に投稿 コメントを残す

2016年、最初の天竜川


2016年、天竜川の解禁日の3月16日は、生憎の増水のため、予定していた釣行を断念。

翌、17,18日での釣行となった。

いくらか水量は減ったものの、まだ水位は高く、濁りぎみではあるが、釣りができないほどではないため釣りを敢行。

例によって、アンパラ山本さんと、ボランティアながら凄腕ガイドのFさんに案内していただいての釣行。

この日はこのお二方が仲良く1バラシのみにて終了。

翌日は名古屋からSさんとワチェット鈴木さんが合流。

やはりお二方に案内していただきながら、3人で釣りをすることに…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は残念ながらノーバイト。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本格的に釣れだすのはもう少し先なのか?…という思いを残しながら、今回の釣りは終了。

後日談。

今回の釣行の2日後、地元ルアーマンのUさんが見事なイワナを釣り上げ、フライではMさんがホウライマスを。そして今回もガイドをしてくれたFさんはナント、3本も釣り上げたとのこと!!!

タイミングが悪いのか、それとも…イヤイヤ、それは考えたくない…。また近いうちに…。

この日のタックル

Rod:O-REX Virtuoso Spey Circus 12’0″ #6/7

Line: Nextcast Coastal F1 #6/7 550gr+ Sink Tip 10′ S-6 & S-8

Flies: Original Tube Fly and String Leech Nymph

今回、新入荷のNextCast CoastalのF1(フローティングボディに、インタミの中間部のショート・シューティングヘッド)を使用してみた。

#6/7で550grというスペックは「チョット重くないか?」と思ったものの、思ったほど重いとは感じない。むしろこの重量はバックスペースがタイトでしっかりとバックループが作れないような状況でも必要な負荷をロッドにかけやすく、たいへん使いやすい。また、ティップへと続く中間部がインタミのため、10ftのシンクティップでは沈み切らない、もしくはすぐに流れに押され、浮き上がってしまうと思える場所でも必要な深度を保て、また10ftのシンクティップのキャストしやすさは損なわないため、この点もひじょうに都合が良い。

残念ながら、現在在庫が全て切れてしまったが、また近いうちに入荷予定。

是非皆様もお試しあれ…。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です