に投稿 コメントを残す

ドライフライの釣りが楽しい季節


夏のような暑い日が続いたかと思えば、
急に寒い日になったりと、
なかなか天候が安定しない状態が続いています。

しかし、それでも季節は確実に進んでおり、
ぼくが住んでいる中部地方でも
本流、支流を問わず、
ドライフライでの釣りが
”絶好調”との情報が入ってきています。

陽気に誘われて、1泊で出かけてしまいました(;^_^A

そんな話を聞いて、
いてもたってもいられず、
思わず”ふらっと”出かけてしまいました。

しかも1泊で…(;’∀’)

期待した本流のライズは不発(´;ω;`)

今回の釣行では、
自分用に新しく作ったロッド、
CTS アフィニティX 9ft #5を
試したかったというのもありました。

そんなこともあり、
本流筋で、ライズしている魚を
狙う目的で出かけました。

しかしこの日は
あいにくのドピーカンの夏日。

それが災いしてか
(勝手にそう思っているだけかもしれませんが…(;’∀’))
ともかく、ライズは不発。

それではと、谷の釣りに切り替え

「これ以上ライズを待っても、
望みは薄いだろう」と、
見切りをつけ
ロッドを♯2に持ち替え
谷に入ることにしました。

かなり久しぶりに入った川で、
状況がどうなっているのか
全く情報がないまま入ったのですが、
魚の反応は上々。

餌をたっぷりと食べて、
丸々と太ったアマゴに癒されました。

2日目は場所を変え、また本流筋に…

2日目はもう少し移動して
別の水系を釣ることにしました。

9ft#5のロッドでは、
少しオーバースペックかな?

と思いながらも、
場所によっては、
それなりに遠投も必要が
場所もあったし、
何よりも、このロッドを
もう少し試したかったので、
これを使うことにしました。

ここでも魚の反応は
すこぶるよく、
しかも、やはり餌を飽食した
最高のコンディションの魚ばかり!

すっかり、無邪気に釣りを楽しんでしまいました( ´艸`)

”魚たちのコンデションは上々。まだまだこれからが楽しみです!

まだしばらくはこのような
良い状態が続きそうです。

そして、やがて来るであろう梅雨が明けたら
この魚たちはさらにサイズもコンデションも
上がり、最高の釣りができることが
予想できます。

まさにこれからが楽しみです!

この日使用した道具たち

この日使用したタックルをご紹介しておきます。

ロッド

まずは、何と言ってご紹介したいのが
ロッドです。

新しく扱はじめたCTS。

それのアフィニティXというシリーズです。

これは、単一方向に並べられた
高弾性カーボン繊維を、
コアとしてらせん状に巻いて
強度と剛性を上げ、
さらにその上に縦方向に
配列して、素早いリアクションと、
高い感度を持っている、
軽量で、ファストアクションのロッドです。

このロッドを使ってまず感じたことは、
実に素直に、ピンスポットに
フライを届けることができることでした。

遠くのターゲットを狙っても、
捻じれ感などを感じることなく、
途中で”ぐしゃり”とつぶれるような
感じもない、剛性感があり、
安定したフィーリングでキャストすることが
できました。

また、リーダーだけをキャストするような、
超近距離でも、正確なキャストができました。

キャストの感触も、実に良い感じです。

ファストアクションのロッドにありがちな
ピンピンと跳ねるような感触もなく、
それでいながら、長いラインをキャストしても
曲がりすぎることなく、
”シッカリと耐える”剛性感は
たいへん好感が持てます。

ライン

このロッドに合わせたラインは、
バリスティックのプロパフォーマンス#5
を使いました。

ロングベリーなので、
長いラインでもコントロールしやすく、
ロールキャストや
スペイキャストも快適に
こなすことができるラインです。

バッグ

バッグは、
ネルエピックのオリジンチェスト。

必要な小物をコンパクトに
まとめることができる、
たいへん軽快なバッグです。

これに別売りの
ショルダーハーネスと
セットで使用しました。

ベルト

ウェーダーに装着する
ウェストベルトは、
快適な釣りをするために
結構重要なアイテムかもしれません。

このベルトがしっかりしたものだと、
重量のかさむ飲料水や、
ウェーディングスタッフなどを
装着することができ、
その重量を気にする必要がありませんし、
ウェーダーが下に垂れ下がって
足を上げづらくなることもなく、
運動がしやすいものです。

ボトルホルダー

ぼくはこのウェストベルトに
ネルエピックのボトルホルダーを
着けて使用しています。

スマートフォンケース

ぼくは、これまでこの手のものを
使用したことはなかったのですが、
使ってみると、
たいへん便利なことに気が付きました。

これをショルダーストラップや
ウェストベルトに装着して使うのですが、
すぐにスマートフォンを取り出すことができるので、
写真撮影や、地図や時間の確認などに
便利なのです。

しかもネルエピックのこのケースは
ファスナーのほかに
ベルクロで止めるフラップがついているので、
ファスナーをしめなくても、
不用意にケースから落ちる心配がないことも、
優れた点だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。