に投稿 コメントを残す

【要確認!】FFIのキャスティングインストラクター試験に変更が。


2021年1月から、
FFIが運営しているキャスティングインストラクター試験に変更が加えられます。

今回変更されるのはTHCI。
つまり、スペイキャストを主とした
ツーハンドのインストラクターです。

これまでのツーハンドインストラクターの試験は1種類のみでした。

それが2種類のカテゴリーに分けられます。

これまでのTHCIは、
その試験内容が
主にミディアム~ロングベリーのラインを使うことを主体としており、
これは今後THMCI(Two Hand Master Casting Instructor)
としてカテゴライズされます。

今回新しく加えられるのは、
THMCIの前段階としてのカテゴリーで、
その試験はもっと短いベリーのライン、
スカンディやスカジットラインを中心とした
ものとなります。

そして、
2021年1月以降は、
THMCIの試験を受けるには、
その前にTHCIの試験をパスしなければ
受けることができなくなります。

FFIとは

ここで、このインストラクター公認プログラムを
主宰している団体である
FFIについて簡単にご説明しておきます。

FFIとはFly Fishers Internationalの略で、
1964発足のアメリカを拠点にする、
フライタイイングや、キャスティング、自然保護など、
フライフィッシングに関するあらゆる面を、
全世界に向けてサポートする団体です。

旧名称はFFF、
Federation of Fly Fishers。
古くからフライフィッシングをされている方には
こちらの名称のほうがなじみがありますね。

この団体のホームページリンクもご紹介しますので、
ご興味のある方はご覧ください。

こちらです。

FFIが公認するインストラクター

ここで、FFIが主催している
キャスティングインストラクター公認プログラムについて説明します。

これは、Casting Instructor Certification Prgramの頭文字をとり、
CICPと呼ばれています。

そして、そのインストラクターは、
現在のところ、以下の3つのカテゴリーに分けられています。
それぞれのカテゴリー別に試験が設けられ、
これにパスすることで、その資格が与えられます。

CI

最も基本的なインストラクター。
おもに、シングルハンド・オーバーヘッドキャストのインストラクターです。

すべてのインストラクターは、まずこの資格を得てから、
必要とあれば、別のカテゴリーのインストラクターの試験を受験します。

MCI

CIの上位に位置するインストラクターの資格です。

CIよりも高いキャスティング技術や知識が要求され、
キャストの種類も、オーバーヘッドだけでなく、
スペイキャストなどに対する知識や技術が必要となります。

また、キャスティングだけでなく、
釣りに関する知識や、釣り場でのエチケット、
インストラクターとしての心構えやその他、
人格や、コミュニケーション能力など
多くのものが求められます。

THCI

ツーハンドのキャスティングインストラクター。

これまではツーハンドのインストラクターについては、
このカテゴリーのみでした。

この資格を得るための試験は
たいへん厳しいものでした。

求められるものはMCIとほぼ同等で、
技術試験での項目の多さから、
MCIよりもタフだと言われていました。

そのため、これにつながる”入口”とも言える、
シングルハンドのCIに相当するカテゴリーが必要なのではないかと
いう意見が多くありました。

各インストラクターの試験については別記事でも書いていますので、
ご興味のある方はご覧ください。

こちらです。

新THCIテスト内容

その、今回新しく導入される
ツーハンドインストラクターの
入口ともいえる、
新THCIのテストの内容をご紹介します。

試験はパフォーマンステスト、
ティーチングスキルと間違いの修正、
それから口答試験が行われます。

そのうち、パフォーマンステストの内容は
だいたい以下のようなものです。

イクイップメント

テストで使用されるロッドやラインなどは以下の通りです。

・ロッド

長さ14ft以下であること。

・ライン

一般で入手可能な製品であること。

フローティングラインは30ft以上のヘッド長の物を推奨。
ランニングライン一体型でも、
シューティングヘッドを接続するタイプでも
どちらの使用も可。
ただし、ランニングラインは
コーティングしたタイプのものを使用すること。
(モノフィラメントは不可)

シンクティップはシンク部分が10ft以上で
シンクレート6-7ips(タイプ6、8あるいはそれ以上)
であればマルチティップのシューティングヘッドでも
ループtoループ接続の物でも、
あるいはスカジットシステムでも使用可。

・リーダー

フローティングラインには10ft以上の長さが必要。
シンクティップに関しての制限は無し。
リーダーの先端には見やすいヤーンなどをフライとして使用。

実技試験は
・ツーハンドキャスティングの基本
・フローティングライン・タスク
・シンクティップライン・タスク

ツーハンドキャスティングの基本

先ずはツーハンドキャスティングの
基本的なものについての試験です。

オーバーヘッドキャスト

1. オーバーヘッドキャストの用途の説明。

2. 65ft以上の長さのラインを右手側で、ナローループを作る。

3. 2と同じことを左側で行う。

4. ループサイズについての説明とデモンストレーション

5. テーリングループについての説明とデモンストレーション。

6. シュートして85ft以上投げ切る。

ロールキャスト

1. ロールキャストの用途の説明。

2. 右手側でのスタティック・ロールキャスト(デッドラインのロールキャスト)
シュートしないで65ft以上の距離を投げる。

3. 左側で2.と同じことをする。

スウィッチキャスト

1. スウィッチキャストの用途の説明。

2. Dループで65ft以上のラインをシュートしないで、
左右の側で投げる説明とデモンストレーション。

3. Ⅴループで2.と同じことをする。

4. 右手側でシュートして85ft以上投げ切る。

5. 左手側で4.と同じことをする。

6. パイルドアンカーについての説明とデモンストレーション。

フローティングライン・タスク
シングルスペイ

1. シングルスペイの用途の説明。

2. 右側で45度の角度変換を伴うキャストのデモンストレーション。
距離は65ft以上。シュートはしない。

3. 右側で45度の角度変換。
シュートして85ft以上を投げ切る。

4. 左側で2.と同じことをする。

5. 左側で3.と同じことをする。

6. 2.あるいは4.と同じことを90度以上の角度変換で行う。
どちら側で投げるかは問わない。

7. 想定したフォワードキャストの方向よりも、
アンカーポイントが下流すぎる場合を説明し、
デモンストレーションをする。

8. 想定したフォワードキャストの方向よりも、
アンカーポイントが上流すぎる場合を説明し、
デモンストレーションをする。

9. ブラッディLが起こる原因となる、
不適切なアンカープレースメントについて説明し、
デモンストレーションをする。
これがキャストに与える影響も説明。

スネークロール

1. スネークロールの用途の説明。

2. 左側で90度の角度変換。
シュートせず、65ft以上投げる。

3. 2.をシュートして85ft以上の距離で行う。

4. 2.と同じことを右側で行う。

5. 3.を右側で行う。

6. タイミングが良くない場合を説明し、実演する。

ラインマネージメント

1. ラインをシュートすることについて説明。
ラインをリリースるのはいつが適切か?

2. ラインをシュートする時の、
ラインの取り扱いについて説明。

3. メンディングについての説明。

シンクティップライン・タスク

ここからはシンクティップラインを使用しての
実演と説明になります。

ダブルスペイ

1. ダブルスペイの用途の説明。

2. 左側で90度の角度変換。
シュートして85ft以上投げ切る。

3. 右側で2.と同じことを実演。

4. 45度の角度変換を65ft以上の距離で実演。

5. リフトと最初のラインポジショニングが終了した時の、
アンカーポイントの適切な位置はどこか?
また、なぜそうなのかの説明と実演。

6. ブラッディLになる原因となるアンカープレースメントについて
説明し、実演する。
それはキャストにどのような影響を与えるのか?

7. 6ft程度の少ないバックスペースでのキャストを
説明し、実演する。

スナップキャスト

1. 右側で90度の角度変換を伴うスナップT、
もしくはスナップCを、
シュートして85ft以上の実演をする。

2. 左側で1.と同じことを実演する。

3. 45度以下の角度変換をシュートして85ft以上のスナップT、
もしくはスナップCを実演する。

その他のシンクティップライン・タスク

1. ペリーポークとは何か?
いつ、なぜ、それが使われるのか?
シュートして85ft以上を投げ切る実演をする。
左右どちらで行うかは、試験官が選択する。

2. シュートして85ft以上を投げ切るシングルスペイを実演する。
左右どちらで行うかは、試験官が選択する。

3. スカンディとスカジットシステムでキャスティング・スタイルを
変える必要性について説明する。

4. オフショルダー(カックハンド)のダブルスペイもしくはスナップキャストを
シュートして85ft以上を投げ切る。
左右どちらで行うかは受験者が選択できる。

新しいTHCI、THMCIの試験の詳細は下のリンクをご覧ください。
オーラルテスト、つまり口答試験の
例題も併せて載っていますので、
ご参考にしてください。

ただし、この口答試験は、
この中かから抜粋して、
つまり、必ずこの中から出題される
というものではありません。
あくまでも”こんな感じ”の
質問がされるのだと思っておいてください。

どんな質問が来ても
動揺せず、冷静に、よどみなく
答えられるようにすることが肝心です。

*注意:英文です。

リンクはこちら

この変更による影響

これまで、あまりにも難しいと言われ続けていた
この、ツーハンドインストラクターの試験ですが、
これの前段階のカテゴリーを設定することで、
その窓口がより広がります。

この、ツーハンドインストラクターの試験は
それができる試験官の数も少なく、
日本だけでなく、世界的にも試験回数そのものも少ないので、
ツーハンドインストラクターを目指して、
試験の準備を始めても、
なかなか試験を受けるチャンスそのものが少なく、
そのうえ相当な難易度だったため、
試験にパスできる人は、
本当に少なかったのですが、
今回のTHCIの設定により、
インストラクターへの間口が広がり、
段階を踏んでステップアップできるので、
より健全なインストラクターの育成が可能になります。

最後に

今回のCOVID-19の影響で、
今年は日本でも開催が予定されていた
インストラクター試験も
残念ながら中止になってしまいました。

インストラクターになろうと、
準備を進めていた方たちは
どうか、モチベーションを維持し、
次の試験に備えていただきたいと思います。

そうでない方も、ご興味がわいてきたら、
実際に試験を受けなくても、
そのための練習を積むだけでも、
そうとうに得るものがあるはずです。

是非トライしてみてください。

時折インストラクターが集まり、このようなワークショップを開催して、キャスティングやティーチングに関する新しい知識やテクニックの交換をしています。 写真:池田健二氏

 

お知らせ

インストラクター試験に合わせた個人レッスンなども行っていますので、
ご興味のある方は一度ご覧ください。
キャスティングの個人レッスンはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です