に投稿 コメントを残す

クロダイのサイトフィッシング用にSUPを導入【必要な装備や使い方を考えてみた】


あまり一般的にはなじみがないことのようですが…

たくさんのクロダイが
驚くほどの浅瀬、
多くはひざより浅い水深、
くるぶし程度などということも良くあります。

そんなところで、
時にしっぽや背びれを見せながら、
無我夢中でエサをとる光景が
よく見られるということは、

ソルト・ウォーター・フライフィッシャーなら
もう”常識”とも言えることです。

それも、1匹2匹などというのではなく、
時に何十、何百という数が
大挙しておしよせ、
あたりいちめんクロダイだらけ…
なんてことも稀じゃありません。

そんな浅瀬が目の前に見えているのに、
手前に航路などの深場があり、
どうしても渡れない。

そんな場所は。あちらこちらに
けっこうあります。
いや、むしろ岸から簡単にアクセスできる場所よりも、
そんな場所のほうが多いものです。

そして、岸からつながっている浅瀬は
釣り人以外にも、
水辺で遊ぶ人たちも多く訪れ、
どうしても人的な影響が大きく、
魚が寄ってこなかったり、
きても、ナーバスになっていることも多いのですが、

岸から少し離れた浅瀬は
そんな影響も少なく、
釣りもしやすいものです。

そんな、目前の浅瀬に渡るのに、
何かよい方法ないものかと、
つねづね思っていました。

釣り用にはインフレータブルのタイプが何といってもお勧め!

カヌーを使うことも考えたのですが、
釣り場への運搬もたいへんそうだし、
ふだんの置き場にも困りそう。

折りたためる
ファールド・ボートでも
なかなか組み立てや
あとかたずけに骨が折れそうだし…

そこで思いついたのが
SUPを使うことでした。

それも、
空気で膨らます、
インフレータブルのタイプです。

SUPとは、
Stand Up Paddle boardの略で、
サーフボードのような板の上に立って
パドルで漕ぐ、
ハワイ発祥のスポーツです。

そんなことは知ってるって?
そうでしょうが、
ご存じない方のために、
念のため、
蛇足ながら説明してみました。( ´艸`)

このSUPにはサーフボードのように
フォーム材などをベースに使用した
ハード・タイプと、
ゴムボートのように空気で膨らます
インフレータブルのタイプがあるのですが、

釣りで使う、
特にボクのように、
チョット先の浅瀬に渡ることだけを
目的とした場合、
断然持ち運びに便利で、
普段の置き場所にも困らない
インフレータブルのタイプが良いと思います。

本体、パドル、ポンプなどすべてまとめて このバックパックに入ります。

 

また、インフレータブルのタイプのほうが、
ハード・タイプよりも浮力が高いのも
釣りで使うには適しているといえるでしょう。

じっさい、
この、インフレータブルSUPを
釣りに使っている方は結構いるようで、

中にはサーフィンをするような
サーフから沖に漕ぎ出して
アオモノを釣られている猛者もいるようです。

そんな”ハード・コア”な使い方
にも憧れてしまいますが…
SUP初心者のボクは
遭難しても何なので、
とりあえずは
浅瀬への移動手段として使うに
とどめておきたいと思います。( ´艸`)

…ともあれ、
クロダイのサイトフィッシングにおける、
SUPの
”無限の”可能性に取りつかれるように…

…買ってしまいました(‘◇’)ゞ。

釣りに向いたSUPをいくつか選んでみた

釣りに使うという視点で
前回の記事内でも
2つほどピックアップしましたので
ご参考にしてください。

*写真をクリックしていただければ
詳細を見ていただくことが
できます。

ほかにもいろいろあり、
迷ってしまうところですが、
最終的に
僕が選んだのはこちら

Freein Sup

 

取り外し可能な
カヤックシートが付属していたので、
便利かな?
と思って、
これにしましたが、
実際に使ってみると、
今のところ、
無くても良かったかも?
この位置にクーラーを固定して、
必要なら、
その上に座れば良いし…。

なにぶん、
SUPを使うのは初めてなので、
これが良いのかどうか、
よくわかりませんが、
今のところ、特に不満はありません。

特にDリングが多めについているのは、
いろいろなものを
括りつけてられ、便利です。

DOD(ディーオーディー) スタンドアップパドルボードロング 【2人乗SUP】

B01GFWGGWM

 

これなんかも気になりました。
2人乗りだということで、
幅が少し広め。
より安定しているのではないかと思います。

その他の装備

 

SUP本体のほかに
必要なものや、
あると便利だと思うものを
いくつか挙げておきます。

オール

当たり前のことですが、
本体のほかに、
漕ぐためのオールは
無くてはならないものの一つです。

ご紹介したSUPには
セットになっているので、
新たにそろえる必要なありませんが、
もしなければ、
用意する必要がありますので、
いくつかご紹介しておきます。

オールの素材としては
アルミ、グラスファイバー、グラファイトファイバー
が主に使われていますが、
アルミが最も安価で、グラスファイバー、グラファイトファイバーと
つづきます。
グラファイト製のオールは
価格は少し高めですが、
軽く、さびないのが魅力です。
グラスファイバー製は、
価格、重量とも
中間的なものとなっています

アルミ製パドル

B08F7X2FRD

グラスファイバー製パドル

B07PV9129P

グラファイト製パドル

B01BZPVRL4

リーシュコード

SUP本体と自分の体を結び付けておく
コードです。

もしも、落水したときなどに
ボードが離れてしまわないように
するため、
これも必須アイテムです。

これも、ご紹介したものには
セットになってるものが多いので、
新たに買いそろえる必要は
ないでしょうが、
念のためご紹介しておきます。

これにはストレートのものと、
コイル状のものがありますが、
コイル状のものは、
コンパクトにまとまり、
必要以上に垂れ下がることが
ありませんが、

ボードが離れた後、
スプリングのように
伸び縮みするため、
いきよいよく
跳ね返ってくることがあるので、
注意が必要です。

また、フライラインに絡みやすい
という欠点もありますので、
そのあたりを考慮して選ばれるとよいでしょう。

ストレートタイプ

B072KQJZ65

コイルタイプ

B01LZI9ITF

パドル・リーシュ

万が一、
パドルが流されてしまうと、
困ったことになるので、
パドルとボードも、
このようなコードでつないでおくと安心です。

このコードはいくつか持っておき、
流されては困るものは
片端から
つないでおくとよいでしょう。

B08FC9DPXL

浮力体

SUPには落水のリスクはつきものです。
ですから、危険回避のために、
ライフジャケットやそのた、
何らかの浮力体は必ず着用してください。

RESTUBE

かさばらず、
動きを邪魔しないため、
SUPをはじめ、
いろいろなマリンスポーツで
定番ともいえる浮力体です。

レスチューブ・クラッシック

レスチューブ・スポーツ

*注意
これはいわゆるライフジャケットではありません。
また、遊泳補助具でもありません。
泳げる、10歳以上の方対象の商品です。

夏場は多少暑かったり、
動きを邪魔する欠点はありますが、
より安全性を考慮すると
本格的なライフジャケットがお勧めです。

下の写真は
最も一般的なタイプの
ライフジャケット

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 救命胴衣 ライフジャケット 国土交通省型式承認 桜マーク タイプD Mサイズ ネイビー×ホワイト HULA US-3002B07VL3F7CV

 

こちらは自動膨張式の

ライフジャケットで、
首から下げるタイプですが、

B017JIKOHY

腰に巻くタイプもあります。

B07P9NZZBW


アンカー

アンカーなどもあると便利ですね。

B08DG21QL8

このような小型の折り畳み
アンカーも良いのでしょうが、
ネガカリするとたいへんだし…

それよりも、
下のようなパラシュートアンカーが役に立ちます。

B07V2MF54K

 

インフレータブルのSUPは
たいへん浮力が高く、
そうとうな浅瀬でも、
海底にさわることなく、
引いてくることができます。

浅瀬を歩いて魚を探すときには
ボートだと、
一旦アンカリングしてから、
そこにおいて釣りをすることになりますが、

SUPだと、
そこにおいておくこともできますが、
ボードを引きながら、
ボードとともに移動することもできます。
それだと、
そこからすぐに乗って
ポイント移動することができ、
大変効率的です。

また、ボードの上に立つと
目線が高くなり、
魚を探すのにも役立ちます。
ボードの上に立ち、
ゆっくりと漕ぎながら
魚を探し、
見つけたらすぐに下り、
場合によっては、
そのままボードの上から
キャスト良いのです。

偏光フィルターを使っていないので、わかりづらいのですが、偏光レンズを通してみたら、かなり見やすいです。


しかし、
ボードに乗って魚を探す場合、
風があると、
それに流されて、
必要以上にスピードが速くなってしまいます。

そんな時に
これを使うと、
ほどよい抵抗になり、
スピードをおさえてくれます。

また、これを使うと
ボードの姿勢が安定するので、
ボードの上から
キャストする場合などにも
たいへん重宝します。

電動ポンプ

通常、
手押しのポンプは付属しているので、
それを使って
簡単に空気を入れられますが、
夏の暑い盛りなどでは
結構汗をかきます(‘◇’)ゞ

なので、このような電動ポンプがあると
便利ですね。

B07HJ5WKJL

 

 

 

 

欠点と注意すべき点

インフレターブルSUPを
釣りに使用する場合の欠点と
注意点をまとめてみました。

1.ボートほどには安定していない

SUPはその上に立って漕げるように
デザインされているので、
それなりに安定はしています。

でも、
やはりボートほどには安定していません。

私も最初にのったとき、
すぐに立とうとしたのですが、
上にのると
フィンがそこに触るほど浅かったためもあり、
グラグラと揺れ、
ひっくり返りそうになりました(;’∀’)

慌てて座り、
それからその日
しばらくは立つことはあきらめて
座って漕いでいました( ´艸`)。

とてもこの上に立って、
しかもそれを漕ぐなんてことは
できる気がしませんでした。

…しばらくして、
慣れてきたら、
立って漕げるようにはなりましたが…( ´艸`)

風が強くなってきたり、
潮流がフクザツで
バランスがとりずらい状況になったら
ためらわず、姿勢を低くしてください。

安定して、しかも
漕ぐ力も強い方法は
膝で立って漕ぐことです。

そして、
落水のリスクは常にあることは
頭に入れておいてください。

濡れても構わないカッコウで、
ライフジャケットなどの
フローティングディバイスは
必ず着用してください。

2.キズに注意

あたりまえのことですが、
インフレータブルSUPは、
PVCのシェルでできた本体の中に
空気を入れて浮かぶように作られた、
浮袋のようなものです。

浮袋よりは
ずっと剛性が高く作られてはいますが…。

ともかく、そのシェルにキズがついて
空気がもれたら
致命的です。

くれぐれもフックや
カキがら、ガラス片やそのた、
そういったものでキズがつかないよう、
気を付けてください。

フックが刺さった程度の
小さなキズなら
すぐに内部の空気が抜けきって
浮いていられない
という状態にはならず、
しばらくは浮いていられるので、
キズが付いたとわかったら
すぐに帰還してください。

3.風や波、潮流の影響を受けやすい

インフレータブルSUPは
たいへん軽く、
そのため浮力が高いため、

ひざ下ほどの
ひじょうに浅い場所でも進んでいけます。

そして、
無風、あるいはそれに近い状況では
軽く漕いだだけでも進んでくれます。

しかし、
それだけに
風に流されやすく、

気を付けないと、
どんどん流されてしまい、
戻ってこられない
なんてことも
おこりえます。

また、波や潮流の影響も受けやすく、
速い流れに乗ってしまい、
帰還できないほど
遠くに流されてしまわないように、
また、流れがフクザツに
絡み合っているような場所では、
不安定にもなりやすいものです。

天気予報や、
状況の変化には
常に気を付け、
少しでも不安な要素があれば、
ただちに帰還、
あるいは中止するようにしましょう。

このように
SUPは使い方を間違わなければ
クロダイのサイトフィッシングにも
たいへん有用で便利、
そして楽しいツールですが、
危険も伴います。

先ずは各地で行われている
スクールなどに参加して、
基本的な操作や注意点などを
身に着けてから
はじめることを
強くお勧めします。

まとめ

ここまでのことを
かんたんに
まとめてみます。

岸からアクセスできない
浅瀬でのクロダイ・サイトフィッシングには
インフレータブルSUPがお勧めです。

そのわけは、

1.持ち運び、エントリーが手軽

インフレータブルSUPは
たいへんコンパクトに収納できます。
ですから、
簡単に車に収納でき、
持ち運びが楽にできます。

また、保管にも
大きな場所を必要としません。

そして、10㎏にも満たないほど
軽いため、
一人でも簡単に持ち上げられ、
エントリーする場所も
ひかく的選びません。

本格的なボートでしたら、
それなりのスロープが必要になりますし、
カヤックなどの軽いものでも、
チョットしたギャップなどがあったら
なかなかにたいへんです。

2.ひじょうに浅い場所でも入っていける

インフレータブルSUPはひざ下ほどの
水深があれば、乗ったままでも
入っていけます。

下りればさらに浅くても大丈夫。
底にあるフィンを取ってしまえば
―――多くの場合このフィンは簡単に取り外しできます―――
くるぶしほどの水深でも大丈夫です。

ただし、乗って進むときには
このフィンはまた取り付けてください。
このフィンがなければ
ボードは漕いでも前に進んでくれません。
(筆者体験済み( ´艸`))

3.魚を発見しやすい

ボードの上に立つと
目線が高くなるため、
底の状態がたいへん見やすくなります。
したがって、
魚の発見もしやすく、
短時間で
効率よく
浅瀬の魚を発見したいときにも
役立ってくれます。

4.落水のリスクは常にある

SUPは、カンタンに言ってしまえば、
薄く細長い板の上に
乗るというスポーツです。

ですから、
ボートなどに比べると
不安定なものです。

落水のリスクは
常にあることを忘れないでください。

濡れても構わない服装で
フローティングディバイスの
着用を忘れないで。

5.SUPをキズつけないように

インフレータブルSUPは
キズにはたいへん弱いものです。
一旦キズが付くと
そこから空気が漏れだし、
浮力が低下します。

釣り針で空いた穴程度では
すぐには
浮いていられないほどには
ならないので、
キズに気が付いたら
ただちに帰還してください。

6.風や潮流の変化には気を付けて

インフレータブルSUPは
たいへん軽くできているため、
風や潮流に影響されやすいものです。

天気予報や状況の変化には
常に気を配り、
少しでも危険を感じたら
ただちに帰還するようにしてください。

7.スクールなどに参加

先ずは安全が第一です。

近くで開催されるSUPのスクールなどに参加して、
基本的な操作や
注意点などを
しっかり身に着けられることをお勧めします。

インフレータブルSUPを
クロダイのサイトフィッシングに使うということについて、
思いつくままに書いてみました。

…とはいっても
私もSUPは
超初心者。

なので、
その道のエキスパートの方たちからみたら、
トンチンカンなことを
書いているかもしれません。

もし何かご意見などありましたら、
ぜひお知らせください。

今後また、気が付いたことなどがあったら
随時書いていこうと思います。

その他、クロダイサイトフィッシングにお勧めのアイテム

パタゴニア公式サイト サン・マスク

パタゴニア公式サイト メンズ・トロピック・コンフォート・フーディii

Liquid Crystal(リキッド・クリスタル)フラットテーパー・フライライン

 

に投稿 コメントを残す

とにかく良く釣れる、ユーロ・ニンフィングの基本


ユーロ・ニンフィングとは

ユーロ・ニンフィング、ユーロスタイル・ニンフィングとは、
フライフィッシングの競技の中から
ヨーロッパで生まれ、各地で発展してきた
比較的新しいスタイルのニンフィングのテクニックで、
モダン・ニンフィングなどとも呼ばれています。

その発祥はポーランドだとされており、
その後、チェコ、スペイン、フランス等、
ヨーロッパ各地でそれぞれのバリエーションが
発展してきました。

そして、現在は北米でも
その効果が認められ、
爆発的ともいえる広がりを見せています。

日本では、ごくわずかな
”マニア”の方たちが
ひそかに、その絶大な効果を享受してきましたが、

そろそろ本格的に
広まる気配が高まってきました。

もちろん、
美しいループで
華麗にキャスティングをし、
遠くの魚を釣るという
フライフィッシングのだいご味は
なにものにも代えがたいもので、
この釣り方は
それとは程遠いイメージの
ものではあります。

「これをフライフィッシングといって良いのか?」
という意見もあることも
承知しています。

しかし、私個人としては、
新しいフライフィッシングの形として
これもありではないかと思っています。

むしろ先ずは試してみて、
そのうえで自分に合っているかどうか
の判断をされることをお勧めします。

とにかく良く釣れる方法なので、
乱獲禁止!
釣れた魚は全部持って帰るという人は
(フライフィッシングをしている方で
そのような嗜好の人は、
もういないと思ますが…)
ぜひやらないでいただきたい。

また、これからフライフィッシングを始めようという方も、
これがフライフィッシングのすべてだ
と思われてしまうのも
ちょっと悲しいので、
お勧めはしません。

ある程度以上
フライフィッシングの経験を積まれた方が、
それまでやっていたのとは別の、
新しいレパートリーとして
はじめていただけると
良いと思います。

ユーロ・ニンフィングの概要

ユーロニンフィングは
上でも触れたように、
フライフィッシングの競技から
生まれた釣り方です。

そのため、
魚を釣るということにかけては
きわめて効率的で、効果的。
特にある程度流れのある川で、

キャストの距離は短いので、
ポイントに近づけるような釣り場では
”爆発的”とも言える
釣果が期待できます。

ユーロニンフのタックル

現在、ユーロニンフィング用のタックルは
メーカー各社により、
いろいろな便利なものが
発売されています。

以下に、
そんなユーロニンフィング用のタックル
をご紹介しながら、
基本的なシステムをご紹介します。

ロッド

ユーロニンフィング用のロッドは
10ft以上のものが多く、
ラインウェイトは#2~#4程度と
ライトなものが
標準です。

この釣り方は、
キャスト後ただちに
腕を高く上げ、
フライを流している間、
その状態をキープします。

そのため、
腕が疲れないように
ロッドはその長さにもかかわらず、
たいへん軽くつくられています。

小さな川では9ft程度の長さでも
釣りは可能ですが、
探れる範囲が限定されてしまいます。

ユーロニンフィングを
本格的に始めようかどうか
迷われているのでしたら、
先ずはお手持ちの
9ft程度の、
できるだけ軽いラインウェイトのロッドを使って
小さめの川で試してみてみるのがよいでしょう。
そして、その効果に納得ができたら、
それ用のものを手に入れて、
はじめるのが良いでしょう。

ロッドは高価なものもありますが、
比較的安価で
しかも使いやすいものもあります。

いくつかご紹介しておきますので、
ご参考にしてください。

 

ECHO / エコー CARBON XL EuroNymph

価格:
26,400円

(2020/07/29 21:55時点 )

感想:1件

リバーピーク ニンフロッド 10′ #4

B01H6YU7LO

コートランド・ 二ンフシリーズ・フライロッド

ライン

ラインは
通常の、ウェイトフォワードや
ダブルテーパーの、
ロッドの指定番手のものを
使ってもよいのですが、

より本格的にやられるのなら、
専用のラインを使うと、
良いでしょう。

ユーロニンフィング用のラインは
たいへん細く、軽くつくられており、
そのため、
ひじょうに敏感で、
わずかなストライクも見逃しません。

ユーロ・ニンフィング用の
ラインも以下にご紹介します。

コートランド・コンペティション・モノコア

コートランド・コンペティション・ブレイドコア

リグ

リーダーやインジケーター、
その他のリグは
使う人により、
多少の違いはありますが、
基本的なシステムをご紹介します。

この釣り方は、
フライフィッシングの競技から生まれた
ということを書きました。

その競技のルールに
リーダーにフライを沈めたり、
浮かせたりするものをつけてはいけない
という項目があります。

そのため、リーダーに
スプリットショットや
かさばるインジケーター
などといった
”余分なもの”がついていない
きわめてシンプルなものとなっています。

そして、このことが
この釣りをきわめて効率的なものとしています。

リーダーやインジケーター、その他
細かい部分は人により
様々な違いはありますが、
基本的なシステムをご紹介します。

リーダー

リーダーは
ノンテーパーのナイロンラインを使う人もいますし、
テーパーリーダーを使う人もいます
テーパーリーダーでも
ノットレス、ノッテッド様々なバリエーションがあります。

長さは10ft前後で使うことが多いようです。

インジケーター

リーダーの先には
フライの位置を確認するのと、
ストライクを取るための、
サイターとよばれる
いわゆるインジケーターが付きます。

多くの場合、オレンジやピンクとイエローといった
2色程度に染色されたナイロンラインやブレイデッドライン
あるいは2色のラインをつないでサイターとして使う人もいます。

ティペットリング

サイターの先には
ティペットリングと呼ばれる
小さな金属製のリングを結びます。
そして、この先にティペットを結びます。

このリングを使用することで、
比較的太いサイターに細いティペットを
結ぶことができるのです。

また、これを使用しないで
ティペットを結ぶと、
ティペットを結びなおすたびに、
少しづつ
サイターが短くなってしまいますので、
それを防ぐことができます。

SA ティペットリング

B07XBV7CS4

リバーピーク ティペットリング

B00TWUF5Y0

ティペット

ティペットは使用するフライのサイズに合わせ、
7x~4x程度が主に使用されます。

フライ

フライは通常2個、
あるいはそれ以上を使い、
一度に異なる水深を釣ります。

フライを素早く沈めるためには、
ショットを使う代わりに
フライにタングステン・ビーズヘッドを使ったり、
内部にレッドワイアを入れたりして、
フライ自体を重くして、
素早く沈むようにしています。
そして根がかりを防ぐために
ジグフックを使うケースもよくあります。

フライの構造はシンプルなものが多く、
このこともフライを素早く沈めることに貢献しています。

リグの一例を簡単な図にしておきます。
(へたな絵、文字ですいません<m(__)m>)

釣り方

ユーロ・ニンフィングの基本的な釣り方をご紹介します。

キャスティング

通常のフライフィッシングでは、
ラインの重さを利用して
キャストしますが、

この釣り方では、
ラインはほとんどロッドティップから出ていません。
そのため、ラインの重さを使ってキャストすることは
ほぼできません。

では、どうやってキャストするのかというと…

フライの重さを使ってキャストするのです。

フライという小さなおもり
を投げるイメージです。

これは、
フライフィッシングを長くやってきた人ほど
戸惑いが大きく、
慣れるのに
多少時間がかかるかもしれません。

リーダーが絡むなどのトラブルを
回避するために、
フォールスキャストは
極力しないようにします。

慣れないうちは
つい通常のキャスティングをしようとしてしまい、
思う場所にフライが届かなかったり、

複数のフライがつけられた
細いティペットの
絡みに悩まされることでしょう。

釣りをしている時間より、
絡んだティペットをほどいたり、
結びなおしたりしている
時間のほうが長く感じることも
しばしば・・・( ;∀;)

最も基本的で確実、
最初に覚えるべきキャストは
こんな感じです…。

一旦フライを下流に流し切り、
下流に伸び切った
ラインとリーダーを、
そのまま上流へ振り込みます。

フライの流し方

キャストの方向は
上流に向かって行います。

キャスト後は
ただちにロッドを高く持ち上げ、
ラインにたるみができないようにします。

フライを流している間、
目印であるサイターは
水面に接することなく、
常に空中にあります。

そして、リーダーにたるみができないよう、
テンションを保つようにします。

よくある例としては、
フライを沈めようとするあまり、
リーダーをたるませてしまうことがあります。

しかし、それでは
リーダーがたるんでいる間は
フライとのコンタクトがとれておらず、
その間に
仮に魚がフライをくわえたとしても
それに気づくことができません。

それどころか、
根がかりしていることにも気づかず、
投げるたびに根がかりして、
イライラがつのり、
「ロッドを放り投げてやろうか!」
と思った経験がある方も多いはず( ´艸`)。

たしかに、
フライを下流にキャストした場合は
ラインにテンションをかけると
フライはある程度以上沈まなく、
浮いてきてしまう傾向がありますが、

上流へキャストした場合は
テンションをかけていても
フライは沈みます。

そして、そうすることで
途中でフライが
底石などに触れたり、
魚がフライをくわえたりした場合でも
敏感に感じることができます。

ストライクの取り方

ストライク、つまりアタリは
さまざまな形であらわれます。
サイターが横に走ったり、
下に引き込まれたりというのは
かなり分かりやすい例です。

そのほかにも
サイターがわずかに”ためらったり”
場合によっては
よくわからないけど、
何かヘン…といった、
五感以上の第六感的な
違和感で現れる場合もあります。

とにかくそれら、
わずかでも変化を感じたときには
すかさずアワせるようにしてください。

この釣りでは、
理屈以上の何か、
ひじょうに感覚的な要素も
必要となります。

まとめ

ユーロニンフィングは、
特にある程度流れのある川で
ポイントに近づけるような釣り場では特に効果的、
ひじょうに釣れる釣り方です。

それだけに、釣り過ぎには気を付けてください。

それから、
この釣り方は、フライフィッシングとしては
ある種、異質のものです。

ですから、これからフライフィッシングを
はじめてみようという方よりも、
ある程度以上経験を積まれた方が、
それまでやっていたこととは別の、
新しいレパートリーとして
取り入れられることをお勧めします。

ロッドは10ft以上で軽い
専用のものがお勧めですが、
先ずはお手持ちの9ft程度で
軽いラインウェイトもので
試してみるのも良いと思います。

ラインも、
本格的にやるのなら、
専用のものが良いのですが、
これも、先ずは
お手持ちの、フローティングラインで
はじめてみてください。

この釣り方で最も気を付けることは、

フライは上流へキャストし、
キャスト後は直ちに
ラインのたるみをとり、
最後までフライトのコンタクトを保つよう、
テンションをコントロールすること。

サイターにわずかでも
変化を感じたら、
ためらわず合わせること。

常に高い集中が必要です。

…ともあれ、
いろいろ理屈を考えていても
はじまりません。

何か、新しいことをするのは
ワクワクして、
楽しいものです。

先ずは試してみてください。

また、このユーロニンフィングについては、
折を見て、
記事をあげていきたいと思っています。

記事についてのご要望など、
ありましたら、
コメントをいただけたら、
今後の参考にさせていただきたいと思います。
また、私の励みにもなりますので、
よろしかったら、ぜひお願いします!

お勧めの書籍

Nymph Fishing

0811718263

Kindle版

ハードカバー

Dynamic Nymphing :Tactics, Techniques, and Flies from Around the World

B007Y2CPU0

Kindle版

Nymphing: The New Way; French Leader Fishing for Trout

1910723223

ハードカバー

Kindle版

 

その他、お勧めの記事

瀬戸際の渓魚たち22年ぶりの復刊

本はこれからは聞く時代になるかも…

英語を勉強したい人にもオーディブルはお勧めです。

 

に投稿 コメントを残す

Amazonのタイムセール始まります!



タイムセール祭り ポイントアップチャンス同時開催

Amazonのタイムセールが間もなく始まりますね!

気になる商品がお得に買えるチャンスです。

詳細をご覧になるには

こちらか、
上の画像をクリックしてください。

とりあえずウォッチリストに登録

私も、とりあえず気になる商品を
タイムセールのウォッチリストに
登録しました。

ポイントアップチャンスも同時開催

タイムセールになっていない商品でも、
ポイントアップキャンペーンに登録すれば、

1万円以上購入で最大5,000ポイントもらえます。

ポイントアップキャンペーンについては
こちらをご覧ください。

気になっている商品

タイムセール予定になっていない商品でも、
ポイントが多くもらえるならと、

この機会にポチっとしてしまいそう…(‘◇’)ゞ

そんな、気になっている商品がいくつかあります。

インフレータブルSUP

先ずはこちら、

空気で膨らますSUP。

チヌのサイトフィッシングの
新たな場所を開拓しようと、いろいろ”物色”していると、

目の前に見えている浅瀬や島に渡りたいけど、
手前が深く、どうしても渡れない。
そんな場所によく遭遇します。

ボートを持ち出すほどでもないし…
だいいち、私は湖川限定の免許しかもっていないし…( ´艸`)

何かいい方法はないものか?
と、つねづね思っていました。

そこで、ふと思いついたのがこれ。

インフレータブルなので、
空気を抜いておけばコンパクトに納められる。

重さもそれほど重くないようだし、
現地での小さな移動は、
車にルーフキャリアをつけて、
それに載せて移動すればよい。

「これが最良かも!」

で、アマゾンでいろいろ物色してみました。

気になるSUPを2点紹介

はじめての”お試し”のようなものなので、
比較的低コストで
評価も高い下の2点を選んでみました。

各商品の詳細は、写真をクリックしてください。

B01DDGXXKQ

この写真の商品は
釣り専用とうたっているのがとても気になりました。

コスパで考えるとこちらも気になります。

B07D73NHZW

釣りの道具をいろいろ積むことを考えると、
落下防止のハトメやDリングが多くついている
上の2点がいいんじゃないかと思います。

BALMUDA The Light

それから、

先日タイイング用のライトのご紹介の投稿をするときに
調べて見つけた

こちら

”例の”バルミューダのライトです。

こちらも写真をクリックしていただけたら
詳細を確認いただけます。

B07GP472RB

この間から気になって仕方がないライトです。

うーん…

ポイントが多くたまるこの時に

ポチっとしてしまいそう…

その他、アマゾンのおすすめサービス

Amazonのおすすめサービスのリンクを張っておきます。

Amazonプライム

ご存じ
Amazonプライム。
配送特典やプライム会員限定のセール、
電子書籍や、ビデオ、音楽などの利用など、
お得な特典が様々。

オーディブル

Amazonの比較的新しいサービス。
本は読むから聞くのが主流になるのかも…。
とにかく便利なサービスです。

今なら無料で好きな本を1冊聞くことができます。

手に入れた本は解約後も利用できます。

とりあえず無料で体験しない手はありません!

Amazon Mastercardクラシック

初年度年会費無料。
1年1回以上の利用で、翌年以降も
無料のクレジットカードです。

新規入会で¥2,000分のポイント付与などなど

Amazonユーザーなら
持っていたいカードです。

に投稿 コメントを残す

ぼくのお気に入りのフライをご紹介します。(ドライフライ)


O-REXダン

ぼくがずいぶん前に考案して、
いらい、ずっと使い続けているフライです。

以前一度雑誌に紹介したことはあるのですが、
タイイング手順などは公開してきませんでした。

べつに
もったいつけて公開しなかったわけででゃなく、
その機会がないまま、
今に至ってしまいました。

なので、今回
YouTubeでご紹介しました。

このフライの特徴

このフライの特徴を
簡単にご説明しておきます。

水面でのバランスが良い

水面での浮き方が良ということ

左右に広がったハックルが
水面でバランスよく支えてくれます。

シルエットが崩れない

”かたくずれ”しにくく、
いつも同じシルエットを保ってくれます。

したがって使いやすい

ですから、
釣っているさいちゅう
フライの状態に
余分な気をつかわずにすむので、

たいへん使いやすいのです。

そして何より良く釣れる!

上のような使いやすさに加えて

水面への干渉の仕方が
自然虫に近いので

キーワードはライトパターンです。

ぜひ一度お試しください。

 

 

に投稿 2件のコメント

フライタイイングにリングライトが良い!


YouTube用にフライタイイングの動画を

今、YouTube用にフライタイイングの動画を撮影しています。

”フライネタ”の最初の動画はドライフライです。

こんなフライです。

タイイングに使える無影灯のようなものはないのか?

以前から思っていたのですが、
タイイング用に何かよいライトはないものかと思っていました。

通常のスタンドライトのようなものだと、
どうしても影ができてしまい
それを防ごうとすると
2つのライトを使い
左右から照らさなければならず、
なかなか不便を感じていました。

それで、手術などに使う無影灯のようなものが
手ごろな価格でないものかと思い、
いろいろ調べたのですが、

当然のことながら、
手術に使うものはとんでもなく高価で手が出ません。

そうだ、リングライトだ!

そこで、ふと思ったのが
自撮り用に使っているリングライトです。

(詳細はそれぞれの商品の画像をクリックしてください。)

B075153CFF

これを使うと顔に影などができにくく、
自宅の照明で自分を撮ると
暗い感じになってしまいがちなのですが、

これを使うと明るい感じになり、
すごく都合がよいのです。

自撮りだけでなく、
リモート会議、リモート飲み会、
その他いろいろ…
まだ持っていない人は
1台持っておくと
便利なのでお勧めです。

自撮り用に使っているものでは大きすぎるので、
小物撮影用の物を使ってみました。

B088KQSTSK

使ってみると、

これは良い!

このライトをタイイング用に試した
素直な感想です。

やや左側から照らしているんですが、
指の影が映らず
たいへん見やすいのです。

これは、撮影だけではなく、
普段にもタイイング用の照明に
使うとたいへん便利です。

一緒についているスマホのホルダーは
タイイング中の動画を撮影すると
ブレてしまい使いづらいので、
別の三脚に固定して撮影しました。

でも、静止画を撮影する分には問題ないと思います。

それから、スマホで
タイイングレシピやYouTubeその他を見ながら
タイイングするということに使うと
便利だと思います。

よくよく調べてみると…

この記事のために、
無影灯のたぐいを再度調べてみると…

現在では
…といっても、
私が以前調べてから
数か月しかたっていませんが…( ´艸`)

けっこう”こなれた”価格帯の無影灯も出てきたようで…(-_-;)

中でも私が

ん?…これは!

と思ったのがこちらです。

B07GP4QG9C

なんと、

あの、

B01N5XVIOK

トースターで有名な

バルミューダ製なのです!

なんだかこれもそそられます!

年齢とともに、視力の衰えを感じている
私を含め、
多くのシニア世代にとって
照明は大きな命題です。

ぜひあなたもお試しください!

…俺、私はそんな歳じゃないよ!

と、反感を抱く
あなた!

そんなあなたも

明瞭な視野の確保をできたときの感動は
きっとなにものにも代えられないものだ
と感じられるはずです。

ぜひ、お試しください!

冒頭でご案内した
”フライネタ”の動画は近日公開予定です!

私のYouTubeチャンネルは

こちらです。

まだご覧になっていない方は
ぜひご覧ください。

に投稿 コメントを残す

YouTube動画「力強く、きれいなループの作り方」の解説をnoteにまとめました。


先日YouTubeにアップした
オンラインセミナー「力強く、きれいなループの作り方」

 


の解説をnoteにまとめたので、
ご興味のある方は
ぜひご覧ください!

こちらをクリック!

前半、無料部分は初心者の方にもわかりやすいように
説明に専門用語を使わないよう努めました。
それでいながら、
今後説明用語を耳にされることもあろうかと、
その用語の説明も付け加えました。

後半、有料部分は
より”突っ込んだ”内容にしました。
こちらでは
無用に説明が長くならないよう、
専門用語も交えて説明しています。

 

に投稿 コメントを残す

英語を勉強したい人にもオーディブルはお勧めです。


アマゾンの新しいサービス

オーディブルはこれからの読書の在り方を変えるサービスです。

アマゾンではボイスブックと呼んでいる、
機械ではない、人の声それも声優や俳優が
表現力豊かに聞かせてくれる”本”を配信するサービスです。

本は読む時代から聞く時代に

両手も目も自由にすることができるので、
忙しい現代人にとって
時間を有効に利用し、
必要な情報を手に入れることができる
たいへん優れたツールです。

それが、今なら最初の一冊は無料で利用できます。

30日以内に解約すれば一切費用は掛かりません。

それ以降も契約を続ければ¥1,500/月で
あらたに1冊/月で手に入れられます。
それ以上購入する場合でも、
通常価格より30%offで手に入れられるので、
たいへんお得。

会員以外でもこのオーディオブックは購入できるので、
最初の1冊は会員登録して無料で手に入れ、
30日以内にいったん解約。
その後は必要なときに必要なものを定価で購入などということも可能です。

一旦手に入れたコンテンツは
解約後でも利用できます。

とにかく、今無料会員登録をして
最初の1冊も無料で手に入れない手はない!

下の画像をクリックしてご登録ください。

B004GJ6BY0

収録されているオーディオブックは様々なジャンル、種類があります。

こんなお得なコンテンツも!

例えば下のような、
英語のリスニング教材などもあります。

例えば下の教材。
5つの教材のセット商品。

『究極の英語リスニング 5本セット』のカバーアート

再生時間はなんと6時間!

そして定価は¥6,000!

それが初回であれば無料!Σ(・□・;)

それ以降でもたったの¥1,500!

正直、登録しない手はありません!

それで気に入らなければ解約すればよいだけのこと。

くどいようですが、お勧めです!

に投稿 コメントを残す

瀬戸際の渓魚たち22年ぶりの復刊



佐藤成史さんの名著「瀬戸際の渓魚たち」が
現在の情報に合わせて加筆し
復刊となります。

今回は西日本と、東日本に分かれ
2巻同時発売になります。

発売は7月中旬、
ただいま予約受付中!

瀬戸際の渓魚たち 増補版 西日本編

4864473544

 

瀬戸際の渓魚たち 増補版 東日本編

4864473536

そして…
旧バージョンもまだ売られていいるようです。
ご興味ある方はこちらからどうぞ。

瀬戸際の渓魚(さかな)たち

に投稿 コメントを残す

オンラインセミナー第2回目をYouTubeにアップしました。



少し告知が遅くなりましたが…

先日のオンラインセミナー「力強く、きれいなループを作る」を
YouTubeにアップしました。

まだご覧になっていない方は是非ご覧ください!

今回はZOOMの双方向性の特徴を生かして、
ソクラテスよろしく(そんないいもんじゃありませんが…( ´艸`))
対話形式でやったのですが、
なかなかに盛り上がり、気が付けば2時間以上もたってしまいました。

そのままでは長すぎるので、主要な部分を抜粋してお届けします。

それでも、なかなか説明しきれない部分もありましたので、
これの補足的なものを近々noteでご紹介しようと思います。

noteはこちら

 

に投稿 コメントを残す

YouTubeの動画にドローン導入を検討中


以前から商品紹介用に時々動画をアップしていたYouTube。

今年に入ってから少し真面目にフライフィッシングやキャスティングに関する動画をアップしようと試みています。
とはいっても本気のユーチューバーからすればまだまだ全然🙅…のレベルでしょうが…。

とにかく、今後ますます充実した内容の動画をアップしていく予定ですので、

チャンネル登録していただけると励みになります<m(__)m>。

新たにチャンネル登録してやろうという方がいらっしゃったら、

こちらをクリック

お願いします!
そして、コメントやリクエストなどいただけたら

なおうれしく思います!

ふかんの画がほしい!

以前『スペイキャスト大百科~Various Spey CASTING』というDVDを作ったのですが、その時から思っていたこと、それが

「ふかんの画がほしい!」

ということでした。

フライキャスティング、特にスペイキャストを説明する場合、
横方向からだけでなく、上からの視点もあわせ、3次元で説明する必要性にかられました。

当時はドローンなどというものはなかったか、
あったとしても全然一般的ではなかったので
カメラマンに「橋の上から撮ってくれないか?」
と頼んだところ、あえなく却下。
いわく、「橋の上からだと揺れてブレるからダメ!」
とのこと。

きっとめんどくさいからだろ怒!

と思ったのですが、仕方なく斜め上、少し高いところからの画像で我慢しました。

今にして思えば、不満だらけ、苦渋の選択でした。

今ならできる!

そして時は進み、今は2020年。

ドローンの技術は目覚ましく進歩し、その存在はすっかり一般的とまで言えるものとなりました。

今なら当時”涙をのんで”果たせなかった、

フライキャスティングを俯瞰から撮る!

という悲願を達成することができます!

…ということで、一念発起してドローンの導入を検討しています。

導入するドローンの条件

これまでは漠然と「欲しいな」と思っていただけで、調べてもいなかったのですが、

いろいろ調べてみて、まず最初の1台としては、

以下のようなことを基準にいくつかセレクトしてみました。

重量200g以下

現在ドローンは大別して、重量200g以下とそれ以上のものとに分かれているそうです。

200g以下のものはトイドローンとも呼ばれ航空法上の規制が発生しないので、そのための申請の必要がないなど、規制が緩いので、まずはこのタイプを選ぼうと思います。

カメラの角度が変えられる

真上、あるいはそれに近い角度からの撮影をしたいので、カメラの角度をある程度変えられるものが欲しいと思います。

オートリターン

バッテリ切れ等に備え、元の位置に戻ってくれる機能は欲しいところです。

フォローミ―モード

自撮りが基本なので、自分を追跡してくれる機能があると嬉しいですね。

キャスティング空撮用小型ドローン候補4機種

以上の条件を加味して、4機種候補を挙げてみました。

Holy Stone HS120D

B07H3MN3ST
Holy Stone ドローン GPS搭載 カメラ付き 200g以下 最大飛行時間32分 バッテリー2個付き 1080P 広角HDカメラ フォローミーモード オートリターンモード モード1/2転換可能 FPVリアルタイム 高度維持 プロペラガードなし 国内認証済み 充電器付き HS120D

コスパに優れていると評判が高いHoly Stoneのドローン。
飛行時間も長くこれが第一候補かな…?

Potensic TS25

B07R3T5VY6
Potensic ドローン GPS 搭載 高度・座標ホバリング 200g未満(カメラ含む) 1080P 120°広角HDカメラ付き フォローミーモード オートリターンモード WIFIリアタイム 国内認証済み T25全能版 バッテリー2個 収納ボックス付き

上のモデルと似たスペックで検討中。
収納ボックスが付属しているのは魅力。
ただ、飛行時間が短いようなので、そこが悩むところ。

Potensic T18

B07V4HVKTV
Potensic ドローン GPS 搭載 高度・座標ホバリング 200g未満(カメラ含む) 1080P 120°広角HDカメラ付き フォローミーモード オートリターンモード WIFIリアタイム 国内認証済み T18全能版 バッテリー2個 収納ボックス付き

これも上の2機種と甲乙つけがたいスペック。
価格帯もどれもほぼ同じ。

そんな中で…

DJI Mavic Mini

B07ZPSND42
【国内正規品】DJI Mavic Mini ドローン カメラ付き 小型

こちらは上の3機種と比べてカメラのスペックは群を抜いています。
しかも3軸ジンバルを搭載しているので、ブレが無いよう。
折りたたみ式なもの魅力的。
ただ、フォローミ―モードやオートリターンなどはないのが難点。
そして価格も…
上の3機種は2万円弱なのに対して、こちらは4万円半ば
…見ていると、よりハイスペックの物が欲しくなってきてしまうけど、
慣れるまでは落としたりなんだりするだろうことを考えると…。

と、いろいろ頭を悩ませています。

ドローンに詳しい方、

何かおすすめの機種がありましたら

是非教えてください!
<m(__)m>