)
    と呼ばれていました。

    昔からフライフィッシングを楽しまれていた方には
    こちらの呼称の方がなじみがあるかもしれませんね。

    FFIについてはこちらをご覧ください。

    https://www.flyfishersinternational.org/

    インストラクターのカテゴリー

    その、FFIが認定するキャスティングインストラクターは、
    4つの階層に分かれています。

    それは、

    • CI(キャスティングインストラクター)
    • MCI(マスター・キャスティングインストラクター)
    • THCI(ツーハンド・キャスティングインストラクター)
    • THMCI(ツーハンド・マスター・キャスティングインストラクター)

    がそれです。

    以下に、それらについて簡単にご説明しておきます。

    CI

    最もベーシックなキャスティングインストラクターです。

    まずはこの試験をパスすることが必要で、
    これをパスしていないと、ほかの試験を受験することはできません。

    このカテゴリーのインストラクター試験のための勉強や練習をし、
    それにパスした方は、ただ単にインストラクターの資格が与えられというだけでなく、
    フライキャスティングに関する基本的なメカニズムに対する理解や、
    キャスティングのスキルがこれまでとは比較にならないぐらい
    磨き上げられているはずです。

    また、それに伴って
    人に教える場合の心構えや、スキルも格段に向上します。

    MCI

    CIの上位に位置するインストラクターです。

    これの試験に向けて勉強して、それにパスする方は、
    CIよりもさらに高いレベルのキャスティングスキルが身についており、
    キャスティングのメカニズムもより高度なレベルで理解できています。

    もちろんティーチングスキルもより高く、
    CIが主に初心者から中級者を対象にしたインストラクターを
    想定しているのに対し、
    MCIはより高度なレベルの方をも想定しています。

    THCI

    CI、MCIが主にシングルハンドロッドを
    使ったキャスティングを対象にしているのに対し、
    こちらはツーハンド、つまりダブルハンドロッドの
    キャスティングインストラクターです。

    THCIは、それのCIに相当するカテゴリーです。

    THMCI

    THCIの上位レベルのカテゴリーで、
    CIに対するMCIのような存在です。

    今回の試験は…

    そして、今回は最もベーシックなレベル、
    CIの試験が行われました。

    地元北海道はもちろん、
    関東や中部、関西からも
    全国から多くの受験者が集いました。

    今回の試験でめでたくも合格した方はもちろんですが、
    惜しくも今回は不合格となってしまった方も、
    皆さんフライキャスティングに対して
    たいへん熱心に取り組んでおられ、
    テクニック的にも素晴らしい方たちばかりでした。

    合否の差はほんのわずか。

    不幸にも不合格となってしまった方も、
    きっと次の試験ではさらにレベルアップして、
    合格されることだと思います。

    今回の会場

    今回の会場は北海道の名川、
    尻別川の上流部。

    その近くにある管理釣り場。

    ビッグファイト松本さんで行われました。

    一言で管理釣り場といってしまうのはもったいない釣り場

    この釣り場、創設からもう20年ほどにもなるそうですが、
    不覚にも、ぼくはこれまで全く知らずにいました。

    試験の前日にここで釣りもさせていただいたのですが、
    一言で管理釣り場などといってしまってはいけない釣り場だと思いました。

    ここには10個以上の池があり、
    このあたりで湧き出す湧水が水源となっているそうで、
    どこの池もたいへん透明度が高く、
    そこに泳いでいる魚のコンディションが素晴らしい!

    聞くと、ほとんどがここで自然繁殖しているとのこと。

    サイズ、ファイト、魚体の美しさ、それらのどれをとっても
    他の管理釣り場とは全くレベルが違うと感じました。

    そして、周りの景色も素晴らしいの一言。

    道央に釣りに行かれたら、
    ぜひ時間を作って訪れて見られることを
    お勧めします。

    ビッグファイト松本についてはこちらをご覧ください。

    https://www.ros-bigfight.com/

    まとめ

    美しい自然の風景の中、
    素晴らしい鱒が釣れる釣り場。

    そのビッグファイト松本で行われた、
    北海道初で約3年ぶりに日本で行われた
    今回のFFIインストラクター試験。

    全国からフライキャスターが集まり、
    独特の緊張感の中、それに挑まれました。

    皆さん素晴らしいスキルで、
    今回も10名ほどの新しいインストラクターが
    誕生しました。

    次回は来年、
    北九州での開催が予定されています。

    インストラクターを目指している方はもちろん、
    ご自身のフライキャスティングに関する知識や、
    スキルを高めたいという方も、
    この試験にトライしてみてはいかがでしょうか?

    きっとそれまでよりも1段も2段も大きな
    ステップアップを経験できるはずです。


    キャスティングインストラクターを目指す方はもちろん、
    そうでない方も、キャスティングが上達したいという方。

    個人や少人数でのグループレッスンは
    随時行っています。

    ご興味のある方はこちらをご覧ください。

    リモートキャスティングレッスン

    遠く離れたところにお住まいで、
    なかなか出かけることができないという方。

    リモートでのキャスティングレッスンも
    行っています。

    https://mailchi.mp/67d887883591/0gj45i3lrp

    無料メールマガジン

    それから、無料で配信している
    メールマガジンにご登録いただくと、
    メールで各地で行うスクールなどの情報などを
    お届けします。

    https://landing.mailerlite.com/webforms/landing/y8o7o1

    に投稿 コメントを残す

    フェルール、オス部分の先端折れの修理


    6ピースロッドの#6セクション。

    フェルールオス部分の先端、2センチほどの部分
    が折れたロッドの修理です。

    続きを読む フェルール、オス部分の先端折れの修理
    に投稿 コメントを残す

    リールシート、ポケット部分のコルクに穴が…


    リールシートがアップロックタイプの、
    ポケット部分の周りのコルクがかけてきたのか、
    大きな穴となってしまった例です。

    オーナーの方が、パテで埋めて使っていたのですが、
    気になるので修理したいとのこと。

    ご希望では、この部分だけの修理をということなので、
    グリップのほとんどの部分はそのままにして、
    最後のコルク1つ分の、この部分だけを新しいコルクと
    付け替えました。

    このような出来栄えとなりました。

    あなたも、お気に入りのロッドが、
    使っているうちに、グリップに使っている
    コルクのピット(穴の部分)が
    崩れてきて、大きな穴になってしまった
    などという経験はおありじゃないでしょうか?

    そんなロッドを、
    新品のような状態にして、
    また思いっきり使いたい。

    そんな方は、一度ご相談ください。

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      お電話番号(必須)

      題名

      [ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

      メッセージ本文

      画像など(サイズ10MB以内、jpg、png、gif、pdf形式が送信できます)