に投稿 コメントを残す

【シーズン終盤】久々のイワナ釣り


夏の間、自宅近くの釣り場へクロダイ釣りばかりをしていましたが、
先日、久しぶりのイワナ釣りをしてきました。

なかなかタイミングの合わない天気

例年、それほど多く釣りに行っているというわけではないのですが、
今年は特に、天気のタイミングがなかなか合わず、
なかなか川での釣りが出ませんでした。

「そろそろ川へ…」と思っていると、
ひどい雨が降り、断念することが多かったのです。

仕方がないので(仕方がないというわけでもないのですが…( ´艸`))
雨の影響を比較的受けないクロダイ釣りに…ということが
続いていたのです。

そんな中、久しぶりの渓流釣り

今回も、前々日の台風が通り過ぎたばかりだったものの、
この日は台風一過の良い天気だったこともあり、
地元のAさんに案内してもらって、
久しぶりの渓流釣りを楽しんできました。

Aさんはフライもルアーもやるオールラウンダータイプの釣り師で、
この日は、ご友人から預かったロッドを試したかったこともあり、
ルアーで釣りあがることになりました。

増水に少々苦戦

この日は、やはり前日の台風の影響からか、増水気味で、
しかもこの川は大岩が多くあり、遡行はなかなかにたいへんな
状況ではありました。

少し釣りあがっては、そのまま上ることができないので、
少しまいては川に降りて…を繰り返すことたびたび。

最初ドラフライで釣りあがるものの、魚の反応はもう一つ。

途中、ニンフを試して何とか釣ることができました(;’∀’)。

そんななか、ルアーへの反応は良好のようす。

…ただ単に、腕の差かもしれませんが…(-_-;)。

しかし、イワナのコンディションは良好

シーズン終盤で、山もそろそろ秋の気配を感じる様子でしたが、
釣れてくるくるイワナのコンデションは、
錆もまだ入っておらず、なかなか良好。

Aさん曰く、つい先日まではもっとやせていたとのことでしたが、
秋に備えて、イワナたちは活発に餌を採っているようです。

釣りのパターンを変更

途中、またドラフライに変え、釣りあがるうちに、
どうやらそれまでの釣り方というか、
狙いどころが間違っていたんじゃないか?
と思い当たりました。

これまでは、メインの流れやそれの周囲を中心に
釣っていたのですが、フライで釣りやすい魚は、
もっとそれから外れた、浅く流れの緩い場所に
出ていることに気が付き、そこを中心に釣ることに、
パターンを変更してみました。

すると、そこそこ反応が見られるようになりました。

ただこの日はすっかりリズムを崩したぼくは
掛け損ないも多くいいことなし。

そんな中でも、釣れてくれた綺麗なヤマトイワナに癒された1日になりました。


関連記事


お勧め商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です