に投稿 コメントを残す

オンラインセミナーを試行します。


今回のコロナの騒ぎで、オンラインでの会議やレッスン、テレビ番組作りなどが急速に普及してきた感がありますね。

それでという訳でもありませんが…。

私どもでも先ずは以下の要領でオンラインセミナーのようなものをやってみようと思います。

日時

先ずは5月28日(木)20:00から、40分程度を予定しています。

内容

今回の内容は「ウェルディングチューブを使ったラインの溶着」にする予定です。

また、内容についてはご要望があれば、お気軽にお申し付けください。今後の参考にさせていただきます。

料金

今回は無料にての開催です。

定員

定員は特に定めていませんが、多数の場合は締め切らせていただく場合もあります。

応募資格

当日、PCやスマホ、タブレットなどでインターネットに接続いただける方で、フライフィッシングを楽しまれている、あるいはご興味のある方でしたらどなたでも。

お申し込み要領

下のフォームにてお申し込みください。お問い合わせや内容に関するリクエスト等もこちらからお願いします。

追って接続用のURLをお知らせしますので、そこから指示に従ってください。
このセミナーはZOOMというプラットフォームを使用しますので、事前にこのZOOMのアカウントを取得していただく必要があります。(お知らせするURLから接続していただければ、まだアカウントをお持ちでなければ登録するための手順が示されますので、それに従っていただければできるはずです。もしうまくいかないようでしたらお知らせください。)

初めてのオンラインセミナーのため不手際等、ご不便をおかけすることがあるかもしれませんが何卒ご容赦のほどお願いします<m(__)m>。

ご参加お待ちしております!

お問い合わせ、お申し込み

に投稿 コメントを残す

ボナンドフライボックス新入荷!


軽くて丈夫、コンパクトでカラフル、しかも水に浮く。
たいへん人気のあるフランス製フライボックス、ボナンド。

そのボナンドのフライボックスの新しいラインアップが入荷しました。
これまではフラットのフォームのみだったのですが、

こちらが従来よりあるフラットフォーム・タイプ

そして、こちらが今回新入荷のモデルです。

今回のモデルは、このようにフックのポイント側にもドレッシングされている、スタンダードのドライフライや、ウィードガードが付いているパターンでも、フォームによってそれが押しつぶされないようになっています。

これまでのフラットフォーム同様、よろしくお願いします!

に投稿 コメントを残す

パントマイミングその2


先日ご案内した、室内でのフライキャスティング練習の一つ、パントマイミングの動画の2回目をYouTubeにアップしました。

1回目の前回はピックアップ・レイダウンやショートラインでのフォールスキャストといった、比較的ベーシックなストロークの解説でしたが、今回はさらに長いラインでのストロークやホール、シュートといったロングキャストに必要なテクニックについて解説しています。

未だご覧になっていない方は是非ご覧ください!

に投稿 コメントを残す

キャスティング室内練習


Stay Home

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言で、今年のゴールデンウィークはどこにも出かけられず、不自由な連休となってしまいました。おまけに、この緊急事態宣言はどうやら延長される可能性が濃厚になってきてしまいましたね。

もうこれ以上延長されないよう、もうしばらくの間ステイ・ホームでこの難局を乗り切りましょう!

そんな不自由で退屈な毎日に多少なりともお役に立てばと、YouTubeに部屋の中で出来るフライキャスティングの練習の動画をアップしました。

パントマイミング

今回ご紹介したのはパントマイミングというものです。
文字通りパントマイムのように、フライキャスティングの動作をするというものです。
この練習は基礎的なものから、高度なテクニック習得にもたいへん役立つ練習法です。

未だご覧になっていない方は是非一度ご覧ください。

今回はシングルハンド、オーバーヘッドキャストの基本的な動作についてご説明しましたが、もう少しこのパントマイミングの動画を続けてアップしていく予定です。

パントマイミング動画予定

今後の予定は、今回の動画で紹介しきれなかった、ロングキャストに必要なロングストロークやホール、その他今回の動画で説明しきれなかった内容を、その後はツーハンドについてアップしていく予定です。

に投稿 コメントを残す

十勝産原木シイタケ


先日の投稿でご案内した、十勝のガイドが生産している原木シイタケが我が家に到着!\(^o^)/

前回はMサイズを注文。それでも十分な大きさだったんですが、今回は奮発してⅬサイズを…。

圧巻のサイズ!Σ(・□・;)

早速少し味見を…。ちょっと焼いて塩で食してみました。

チョット焼き過ぎたかも…(-_-;)
でも、やはり、抜群に旨い!

味は絶対お勧めです!
もしよろしかったらお試しください。

【送料無料】北海道十勝新得町産原木しいたけ【特選Lサイズ1kg】無農薬/椎茸/野菜
価格: 3,866円
(2020/04/21 23:45時点 ) 感想:2件
【送料無料】北海道十勝新得町産原木しいたけ【特選Mサイズ1kg】無農薬/椎茸/野菜
価格: 3,218円
(2020/04/21 23:46時点 ) 感想:3件
に投稿 コメントを残す

どうなる?COVID-19。


緊急事態宣言

新型コロナウィルス、COVID-19の感染拡大はとどまることを知らず、いまだ収束の兆しすら見えていない状態で、なかなか釣りにも行けないことだと思います。

東京をはじめとするいくつかの地方では国が”緊急事態”を宣言し、私が住む愛知県では緊急事態、お隣の岐阜県では非常事態がそれぞれ県が独自に宣言しました。これらがどれほどの効果を発揮するのかはわかりませんが、一刻も早く収束へ向かってもらいたいものです。

この感染拡大は経済にも深刻なダメージを与えていることは皆さんもご承知の通り。これもどれほどまで拡大し、いつまで続くのかもわからず不安な限りです。

北海道でも事態は深刻

私の友人の中に、関西出身なんですが釣り好きが昂じ、北海道の十勝に移り住んで現在奥様とお嬢様の3人で釣りのガイドをしながら暮らしている人がいます。

彼はガイドと同時に原木シイタケを栽培して、それを収入の柱としているのですが、そのシイタケの売り上げが激減しているとのこと。主に飲食店に卸しているのですが、その飲食店がご存知のように今回のウィルス騒ぎで営業がままならず、注文が全く途絶えてしまっているとのこと。

未だ事態がこれほど悪化する前の事「夏あたりにツアーを…」とお誘いをいただいていたんですが、さすがにこうなってくるとその計画を練ることもままならない状態です。

絶品の原木シイタケ

それならと、せめて彼が作った原木シイタケを購入しようと思い立ちました。

このシイタケの品質は素晴らしく、実がしっかりと締まりジューシーな触感で、味香り共に豊か。地元の飲食店はもちろん、京都の有名料亭にも卸されているそうです。

スーパーなどでよく見かける菌床シイタケと比べると栽培に手間暇がかかり、生産量も少ないため金額はそれなりにしますが、味も香りも全く別物。決して高い買い物ではないと思います。

あなたも、もしよろしければこの丹精込めて作られた北海道十勝産の原木シイタケを試してみませんか?

一つでも多く売れたら彼も喜びます。

そして、もし十勝方面へ釣りに行かれる予定がありましたら、ガイドとして利用していただけるとさらに喜びます!

原木シイタケのご注文はこちら



【送料無料】北海道十勝新得町産原木しいたけ【特選Lサイズ1kg】無農薬/椎茸/野菜
価格: 3,866円
(2020/04/10 00:06時点 ) 感想:2件
【送料無料】北海道十勝新得町産原木しいたけ【特選Mサイズ1kg】無農薬/椎茸/野菜
価格: 3,218円
(2020/04/10 00:08時点 ) 感想:3件

十勝のガイドのご用命はこちら

top

に投稿 コメントを残す

蒲田川解禁の様子をYoutubeにアップしました。


各地の解禁からもう結構日にちが経ってしまいましたが…

私はと言えば、いろいろな事に忙殺され、その後全然釣りに行けていない状態が続いております(-_-;)。

そんなこんなで、蒲田川の解禁の様子をYoutubeにアップしようとしていたのですが、それも遅れに遅れ、ようやく先日アップすることができました。

未だご覧になっていない方は、ご覧いただけたら幸いです。

チャンネル登録やイイネ!もよろしくお願いします<m(__)m>

に投稿 コメントを残す

2ピースの4ピース化


お客様ご愛用の2ピースロッド。ガイドのラッピングが2か所ほど傷んでしまったので、その部分を修理するついでに、これを4ピースにしてほしいとのことで。修理、改造を承りました。

オリジナルのロッドのフェルールがスピゴットだったため、新しく作るフェルールもそれに合わせてこのようになりました。

同時にそれに合わせてクロスバッグとケースも作らせていただきました。

に投稿 コメントを残す

2020年、蒲田川解禁!


2020年、中部地方を代表する渓流の一つ。岐阜県奥飛騨の高原川水系、蒲田川へ行ってきました。

今年は本当に雪が少なく、例年ならこの時期川原には少なからず雪が残っているのですが、今年は全く無し。

更にこの日は特に暖かい日で、なんとなく蒲田川の解禁という感じがしない雰囲気ではありました。

しかし、やはりさすがに人気の高い蒲田川。たくさんの人が訪れ、釣りを楽しまれていました。

この日、私にはなぜかイワナは釣れず、ヤマメばかりの日となりました。

暖かいのは良いのですが、ドピーカンのこの日はドライフライに反応する魚たちの多くは、解禁にもかかかわらず”おっかなビックリ”、かなり警戒気味にフライに出てくる様子。
結果掛け損ないも多く、なかなかにシビア!

虫のハッチも時合になると、それなりにはあるものの、それほど多くはなく、本格的な状況になるにはあともう少しかな?という感じ。

サイズこそそれほど大きいものは釣れませんでしたが、きれいな魚体に心洗われる思いがした1日でした。

蒲田川はこれから本格的なシーズン。

あと少ししたら大型のイワナも顔を出すはず。

しばらく目を離せません!