に投稿 2件のコメント

【動画】オリジナルのドライフライをYouTubeにアップしました。


前回の、トーナメントロッドに#3ライン、
#3ロッドに#7ラインをのせてキャストするという、
アンバランスなタックルのキャスティングに続いて

またまた動画をアップしました。

前回のキャスティングの動画をご覧になっていない方は
下をクリックしてご覧ください。

今回のフライはドライフライ

そして、今回の動画は以前の記事でもご紹介しましたがフライ、
特にメイフライダンを意識したドライフライです。

話はそれますが、その記事でも書きましたが、
移転先ではネット環境が整わず、
なかなか動画のアップロードに手を焼いています。
やはり、今使っているポータブルのWi-Fiだけでは、
アクセスが集中すると、遅くなってしまってストレスが…(´;ω;`)
今回の動画も、ものすごく時間がかかってアップロードが完了。
やっとの思いで編集しました。

やはり光を導入しようと思います。
いろいろ迷った挙句、とりあえずはこちらに…

【コミュファ光】
私が住む中部圏だと、コミュファ光がいろいろと良いようです。

ただ、工事完了までは1か月以上かかるようです( ;∀;)。
もうしばらくは、現状での我慢が必要。

ともあれ、アップロードが完了したのでご覧ください!

特徴は独特なハックリング

このフライは、動画内でも説明していますが、
以前僕のウェブサイトから、このフライを購入していただいた方から、
「気に入ったから、動画でタイイングも見たい!」とリクエストをいただいていたので、
今回ご紹介することにしました。

このフライの特徴は独特なハックリングにあります。
これは、ハックルスタッカーとか、パラループなどと呼ばれるフライの手法を取り入れています。

これには詳細に解説をした本も発行されていますので、
ご興味がある方は手に入れて読んでみてください。
洋書ですが、写真や図解が豊富で英語が苦手な方でも
容易に理解ができると思います。
発行は2001年と少し古い本ですが、楽しく読んでいただけると思います。

*画像をクリックするとリンクできます。

0881505544

この、パラループのハックリングを使って、
コックハックルの代わりにディアヘアで作った
ぼくのオリジナルです。

ディアヘアスタッカーと名付けました。

他の代表的なパターンとの比較

動画の中では、たの代表的なフライパターン、
CDCダンや、パラシュートフライ、それから、
このフライト同じようにウィングにディアヘアを使った
コンパラダンとの対比もしてみました。

フライの紹介動画というと、タイイングに終始してしまいがちですが、
ぼくのYouTubeチャンネルでは、
こんな感じで、そのフライの特徴なども交えてご紹介していきたいと思います。

気に入ったらぜひチャンネル登録もお願いします<m(__)m>。

主な仕様マテリアル

今回の動画で使用した主なマテリアルごご紹介しておきます。

フック:ガマカツS10-3F

スレッド:ウルトラスレッド 70D

テール:コックハックルファイバー

ボディ:ダビング材

ウィングポスト:フロートビズ

ハックル:コンパラダン・ディア

ウェブページ上で販売しているものはリンクを貼っておきましたので、
よろしくお願いします<m(__)m>。

また、このフライの販売もしておりますので、そちらもよろしくお願いします( ´艸`)。

に投稿 コメントを残す

Happy New Year 2021!

body of water near snow capped mountains

あけましておめでとうございます!

昨年はCOVID19が猛威を振るい、今年、2021年に入っても収まる気配が見えないのですが、
なんとか早く収束に向かってもらいたいものです。

そんな中でありながらも、皆様にはたいへんお世話になりました。

本年も、昨年同様…
いや、それ以上に皆さんにお役に立つような
サービスや情報、商品などをご紹介していきたいと思いますので、

どうぞ、よろしくお願いいたします。

に投稿 コメントを残す

【YouTube動画】予定を変更してアップしました



前回の投稿では、
次のYouTube動画は、フライをご紹介すると書きましたが、
チョット予定を変更して別の動画を先にアップしました。

動画の取り込みに四苦八苦

前回の投稿でも書いたのですが、
iPhoneで撮った動画をPCに取り込むのに
少々苦労しています。

新しく移転した先のネット環境がまだ整わず、
icloudへの取り込みに時間がかかってなかなか進まないのです。

ケーブルで繋いでiTunesを使って取り込む方法もあるのですが、
そちらも調子が悪く、今は使えない状態…
これについて書き出すと、話がそれてしまいそうなので
また別の機会にしようと思います。

別の動画を先に編集することに

とにかく、なかなか先に進まないので、
以前より折を見て編集しようと思っていた動画があったので、
そちらを先に編集することにしました。

今回の動画はちょっとした実験を…

今回の動画はちょっとしたフライキャスティングの実験をしてみました。

トーナメントロッドに#3ラインを、
#3ロッドに#7ラインをのせてキャストしてみたらどうなるか?
そして、どうやったらそんなアンバランスなタックルで
うまくキャストできるかといういった内容です。

その意味するところは…

一見意味のない、たんなる”おもしろ動画”のように思われるかもしれませんが、
そこにはちょっとした示唆を含んだつもりです。

トーナメントロッドに#3ライン、#3ロッドに#7ラインという、
極端な例でご紹介しましたが、

要するに、硬めのアクション、柔らかめのアクションのロッドを振る場合に
うまくキャストするための、ちょっとした”コツ”をご紹介しました。

あなたも普段、そんなアクションの違うロッドを振る機会はあるでしょうし、
釣り場にライン、あるいはロッドを間違えて持って行ってしまい、
釣りが台無しになったなどという、
”苦い経験”をお持ちではないでしょうか?

そんなときにも応用できる、
知っておくと便利な情報です。

是非ご覧ください。

noteでも補足記事をアップする予定

noteでもこの動画の補足説明をする予定です。
しばらく時間がかかると思いますが、
投稿が完了したら、またご案内させていただきます。

それから、すでにアップしてあるロールキャストの補足記事は
まもなく値上げ予定です。
12月末までは¥100で販売していますが、
それ以降は¥300になります。
ご興味があったら今のうちにご購入をお勧めします。
また、無料部分だけでもなかなかお役に立つと思いますので、
是非ご覧ください。

https://note.com/bloodknot/n/nb3cae82f4c28

また、オーバーヘッドキャストについてのnoteの記事をまとめた
マガジンも今なら¥300でご購入できます。
記事の数が増えてきたら値上げの予定ですので、
今のうちのご購入をお勧めします。
こちらをご購入いただけたら、
上の記事を買う必要はありません。

https://note.com/bloodknot/m/m131aa44fa402

いずれにしても、
先ずは無料で見られるYouTubeをご覧ください。

に投稿 コメントを残す

とりあえず【移転完了?】



以前ご案内した通り、名古屋をはなれ、
生まれ故郷でもある豊橋市に無事?
移転完了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今後はこの豊橋を拠点に、フライフィッシングに関する商品の開発や
YouTubeやその他のコンテンツ、スクールなどのサービス等々、
発信していきますので、よろしくお願いいたします<m(__)m>。

また、皆さんに遊びに来ていただけるスペースも用意しましたので、
お気軽にお越しください。

引っ越しした荷物の整理もそこそこに、
引っ越しの準備などで遅れがちになってしまっている
お客様からお預かりしているロッドの修理や
改造、それから新たにご注文いただいているロッドなどを再開しているのですが、
いろいろ勝手が違い、もう少し慣れるまでまごつきそう…( ;∀;)

そのほかにもいろいろな問題が…

移転は完了したものの、ネット環境が…(´;ω;`)

現在のところ、一番問題となっていることがらは
ネット環境です。

スピードが遅くてかなりなストレスに…

YouTubeの動画は撮ったものの、アップロードに苦戦

やはり、引っ越しのドタバタですっかり更新が滞ってしまっている
YouTube用の動画を先日iPhoneを使って撮影、
それを編集のため、PCに取り込もうとしているのですが、
Wi-Fiのスピードが遅く、一向に進まずにいます(´;ω;`)。

ちなみに今回の動画は
ぼくのオリジナルのドライフライのご紹介です。

なかなか新しい動画のアップができませんが、
どうか気長に、もう少し待ってやってください<m(__)m>。

もう少し新しい環境に慣れてきたら、
これまでよりも更新頻度を上げていきますので、
どうかよろしくお願いします!

YouTubeのチャンネル登録はこちらです!

名古屋にいるころはケーブルテレビからポータブルWi-Fiに変更

名古屋にいるころは、最初はケーブルテレビのインターネットサービスを使っていたのですが、
これが、ぼくがいたところと相性が悪かったのか、たびたびトラブルに見舞われました。
まったくつながらなくなってしまうのです。
そのたびに修理を依頼しても、何日も待たなくてはならず、
やっとなおったと思っても、しばらくするとまたつながらなくなるということが度々。
業を煮やし、別のサービスを使おうと思ったのですが、
そのころにはまだ決めてはいなかったものの、
移転のことも頭の中にあったので迷っていました。

それなら、いっそポータブルのWi-Fiを使ってみようと思いつき、
さっそく申し込んでみました。

ボクが申し込んだのはこちら。


申し込んで翌日には機材が届き、
工事不要で直ぐにつながりました。
料金もリーズナブルで、
スピードも全く問題なし。
快適に使えていました。

移転先ではそれが激変

それが、移転してからしばらくして激変。
速度が著しく低下してしまいました。
通常の、テキストや写真のやり取りや、ホームページを閲覧する程度では
問題ないのですが、動画のやり取りでは全く使い物にならない状態。

…どうやらこちらに来てから、ネットを使いすぎてしまい、
速度制限がかかってしまったようです(;’∀’)。

制限が解除されるのを待たなくてはならないようです(´;ω;`)。

やはりストレスなく使うには光か?

やはり、速度制限などを気にすることなく使える光にすべきか思案中。

現在のところ、スマホのキャリアがauなのでauひかりが割安なのか?



それとも、速度で定評のあるNURO光か?

などと迷っています。

でも、持ち運びできるポータブルWi-Fiはやはり便利なので、使い続けるつもりです。

そんなこんなでまだバタついていますが、
よろしくお願いいたします!

 

 

 

に投稿 コメントを残す

【みごとなブラウンが!】先日の犀川グループレッスン



先日、お客様から少人数でのグループレッスンをとのご依頼で、
実釣スペイフィッシングのレッスンを開催しました。

シーズンオフでにぎわう犀川

場所はこのシーズンでも釣りができる数少ない釣り場の一つ
長野県の犀川です。
シーズン中も人手が多いこの釣り場、
ほかに釣りができる場所が少ないこの時期はなおのこと。
あらかじめ予想はできていたとはいえ、
入る場所に苦労しながら、なんとか探し出し、釣り開始。

今回のレッスンの内容は、
みなさん、この釣りには精通した方ばかりなので、
改まってのレクチャーは省き、
実際に釣りをしていただく中で、
キャストやフライの流し方、ラインの処理などなど、
気が付いた点をその都度アドバイスさせていただく形をとりました。

川は渇水気味で状況は厳しいようす

川の状況は、渇水気味でここ最近での目立った釣果は見られていないよう。
この日も同様で、なかなか厳しい釣りになることが予想されました。

そんな中でもわずかな時間ながらもチャンスが…

そんな中、しばらくしてメイフライやその他の虫が川面にちらほら…
そのうち、その数が増えてきて「良い雰囲気になってきたなぁ…」などと思っていると、
一番上流で釣りをしていたYさんが何やら釣り上げた様子。

遠目にも結構なサイズ!
でも、ご本人はなにやらうかない様子
近寄ってみると…

なかなかなサイズのニゴイ。
しかもしっぽにスレ。( ´艸`)

とりあえず魚の写真を撮ってから、
Yさんのタックルをお借りして、
気になる点を説明していると、
ぼくにもアタリがΣ(・□・;)
さすがにそれは予期しておらず、
思わずロッドを立ててしまい、
すぐにフックオフ。
けっこう重量感を感じ、サイズは小さくはなさそうだったけど、
「きっとまたニゴイですよ…(´;ω;`)」などと慰めを言って
タックルをお返しして釣りを再開。

それから、ぼくはその下流で釣りをしている
Kさんの所へ移動。
上流でYさんの釣果報告をして、
ぼくにもアタリがあった旨、
今が時合いかもしれないと伝え、
その釣りを観察することに。

ふと、目をそらしていたぼくは
何やら気配を感じてKさんを見ると、
ロッドが大きく曲がって、
Kさんがその強い引きに必死に耐えているのが目に入りました。

「これは!」と、
駆け寄りファイトに関していろいろアドバイスをしながら
ランディングの手伝いを…
様子を見る限りなかなかのサイズであることは間違いない!

ネットを構えたぼくに一瞬茶色い魚が見えた。
「ン?鯉か?」
と思えるほど太く大きい。
でも、次に見えた時にはブランだと確信。

何とかネットに収めた魚は
素晴らしいサイズとコンディション。

サイズを測ってみると
又長で58㎝、全長では60㎝。

この厳しい状況の中で、見事な魚を釣り上げてくれました!

個人、少人数でのレッスンは随時承ります

このような個人、少人数のグループでのレッスンは随時お受けしております。
ご興味のある方はこちらをご覧ください!

個人、グループレッスンのご案内

メール購読募集中!

メール購読にご登録いただいたら、
スクールやツアーなどのイベントや
新製品、お得な商品など、
その他、お役に立つ情報をご案内させていただきます。
よろしければ、ご登録ください。

メール購読はこちら

 

に投稿 2件のコメント

【お知らせ】移転のご案内



突然ですが…

この度、長年住み慣れた名古屋の地を離れ、
生まれ育った豊橋市に移転することになりました。

移転の理由

理由は、もうかりすぎちゃって、すっかり手狭になったので…
などというわけでは、もちろんありません。
かといって、何か”ヘマ”をして名古屋の地を追われて…
というわけでもありません。

ぼくのような年代になるとありがちな問題…
実家で2人で暮らす両親がすっかり老齢になってしまったので、
もうそろそろ近くにいたほうが良いだろうということで、
引っ越すことにしました。

新住所

新しい住所は、豊橋市内の住宅地の中にある一軒家。
その一角を店舗兼、工房兼、事務所とします。

今後はここを起点に、さらなる商品の開発、制作、販売するのはもちろん、
YouTubeやその他フライフィッシングに関するお役に立ち、
かつおもしろい様々なコンテンツも発信していきます。

豊橋という、名古屋よりはアクセスはよくない土地ですが、
それでも、豊橋駅からは路面電車に乗って
ーーー豊橋の路面電車は結構人気があって、他の地方から来られたらちょっとした観光気分が得られると思います( ´艸`)ーーー
その路面電車の東田坂上(あずまださかうえ)駅を降りたら徒歩5~6分程度ですし、
車でしたら東名豊川ICから20分程度の位置になります。

お近くの方はもちろん、近くにお立ち寄りの方、あるいはわざわざお越しいただく方も大歓迎です。
是非遊びにお越しください。
―――ただ、これまでと同様、突発的に留守にしてしまうこともあるため、
せっかくお越しいただきながらご迷惑をおかけしてはいけないので、事前にお電話やメールなどでご確認いただけると幸いです―――

新しい住所はこちらです。

〒440-0052
愛知県豊橋市住吉町50
℡:090-8188-2990
Fax: 052-308-459

移転日

移転後の業務開始は
2020年12月12日(土)を予定しています。

それ以前の11月中はこれまでどおり、
12月1日から11日の間はお電話、メールなどでご連絡いただけたらと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします!

何はともあれ、
移転後も、いや移転後はさらにあなたのお役にたつよう、
精進していきますので、
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

 

に投稿 コメントを残す

【YouTube更新】基礎から始めるフライキャスティング#2ピックアップレイダウン


たいへんお待たせしました

YouTube、ぼくのチャンネルの新シリーズ
『基礎からはじめるフライキャスティング』の第2回目を
先日やっとアップしました。
第1回目のロールキャストからみると、約2か月後と、
ものすごく、間が空いてしまいました…(-_-;)。

やっていくうちにあれやこれやと、
ついいろいろと盛り込みたくなってしまい、
ここまで時間がかかってしまいました。
それでだけに、ご満足いただける内容になっていると思います。

まだご覧になっていない方は、ぜひご覧ください。

今回の動画はピックアップレイダウン

今回の動画はピックアップレイダウンのやり方と、
起こしがちなエラーとその原因や
矯正方法などを解説しました。

ラインを水面からうまく抜き上げられない、
ラインやリーダーがいつのまにか絡まってしまう、
後ろの地面にフライが引っかかってしまう、
等など…
ピックアップレイダウンについてお悩みの方は必見です!

ピックアップレイダウンとは

 

 

ピックアップレイダウンとは、
フライキャスティングをするうえで
ロールキャストに次いで最も基本的なキャストで、
自分の前に伸ばしたラインを
一旦後ろに投げ、そのあとでまた前に投げる投げ方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

フライキャスティングを練習する場合は、
ロールキャストで、
水面のラインをまっすぐ伸ばすということを学び、
そのあとで、
このP.U.L.D.(Pick Up Lay Down)で、
前後のループの作り方をある程度習得してから、
次のステップである、
フォールスキャストつまり、
ラインを空中に保ちながら前後に何度か投げ続ける
という流れとなるのですが、

上級者の方でも、
通常この順番で練習していきます。
この場合、これらはいわば
”ウォームアップ”のようなものになります。
つまり、最初にこのロールキャストとP.U.L.D.をすることによって
その日の調子を把握したり、
前回習得した感覚を取り戻したりしてから、
より高度な練習をしていくということになります。

それほど、このキャストは重要で基本的なキャストです。

ぜひ、この動画をそれの習得にお役立てください。

動画だけではよくわからないという方は…

この動画では、初心者の方でもわかりやすく説明するようこころがけて作りました。
それでもよくわからない、とかもっと詳しく知りたいという方はnoteでより詳細な説明をしていこうと思います。
これを投稿したときにはまだできていませんが、できた時点でお知らせしようと思いますが、
ぼくのnoteをフォローしていただけたらお見逃しがなく、おすすめします。

また、フライキャスティングは理論や手順を理解するのもたいせつですが、
やはりやはり最終的には感覚の習得ということが欠かせません。
これは動画やテキストでは伝えきれないものです。
ですから、可能であれば実際にレッスンを受けるのが、
フライキャスティングを習得する近道であることは否めません。

個人や少人数でのプライベートレッスンは随時承りますので、
お気軽にお問い合わせください。

また、各地でスクールなどをするときには告知させていただきますので、
ご活用ください。

プライベートレッスンに関する情報はこちらをクリックしてください。

何はともあれ、先ずは動画をご覧ください。

とはいえ、noteは少額ながらも有料ですし、
プライベートレッスンやスクールに参加するのも費用や移動の労力が必要です。

先ずはぼくのYouTube動画を見ていただくのが最善だと思います。
何より無料ですし、出かける手間もかかりません。
そのうえで、さらに良く知りたいと思われたらnoteをご覧いただいたり、
スクールやレッスンにご参加いただけたら、うれしく思います。

ぼくのYouTubeチャンネルはこちらです

===============
その他のSNS
===============

Instagram
https://www.instagram.com/hiroshi5489/?hl=ja

Twitter

Facebook
https://www.facebook.com/hiroshi.okada.961

note
https://note.com/bloodknot

に投稿 コメントを残す

【バリスティック新製品】トラウトスペイラインを試してみた


高まるスペイタックルのトラウト化の波

2000年代初頭ごろから世界中で起こったブームも一段落、
2020年現在、スペイキャストおよびスペイフィッシングは、
いまや円熟期といえるフェーズを迎えています。

それに伴い、
当初、サーモンやスチールヘッドといった
大型の遡上魚をそのメインターゲットとして広まっていった
この投法、釣法ですが、
さらにそのすそ野を広げ、
より人口が多いトラウトフィッシングに
応用する傾向が高まっています。

メーカー各社は
それに合わせた、より柔らかく短めのロッドや
ウェイトの軽いラインの開発が活発化し、
スペイキャストのトラウト化への波は確実に高まってきており、
その愛好者もこの数年間で急速に増加しています。

トラウト用スペイタックルは日本の釣り場に最適!

トラウトをターゲットとしたスペイ、
いわゆるトラウトスペイは
日本のフィールドにもたいへんマッチしています。
いや、日本の釣り場にこそ最適のものだといえます。

元来、日本ではサケなどの
大型遡上魚を釣ることができるフィールドは
ほとんどなく、
多くの場所で少々オーバータックルともいえる
これまでのスペイタックルを
トラウトフィッシングに流用してきた
というのが現状でしょう。

それが、トラウトスペイという概念の登場と
それに合わせたタックルやテクニックの開発により、
より無理がなく、効果的な
スペイフィッシングを楽しむことができるのです。

バリスティックでもトラウト用スペイラインが初登場!

アメリカ製のライン・ブランドとして、
日本でもたいへん人気の高い
バリスティックからも
いよいよトラウト用のスペイラインが発売されます。

それに先立ち、
バリスティックの日本代理店であるリフトさんから
その新開発のラインのテストサンプルを
お借りすることができたので、
それを先日試してみました。

スペック

今回発売される予定のラインは3サイズ。

ヘッドウェイトがそれぞれ
250,300,350グレインで
ヘッド長は約12メートルほどのものです。
指定ラインウェイトは250グレインが#6/7
300グレインは#7/8、
350グレインは#8/9となります。

送られてきたラインのカラーは
ライトブルーのヘッドと
イエローのランニングラインですが、
実際に発売されるものは
ヘッドがイエローで、
ランニングラインはシャートルーズになるそうです。

インプレッション

今回送られてきたラインは、
250と300グレインの2サイズ。

これをそれぞれ#6と#7、
9ftのシングルハンドロッドにセットして試してみました。

キャストすることが楽しいライン

9ftのロッドにこのラインを合わせると
ヘッド長はロッドの約4.5倍となり、
ミディアム~ロングベリーのはんちゅうに入ります。

そんな長めのラインながら、
たいへん整った、安定したループを
キャストすることができ、
キャストすることが楽しいラインだといえます。

今回は9ftのシングルハンドロッドで試しましたが、
11ft~12ft程度のスイッチロッドや
トラウトスペイロッドなどに合わせたら
さらに容易にキャストすることができ、
快適な釣りが楽しめると思います。

シングルハンド・スペイキャストのスキルアップにも

9ftのシングルハンドロッドに合わせた場合の
ロッドの4.5倍程度というヘッド長は
シングルハンド・スペイキャストを
しっかりとスキルアップしたい
という方にもうってつけです。

長いラインを扱うためには
正確なロッドコントロールが必要です。

このラインはたいへんスムーズなテーパーデザインのため、
ロッドを正しくコントロールすれば、
素晴らしいループでキャストできることを
約束してくれます。

また、ラインを引き込んで
短いラインでのロールキャストや
その他、基本的なキャストでも
優れたバランスを保ちます。

発売時期等

このラインの発売は2020年10月の予定。
…なので、この記事が公開されたころには、
発売が開始されているかもしれません(;’∀’)。

価格は¥12,700(税別)の予定です。
(多少変更の可能性あり)

ウチでも取り扱います。
ただいまご予約承っております。

ご予約は下のフォームをご利用いただくか、
お電話、Faxにて承ります。
電話番号:090-8188-2990
Fax:052-308-4592

お問い合わせフォーム

    その他お勧めのトラウト用スペイライン

    トラウトスペイ用のラインで、その他の勧めも1つご紹介しておきます。

    ミニ・コースタル

    こちらは今回発売される、
    トラディショナルなタイプの
    バリスティックとは違い、

    ボクが輸入しているネクストキャストがプロデュースする、
    いわゆるスカジットラインのトラウト版です。

    これに関する関連記事はこちらです。

    ネクストキャスト、コースタルにライトラインが…

     

    に投稿 コメントを残す

    【要確認!】FFIのキャスティングインストラクター試験に変更が。



    2021年1月から、
    FFIが運営しているキャスティングインストラクター試験に変更が加えられます。

    今回変更されるのはTHCI。
    つまり、スペイキャストを主とした
    ツーハンドのインストラクターです。

    これまでのツーハンドインストラクターの試験は1種類のみでした。

    それが2種類のカテゴリーに分けられます。

    これまでのTHCIは、
    その試験内容が
    主にミディアム~ロングベリーのラインを使うことを主体としており、
    これは今後THMCI(Two Hand Master Casting Instructor)
    としてカテゴライズされます。

    今回新しく加えられるのは、
    THMCIの前段階としてのカテゴリーで、
    その試験はもっと短いベリーのライン、
    スカンディやスカジットラインを中心とした
    ものとなります。

    そして、
    2021年1月以降は、
    THMCIの試験を受けるには、
    その前にTHCIの試験をパスしなければ
    受けることができなくなります。

    FFIとは

    ここで、このインストラクター公認プログラムを
    主宰している団体である
    FFIについて簡単にご説明しておきます。

    FFIとはFly Fishers Internationalの略で、
    1964発足のアメリカを拠点にする、
    フライタイイングや、キャスティング、自然保護など、
    フライフィッシングに関するあらゆる面を、
    全世界に向けてサポートする団体です。

    旧名称はFFF、
    Federation of Fly Fishers。
    古くからフライフィッシングをされている方には
    こちらの名称のほうがなじみがありますね。

    この団体のホームページリンクもご紹介しますので、
    ご興味のある方はご覧ください。

    こちらです。

    FFIが公認するインストラクター

    ここで、FFIが主催している
    キャスティングインストラクター公認プログラムについて説明します。

    これは、Casting Instructor Certification Prgramの頭文字をとり、
    CICPと呼ばれています。

    そして、そのインストラクターは、
    現在のところ、以下の3つのカテゴリーに分けられています。
    それぞれのカテゴリー別に試験が設けられ、
    これにパスすることで、その資格が与えられます。

    CI

    最も基本的なインストラクター。
    おもに、シングルハンド・オーバーヘッドキャストのインストラクターです。

    すべてのインストラクターは、まずこの資格を得てから、
    必要とあれば、別のカテゴリーのインストラクターの試験を受験します。

    MCI

    CIの上位に位置するインストラクターの資格です。

    CIよりも高いキャスティング技術や知識が要求され、
    キャストの種類も、オーバーヘッドだけでなく、
    スペイキャストなどに対する知識や技術が必要となります。

    また、キャスティングだけでなく、
    釣りに関する知識や、釣り場でのエチケット、
    インストラクターとしての心構えやその他、
    人格や、コミュニケーション能力など
    多くのものが求められます。

    THCI

    ツーハンドのキャスティングインストラクター。

    これまではツーハンドのインストラクターについては、
    このカテゴリーのみでした。

    この資格を得るための試験は
    たいへん厳しいものでした。

    求められるものはMCIとほぼ同等で、
    技術試験での項目の多さから、
    MCIよりもタフだと言われていました。

    そのため、これにつながる”入口”とも言える、
    シングルハンドのCIに相当するカテゴリーが必要なのではないかと
    いう意見が多くありました。

    各インストラクターの試験については別記事でも書いていますので、
    ご興味のある方はご覧ください。

    こちらです。

    新THCIテスト内容

    その、今回新しく導入される
    ツーハンドインストラクターの
    入口ともいえる、
    新THCIのテストの内容をご紹介します。

    試験はパフォーマンステスト、
    ティーチングスキルと間違いの修正、
    それから口答試験が行われます。

    そのうち、パフォーマンステストの内容は
    だいたい以下のようなものです。

    イクイップメント

    テストで使用されるロッドやラインなどは以下の通りです。

    ・ロッド

    長さ14ft以下であること。

    ・ライン

    一般で入手可能な製品であること。

    フローティングラインは30ft以上のヘッド長の物を推奨。
    ランニングライン一体型でも、
    シューティングヘッドを接続するタイプでも
    どちらの使用も可。
    ただし、ランニングラインは
    コーティングしたタイプのものを使用すること。
    (モノフィラメントは不可)

    シンクティップはシンク部分が10ft以上で
    シンクレート6-7ips(タイプ6、8あるいはそれ以上)
    であればマルチティップのシューティングヘッドでも
    ループtoループ接続の物でも、
    あるいはスカジットシステムでも使用可。

    ・リーダー

    フローティングラインには10ft以上の長さが必要。
    シンクティップに関しての制限は無し。
    リーダーの先端には見やすいヤーンなどをフライとして使用。

    実技試験は
    ・ツーハンドキャスティングの基本
    ・フローティングライン・タスク
    ・シンクティップライン・タスク

    ツーハンドキャスティングの基本

    先ずはツーハンドキャスティングの
    基本的なものについての試験です。

    オーバーヘッドキャスト

    1. オーバーヘッドキャストの用途の説明。

    2. 65ft以上の長さのラインを右手側で、ナローループを作る。

    3. 2と同じことを左側で行う。

    4. ループサイズについての説明とデモンストレーション

    5. テーリングループについての説明とデモンストレーション。

    6. シュートして85ft以上投げ切る。

    ロールキャスト

    1. ロールキャストの用途の説明。

    2. 右手側でのスタティック・ロールキャスト(デッドラインのロールキャスト)
    シュートしないで65ft以上の距離を投げる。

    3. 左側で2.と同じことをする。

    スウィッチキャスト

    1. スウィッチキャストの用途の説明。

    2. Dループで65ft以上のラインをシュートしないで、
    左右の側で投げる説明とデモンストレーション。

    3. Ⅴループで2.と同じことをする。

    4. 右手側でシュートして85ft以上投げ切る。

    5. 左手側で4.と同じことをする。

    6. パイルドアンカーについての説明とデモンストレーション。

    フローティングライン・タスク
    シングルスペイ

    1. シングルスペイの用途の説明。

    2. 右側で45度の角度変換を伴うキャストのデモンストレーション。
    距離は65ft以上。シュートはしない。

    3. 右側で45度の角度変換。
    シュートして85ft以上を投げ切る。

    4. 左側で2.と同じことをする。

    5. 左側で3.と同じことをする。

    6. 2.あるいは4.と同じことを90度以上の角度変換で行う。
    どちら側で投げるかは問わない。

    7. 想定したフォワードキャストの方向よりも、
    アンカーポイントが下流すぎる場合を説明し、
    デモンストレーションをする。

    8. 想定したフォワードキャストの方向よりも、
    アンカーポイントが上流すぎる場合を説明し、
    デモンストレーションをする。

    9. ブラッディLが起こる原因となる、
    不適切なアンカープレースメントについて説明し、
    デモンストレーションをする。
    これがキャストに与える影響も説明。

    スネークロール

    1. スネークロールの用途の説明。

    2. 左側で90度の角度変換。
    シュートせず、65ft以上投げる。

    3. 2.をシュートして85ft以上の距離で行う。

    4. 2.と同じことを右側で行う。

    5. 3.を右側で行う。

    6. タイミングが良くない場合を説明し、実演する。

    ラインマネージメント

    1. ラインをシュートすることについて説明。
    ラインをリリースるのはいつが適切か?

    2. ラインをシュートする時の、
    ラインの取り扱いについて説明。

    3. メンディングについての説明。

    シンクティップライン・タスク

    ここからはシンクティップラインを使用しての
    実演と説明になります。

    ダブルスペイ

    1. ダブルスペイの用途の説明。

    2. 左側で90度の角度変換。
    シュートして85ft以上投げ切る。

    3. 右側で2.と同じことを実演。

    4. 45度の角度変換を65ft以上の距離で実演。

    5. リフトと最初のラインポジショニングが終了した時の、
    アンカーポイントの適切な位置はどこか?
    また、なぜそうなのかの説明と実演。

    6. ブラッディLになる原因となるアンカープレースメントについて
    説明し、実演する。
    それはキャストにどのような影響を与えるのか?

    7. 6ft程度の少ないバックスペースでのキャストを
    説明し、実演する。

    スナップキャスト

    1. 右側で90度の角度変換を伴うスナップT、
    もしくはスナップCを、
    シュートして85ft以上の実演をする。

    2. 左側で1.と同じことを実演する。

    3. 45度以下の角度変換をシュートして85ft以上のスナップT、
    もしくはスナップCを実演する。

    その他のシンクティップライン・タスク

    1. ペリーポークとは何か?
    いつ、なぜ、それが使われるのか?
    シュートして85ft以上を投げ切る実演をする。
    左右どちらで行うかは、試験官が選択する。

    2. シュートして85ft以上を投げ切るシングルスペイを実演する。
    左右どちらで行うかは、試験官が選択する。

    3. スカンディとスカジットシステムでキャスティング・スタイルを
    変える必要性について説明する。

    4. オフショルダー(カックハンド)のダブルスペイもしくはスナップキャストを
    シュートして85ft以上を投げ切る。
    左右どちらで行うかは受験者が選択できる。

    新しいTHCI、THMCIの試験の詳細は下のリンクをご覧ください。
    オーラルテスト、つまり口答試験の
    例題も併せて載っていますので、
    ご参考にしてください。

    ただし、この口答試験は、
    この中かから抜粋して、
    つまり、必ずこの中から出題される
    というものではありません。
    あくまでも”こんな感じ”の
    質問がされるのだと思っておいてください。

    どんな質問が来ても
    動揺せず、冷静に、よどみなく
    答えられるようにすることが肝心です。

    *注意:英文です。

    リンクはこちら

    この変更による影響

    これまで、あまりにも難しいと言われ続けていた
    この、ツーハンドインストラクターの試験ですが、
    これの前段階のカテゴリーを設定することで、
    その窓口がより広がります。

    この、ツーハンドインストラクターの試験は
    それができる試験官の数も少なく、
    日本だけでなく、世界的にも試験回数そのものも少ないので、
    ツーハンドインストラクターを目指して、
    試験の準備を始めても、
    なかなか試験を受けるチャンスそのものが少なく、
    そのうえ相当な難易度だったため、
    試験にパスできる人は、
    本当に少なかったのですが、
    今回のTHCIの設定により、
    インストラクターへの間口が広がり、
    段階を踏んでステップアップできるので、
    より健全なインストラクターの育成が可能になります。

    最後に

    今回のCOVID-19の影響で、
    今年は日本でも開催が予定されていた
    インストラクター試験も
    残念ながら中止になってしまいました。

    インストラクターになろうと、
    準備を進めていた方たちは
    どうか、モチベーションを維持し、
    次の試験に備えていただきたいと思います。

    そうでない方も、ご興味がわいてきたら、
    実際に試験を受けなくても、
    そのための練習を積むだけでも、
    そうとうに得るものがあるはずです。

    是非トライしてみてください。

    時折インストラクターが集まり、このようなワークショップを開催して、キャスティングやティーチングに関する新しい知識やテクニックの交換をしています。 写真:池田健二氏

     

    お知らせ

    インストラクター試験に合わせた個人レッスンなども行っていますので、
    ご興味のある方は一度ご覧ください。
    キャスティングの個人レッスンはこちら

    に投稿 コメントを残す

    【試さないと損!】Amazonの無料体験サービスがすごい



     

     

    Amazonにはお得なサービスがいっぱい!

    今やほとんどすべての人が利用しているAmazon。

    でも、それを通信販売で何かを買うということだけで利用していませんか?

    それでは、あまりにも勿体ない。

    Amazonにはお得なサービスがたくさんあります。

    無料のお試しを利用しない手はない!

    しかも、その多くに無料お試し期間が設定されています。

    無料お試し期間が設定されている主なサービスを
    以下にご紹介します。

    お勧めのAmazon無料お試し6選

    Amazonプライム

    対象のビデオが見放題のプライムビデオや、
    対象の本やマンガ、雑誌などが読み放題のプライムリーディング、
    200万曲もの音楽が聴き放題のプライムミュージック、
    無制限に写真を保存できるAmazon Photos、
    それからもちろん、様々な配送特典がつくなど
    Amazonを代表する会員サービスです。

    無料体験期間は30日
    無料体験期間終了後は月額¥500、年額の場合は¥4,900(税込)

    学生の場合の無料体験期間は6か月
    無料体験期間終了後の料金は通常の半額

    Amazonプライム無料体験版を試す

    学生の無料体験はこちら

    Amazonファミリー

    小さなお子様や、
    ご出産の予定があるプライム会員向けのサービスです。

    プライム会員なら、
    お子様の生年月日と性別を登録しておけば、
    追加料金なしで
    日用品などの限定セールや
    クーポンなどがもらえるサービスです。

    追加料金がかからないので、
    お子さんがいたら、
    ぜひ登録しておいたほうが良いですね!

    Amazonファミリーに登録する

    Amazonミュージック・アンリミテッド

    6500万曲以上の楽曲が聞き放題。

    無料期間は30日間。
    無料体験期間終了後は月額¥780(税込)

    Amazonミュージック・アンリミテッド無料体験版を試す

    Kindleアンリミテッド

    対象のKindle電子書籍が、好きな端末で読み放題。

    読書好きにはかなりお得なサービスです。

    無料期間は30日間。
    無料体験期間終了後の料金は月額¥980(税込)

    Kindleアンリミテッドの無料体験版を試す

    Audible

    最近のAmazonの会員サービスのなかでも
    特におすすめがこれ!

    本は読む時代から聞く時代へ。

    本はいろいろ読みたいが、
    ゆっくり読んでいる時間がない!

    英語の勉強、
    特にリスニングを鍛えたい。

    そんな人たちに特お勧めです。

    無料体系ん期間は30日間で、
    は最初の1冊はどれでも無料!
    それがたとえ数千円もする英語教材でもです!

    そして、この時に手に入れた本は
    退会後も利用できます。

    無料体験後は月額¥1,500(税込)

    Audibleの無料体験版を試す

    Amazonビジネス

    法人や個人事業主対象の、
    ビジネス向けサービス。

    請求書による後払いができたり、
    ビジネス向けの割引や、
    数量割引などがあるなど、

    様々なビジネス購買に適した内容のサービスです。

    こちらの登録は、
    なんと、
    無料!

    年額¥4,900(税込)~のBusinessプライムに登録すれば、
    お急ぎ便・当日お急ぎ便や、
    お届け日時指定が注文金額にかかわらず
    無料で利用できるなどの特典が加わります。

    ビジネスで利用するのなら、
    少なくとも無料プランは登録しない手はないでしょう。

    Amazonビジネスに登録する

    無料のお試しを利用する場合の注意

    Amazonビジネスを除く
    これらのサービスは、無料お試し後は
    通常自動的に有料プランへと更新されますので、
    ご注意ください。

    お試し後、それ以上利用するつもりがなければ
    退会の手続きを忘れないようにしてください。

    気になったらすぐ試すのがお勧め

    Amazonのこれらの無料お試しは
    いつまでも続けられるという保証はありません。

    その時の情勢により、
    突然これをやめてしまう
    可能性もじゅうぶんあります。

    ですから、
    「確かによさそうだけど、
    気が向いたら試そう」
    などと悠長に構えていると、

    利用できなくなる可能性があります。

    ですから、
    ”思い立ったら吉日”と、
    すぐにでも
    試されることを、強くお勧めします。

    何せ、タダで利用できるのですから。
    そのまま利用を続けても
    お得なサービスばかりだと思いますが、
    いやならすぐに退会すれば、
    タダのままです!

    まとめ

    Amazonの様々なお得なサービス、
    特に無料お試しがついているものを6つ選んでご案内しました。

    どれも有料でも十分価値のあるものですが、
    それが無料で試すことができるチャンスを
    棒に振ることはありません。

    ぜひお試しください!

    今回ご紹介したサービスはこちら

    ・Amazonプライム

    Amazonプライム無料体験版を試す

    学生の無料体験はこちら

    ・Amazonファミリー

    Amazonファミリーに登録する

    ・Amazonミュージック・アンリミテッド

    Amazonミュージック・アンリミテッド無料体験版を試す

    ・Kindleアンリミテッド

    Kindleアンリミテッドの無料体験版を試す

    ・Audible

    Audibleの無料体験版を試す

    ・Amazonビジネス

    Amazonビジネスに登録する

     

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    よろしかったらこちらもご覧ください。

    Youtube

    note

    Twitter

    Facebook

    Instagram