に投稿 コメントを残す

シューティングヘッドを使った釣り


日本のみならず、世界中の多くのフライフィッシングの現場において、
シューティングヘッドが使われることは非常に多くなっていると思います。

湖や、海などはもちろん、中、大規模河川でのスペイフィッシングのような
フライをスウィングさせる釣りでも、その傾向は顕著だといえます。

シューティングヘッドの特徴

シューティングヘッドを使ったラインシステムは、
ウェイトフォワードのような、ランニングライン一体型のライン
と比べて、ランニングラインとヘッド部分が分かれており、
それらを接続して使うラインシステムです。

シューティングヘッドを使ったラインシステムは、
その特徴を理解して使用すると、大変便利なラインシステムです。

以下にこのシューティング・ラインシステムの特徴を挙げます。

利点

まずはシューティングヘッドを使った場合の利点は
以下のようなものだといえるでしょう。

限られたスペースでもキャストできる

シューティングヘッドは多くの場合、大変短いものが使われます。

長いもので40ft、短いものでは20ftあるいはそれ以下というものもあります。

ヘッドが短いということは、それだけ限られてスペースでも
ラインを障害物にひっかけることなくキャストすることができるということになります。

これはシューティングヘッドの大きな利点の1つだといえます。

そしてその利点を生かすため、時代とともにより短いものが求められる傾向にあります。

本来、ヘッド長が短くなると、遠投性能や
キャストのスムーズさなど、キャスティングの性能が
損なわれるものです。

しかし、近年ではヘッド長が短くなってもキャスタビリティを
損なわないようなラインが開発されています。

楽にキャストできる

上でも記した通り、このラインシステムで使われるシューティングヘッドは
通常のラインよりも短いヘッドが使われることが多いため、
キャストするラインの重量も軽く、しかもラインが短いということは、
キャストに必要なストローク長も短くすることができます。

ですから、長いヘッドのラインと比べると楽にキャストすることができます。

また、ランニングラインも通常は摩擦抵抗が少なく軽いものが使われます。

つまりより少ない力でキャストしても、スムーズにラインが飛んでいくということでもあります。

このことも、楽にキャストできるということになります。

遠投が容易

これもまた上で記述した内容と重複しますが、
通常のラインよりも軽く抵抗の少ないランニングラインを使うことで、
遠投することが容易にできます。

これにプラスして、シューティングヘッドの長さを長いものにしたら
より遠投が可能となります。

このことは、遠投競技用のラインがロングベリーのシューティングヘッドが
使われることを見ればお分かりだと思います。

ラインの交換が容易

近年このラインシステムでは、ヘッドの後端部分はループ形状となっており、
ランニングラインとの接続は、直接そのループにランニングラインを結ぶか、
ループトゥーループ接続で使用します。

ですから、釣り場ですぐ簡単に取り外しと接続ができます。

つまり、釣り場の状況に合わせてヘッド長を変えたり、
シンクレートの違うラインに交換することが容易にできます。

ラインワレットに種類の違うラインを収納して
ポケットに忍ばせておけばよいのです。

スペアのスプールやリールを持ち歩く必要もないので、
経済的でもあります。


複雑な流れでもフライを流しやすい

このラインシステムでは、
ランニングラインの部分は、
ロッドを少し持ち上げるだけで
水に触れることなく、空中に保って
ラインをスウィングさせることができます。

そのため、その部分は流れの影響を受けることがありません。

このことは広く複雑な流れをスウィングさせる場合でも
スムーズに流すことができ、たいへんなアドバンテージとなります。

欠点

このようにいいことづくめに見える
シューティングライン・システムですが、
もちろん欠点もあります。

このラインシステムの、
主な欠点をご紹介します。

距離の調整がしづらい

このラインシステムでは、
ヘッドの部分から突然細いランニングラインが
接続されています。

ですから、その間の力の伝達は
スムーズには行われません。

ですから、ヘッドの後端がロッドティップから
長く出過ぎた状態では力がうまく伝わらず、
キャストすることができません。

余談ですが、ヘッドの後端と
ロッドティップの間の距離は
「オーバーハング」と呼ばれ、
フライキャスティングではよく使われる用語ですから、
ご存じなかった方はここで覚えておかれると便利です。

これが、一体成型のラインでは
ヘッド部分とランニングラインとの接続は
ある程度のテーパーが付いた、
スムーズなものとなっており、
またランニングラインの太さ自体が
シューティングラインよりも極端に
細くなっていないのが通常です。

このような形状のラインでは、
ある程度の今日範囲があります。

また、逆にラインをヘッド長よりも
多く引き込んだ状態では、
ファイナルキャストの時に
ロッドのガイドを通り抜けるときに
ヘッドの後端部分が暴れ、
大きな抵抗となって
スムーズに通り抜けにくくなってしまいます。

つまりキャストに適したラインの長さの
許容範囲が狭いといえます

ライントラブルが起こりやすい

前述したように、このラインシステムでは
通常短いヘッド部分と、細く軽いランニングラインが
使われます。

そして、次のキャストのためには
その短いヘッド部分がロッドティップ近くに来るまで
たくさんのラインを手繰らなくてはなりません。

つまりキャストするときには
たくさんの細いランニングラインを
手繰った状態でキャストしなくてはなりません。

細いランニングラインは、
それだけ通常のラインよりは絡みやすいものです。

このラインが絡みやすいということが
このラインシステムの最大の欠点だといえるでしょう。

その長く絡みやすいランニングラインを
うまく処理してキャストしなくてはなりません。

ラインがガイドを通る時に抵抗がある

ヘッド部分とランニングラインの部分はループtoループか、
結ぶなどして接続されていることは
冒頭でご説明しました。

この接続部分は、ロッドのガイドを通り抜ける時に、
多少「カツカツ」と引っ掛かるような抵抗が伴います。

これは、気にしない人には
大した問題ではないのですが、
気になる人には結構なストレスになります。

また、この抵抗は
ラインを多く引き込んで
この部分をロッドティップよりも
中に引き込んでキャストしようとした時には
キャストの妨げとなります。

魚とのファイト中などには、
ラインを手繰りこんでいき、
この部分がロッドガイドを通る時に、
ロッドとラインとの角度が鋭角になった
状態にならないよう、
できるだけ鈍角になるように保っておくと
この抵抗は軽減されます。

シューティングヘッドの種類

一口にシューティングヘッドといっても
様々なバリエーションがあります。

特にスペイキャスト用の
シューティングヘッドにそれが顕著です。

以下にスペイ用のシューティングヘッドの
主なものをご紹介しておきます。

スカンジナビアン

先ずは形状の上で大きく分けて2つのタイプがあります。

1つ目がこのスカンジナビアン・シューティングヘッドです。

これは短くしてスカンジなどとも呼ばれるタイプのラインです。

その基本は北欧発信のため、このような名称で呼ばれています。

ヘッドの後ろ部分近くが最も太く、
そこから先端に向かってスムーズに細くなっている形状で、
たいへんスムーズなキャストができるライン形状です。

スカジット

こちらは先ほどのスカンジがベースとなっているものの、
北米のスカジットリバーを中心とした
熱狂的なスチールヘッダーたちが、
自分たちの釣りのスタイルに合わせ、
より実践的に改造した、北米発信のラインシステムです。

前述のスカジットよりも重いヘッド部分と
そこからほとんど、あるいは全くフロントテーパーを持たず、
多くの場合、ティップを接続するためのループが作られています。

そのループに基本的にかなり沈みの速い
シンクティップを接続して使います。

きれいにラインをキャストするというよりも、
重くキャストしずらいヘビーシンクティップと
やはり重く大きなフライをキャストできる
パワフルなラインシステムだといえます。

それぞれのラインの特徴

上でご紹介したように、それぞれのラインの特徴はおおよそ以下の通りです。

  • スカンジ

スムーズなキャストが得意。

非常に重いシンクティップやフライをキャストすることにはあまり向かない。

  • スカジット

通常ではキャストしづらい非常に重いシンクティップやフライを楽に、効率的にキャストすることができる。

小さいなフライを静かでデリケートにプレゼンテーションすることには不向き

進化するシューティングヘッド

スカンジとスカジットの中間

上で説明した通り、スカンジとスカジットでは
それぞれ相反するような特徴があるのですが、
近年ではそれら双方のメリットを取り入れたような、
中間的なタイプのラインも登場しています。

これらのラインは、汎用性にたいへん優れたラインだといえます。

マルチデンシティ

湖の釣りなどでもそうですが、
大きく重い流れでのスウィングさせて釣る場合などでは、
フローティングラインだけではもちろん
十分対応できません。

どうしてもシンキングラインが必要になります。

これらのラインが開発された当初は
単純なシンクティップ、あるいはフルシンクライン
しかありませんでした。

ですが近年では、
2種類、あるいは3種類の異なったシンクレートを
組み合わせたマルチ・デンシティのラインなども現れ、
よりきめの細かい対応ができるようになってきました。

シューティングヘッドを使ったラインシステムは、
いくつかのデメリットはあるものの、
それを補って余りあるメリットがあり、
今後ますます多くの釣り場で主流となりつつあります。

とりわけスペイキャスト用のシューティングヘッドの発展は目覚ましく、
まだまだ進歩していくことと思います。

シューティングヘッドを使ったラインシステムや
それを使った釣りやキャスティングなどについて
ご不明の点などありましたら、
お気軽にお尋ねください。

また、フライキャスティングやフライフィッシングの
レッスンなども随時行っていますので、
それについてのお問い合わせなども下のフォームから
お知らせください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    電話番号

    題名

    メッセージ本文

    ファイルを添付(サイズ10MB以内、jpeg、png、gif、pdf形式が送信可能です)

    に投稿

    千歳発のガイドサービス


    千歳で活躍中のフライフィッシャー

    長年千歳を拠点として活躍しており、トーナメントキャスティングにも精通。

    雑誌などにも寄稿している凄腕フライフィッシャーが今年、ガイドを開業しました。

    北海道フライフィッシングガイド フライハイ

    がそれです。詳細はこちらをクリックしてください。

    千歳近郊でフライフィッシングを楽しみたい方、是非ご利用ください!

     

    に投稿

    9月スクール追加情報



    9月に開催予定のスクール、2日8日の飛騨源流のドライフライフィッシングに続いて15、23日に天竜川でのスペイフィッシングを行います。

    2日の飛騨スクールは定員に達し、あとはキャンセル待ちでの受付となりますが、8日の飛騨とこの天龍川についてはまだ空きがあります。

    スクールの詳細はこちらをクリックしてください!

    に投稿

    北海道十勝ツアー


    最盛期を迎える7月の十勝

    その十勝へのスペイフィッシングツアーを行いたいと思います。

    開催日は7月19(木)~22日(日)。

    十勝の本流のトラウトの釣りを存分に楽しみましょう。

     

    これは本流の魚ではありませんが、一昨年十勝の渓流で釣ったイワナです。

    2018年十勝フィッシングツアー

    の詳細は上のリンクをご覧ください。

    に投稿

    O-REX ZEUSブランク、少量入荷!


    O-REX最大、最強モデル

    ヴィルトーゾ・シリーズZEUS。

    競技者を中心にその高いパフォーマンスを認めていただいています。

    永らく在庫を切らしていましたが、今回少しだけ…タイプA(ハードタイプ)1セット分だけですが…入荷しました!

    これがなくなると暫く入荷の見込みがない商品です。

    ご購入を検討されている方、是非この機会に…当然のことながら、早い者勝ちとなりますので、よろしくお願いいたします!

    に投稿

    ブログにキティマット釣行2018をアップしました。


    今年のキティマット・フィッシングツアー

    ”小さなトラブルやハプニング”などはありましたが、今年2018年もカナダ、キティマットリバー・フィッシングツアーも無事?終了しました。

    今年は天候が不順だったためか、昨年と比べるとスローではありましたが、楽しいツアーとなりました。

    キティマット・フィッシングツアーの詳細はエキサイトブログにアップしていますので、ご覧ください。

    [SlideDeck2 id=4870]

     

    に投稿

    第3回目の天竜川スクールを行います。


    解禁から素晴らしいコンディションの魚が釣ている天竜川南信地区。

    しかしながら、そのストックは多いとは言えず、なかなか結果を出せず”苦戦”されている方も多いようです。
    名古屋市在住のSさんもそんな釣り人の一人。
    フライフィッシング歴約40年。
    ベテラン中のベテランの彼も、解禁当初からことあるごとにこの川を訪れるものの、その釣果は芳しくない状態が続いていました。
    そんなSさんでしたが、遂に今週やってくれました!

    体長57㎝、当人にとってもレコードとなる、丸々と太った堂々の本流岩魚。

    そんな、なかなか釣れないけれど、釣れれば素晴らしい魚が釣れる天竜川で

    第3回目となるスクール&ガイド

    を行いたいと思います。

    皆様を釣り場へご案内するのと併せて、必要に応じて私なりのメソッドをご紹介させていただきます。

    また、この日はカナダ、キティマットリバーツアーから帰って間もないので、その時のお話などもできるかと思います。

    よろしくお願いいたします。

    [SlideDeck2 id=4870]

    に投稿

    天竜川スクール&ガイド開催日変更のお知らせ



    今週の雨と急激な気温上昇に伴う増水のため、今週末に予定していた天竜川スクール&ガイドは翌週に延期します。

    まだ人数に余裕がありますので、よろしくお願いいたします。

    に投稿

    天竜川スクール&ガイド、2018年第2弾を行います!



    天竜川でのスクール&ガイドの第2弾を行います!

    詳細はイベントのリンクをご覧ください!