に投稿 コメントを残す

グラスロッド スピゴットフェルール折れ修理


2ピースのグラスロッド。

スピゴットフェルール、オス部分が折れ、
メス部分に取り残された例です。

幸い取り残されたフェルールは、
無事取り除くことができたので、
折れたオス分の修理だけで済みました。

続きを読む グラスロッド スピゴットフェルール折れ修理
に投稿 コメントを残す

グリップとリールシートの交換


長年の仕様で傷んだグリップとリールシート

長年の使用ですっかり傷んでしまった
グリップとリールシートです。

ご覧のように、リールシートには
無数の大きな傷が入り、
グリップはエンド部分の傷みが激しく、
補強のためか、ユーザーの方が
スレッドを巻き、
何かでコーティングされていました。

今回のご依頼は…

今回のご依頼は、
その傷んだリールシートを
新しいものと交換して
グリップは、痛みが激しい
後ろの部分だけを
付け替えたいということでした。

出来上がりはこんな感じになりました。

グリップのほとんどの部分は、
オリジナルのままです。

ただ、その部分も
コルクのピット(穴が開いた部分)は
パテで埋め、表面を少しサンディングして、
新しく下部分と質感を合わせました。

お問い合わせ

ロッドの修理や改造、
カスタムビルドは下のフォームから
お気軽にお問い合わせください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お電話番号(必須)

    題名
    [ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

    メッセージ本文

    画像など(サイズ10MB以内、jpg、png、gif、pdf形式が送信できます)

    に投稿 コメントを残す

    フライロッドティップ折れ修理


    先端から20センチほどが折れたフライロッド

    フライロッドのティップ、
    先端から20センチほどが折れてしまったロッドの修理です。

    この位置だと、折れた部分にトップガイドを
    取り付けて使うには下すぎる。

    つまり、この部分では硬すぎて、
    とてもフライロッドとしては
    使い物になりません。

    幸い折れた部分は紛失しておらず、
    この部分をつなぎ合わせれば、
    再び使うことができます。

    修理方法の概要

    今回の修理の仕方は、
    だいたいこんな感じです。

    折れた部分の内側から補強するために、
    内径に合うようにソリッドのグラファイトを
    削り出し、それで接続。

    つまり、極細のスピゴットフェルール
    のような感じでつなぎ合わせました。

    そして、その上から
    グラファイトの繊維を巻き付け
    接合部が割れないように補強して、
    エポキシ樹脂でかためました。

    できあがりはこんな状態

    仕上がりの感じはこんな感じです。

    出来上がりの曲がりはこんな感じ

    出来上がったロッドの曲がりを確認するために、
    軽く曲げてみました。

    お問い合わせはこちら

    大切に使っていたロッドが折れてしまった。

    でも、もう生産中止で、メーカーも修理してくれない。

    大事にしていたロッドだから、
    なおるものなら、直して使いたい。

    そんなロッドをお持ちでしたら、
    下のフォームからお問い合わせください。

      お名前 (必須)

      メールアドレス (必須)

      お電話番号(必須)

      題名
      [ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

      メッセージ本文

      画像など(サイズ10MB以内、jpg、png、gif、pdf形式が送信できます)

      に投稿 コメントを残す

      【ロッドの修理】痛んだロッドグリップの交換


      長年の使用で、
      すっかりすり減って、痩せて、
      そして汚れてしまったグリップ。

      これを新しいコルクに交換してほしいとのご依頼をいただきました。

      通常このような場合、グリップよりも上にあるガイドや
      ワインディングチェックなどのパーツを一旦取り外し、
      新しいグリップを取り付けます。

      ですが、今回はグリップ以外のパーツは
      外すことなく、コルクリングを接着し、
      それを成形する方法をとりました。

      こんな感じに仕上がりました!

      あなたも、使い込んだロッドのグリップが
      痛んできて、交換したいとお考えでしたら、
      下のフォームからご相談ください。

        お名前 (必須)

        メールアドレス (必須)

        お電話番号(必須)

        題名
        [ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

        メッセージ本文

        画像など(サイズ10MB以内、jpg、png、gif、pdf形式が送信できます)

        に投稿 コメントを残す

        傷んだリールシートの交換


        長年使いこんで、傷みが激しくなったリールシートのコルク製スペーサーを、耐久性に優れたもっと硬い木製に交換、リングやポケット等金具部分はできればそのまま使いたいとのご依頼がありました。

        手持ちのウッドスペーサーでは少し径が太くリングにサイズが合わなかったので、少し削り交換することに…。

        仕上がりはこのような感じに。

        表面の仕上げは木目の風合いを残すように、オイルフィニッシュにしてみました。

        このほか、様々なロッドの修理、改造組み立てを承ります。

        お問い合わせ、お申し込みには下のフォームをご利用ください。

          お名前 (必須)

          メールアドレス (必須)

          お電話番号(必須)

          題名
          [ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

          メッセージ本文

          画像など(サイズ10MB以内、jpg、png、gif、pdf形式が送信できます)

          に投稿 コメントを残す

          ロッドティップ修理


          フライロッド、ティップの極先端部分が折れたので修理をというご依頼がありました。

          これまでは折れたロッドのパーツを接続する時、通常折れた部分の外側からそれを被せるように太めのブランクを挿入して接続していました。

          その方法は、接続部分の強度に優れており、バットなど太い部分には良いのですが、ティップ等繊細な部分では上の写真のように太さが目立ってしまい、見た目にも違和感が大きく、ロッドの曲がりにも大きく影響してしまいます。

          そこで、今回はやり方を少し変えてみました。

          写真ぼけてしまいすいませんm(__)m。

          折れた部分の内部にそれに合うように加工したソリッドのグラファイト棒を挿入。ティップ側もピタリと収まるように削り出し挿入して接着しました。

          このような感じになりました。

          これだけでは強度的に問題があるので、グラファイト繊維を巻き補強、その後表面を研磨して均し、バーニッシュで仕上げました。

          このようになりました。

          見た目にかなりすっきりしたものになりました。

          また曲りもよりスムーズになりました。(出荷前に写真を撮るのを忘れてしまいました…(-_-;))

          に投稿 コメントを残す

          グリップ部分が折れたロッドの修理


          転倒した際その上に乗ってしまい、グリップ部分から折れたロッドの修理です。

          今回の修理は、これまでのグリップやリールシートはできるだけそのまま残すことにしました。

          そこで、この折れた部分のコルクを1つだけ外し、ブランクの接続は別の短いブランクを差し込み、同時にコルクを外した部分に新たなコルクを差し込み接着しました。

          これは折れた部分にそれに合う径のブランクをプラグとして挿入したところ
          バット側にもこのプラグがちょうど入るように加工して挿入するとこの様になります。
          ブランクとコルクを接着した状態

          この状態からコルクを整形していきます。新たに接着したコルクと、それまでのグリップとの見た目の違和感をなくすために旧来のグリップも少しだけ削り、新しい地の色を出しました。それと同時にピット(コルクにある穴の部分)を埋める加工もしておきました。

          これでほぼ新品のようなグリップになりました。

          この他、様々なロッドの加工や組み立て等行っております。

          先ずはお気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら

            お名前 (必須)

            メールアドレス (必須)

            お電話番号(必須)

            題名
            [ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

            メッセージ本文

            画像など(サイズ10MB以内、jpg、png、gif、pdf形式が送信できます)

            に投稿 コメントを残す

            フライロッド3ピース、スピゴットフェルール折れ


            3ピースのフライロッド、#2セクションのスピゴットフェルールのオス部分が根元から折れ、#1セクションの内部に残った例です。

            #1セクション内部に残された、折れたフェルールは運よくすんなり抜くことができました。おそらく使用中にフェルールの接続部が緩んで折れたのだと思います。フェルールが折れるのは、このように使用中にフェルールが緩んでいることに気が付かず使い続けることが原因になることが多いようです。

            問題は#2セクションの折れた雄部分の処理です。この部分は本体のブランクにフェルールが接着されているため、容易には抜けません。そこで、本体のブランクを傷つけないよう慎重にドリルで掘り進めることにしました。ドリルは細いものから始め、少しづつ太いものに付け替え行いました。

            首尾よくブランク内部に残されたフェルールを取り除くことができたので、代わりのフェルールになるパーツを接着。念のため外側からカーボン繊維を巻いて補強後、スレッドを巻きバーニッシュで仕上げました。

            見た目にも違和感なく、強度的にも安心できる状態に仕上がりました。
            に投稿

            スピゴットフェルールの破損修理とバットエンドのインターチェンジャブル加工


            ソルトウォーター用、9’#12、4ピースのロッド、#2セクションの雄フェルールの破損修理のご依頼がありました。

            破損個所はスピゴットフェルールの雄部分の根元。折れた部分をドリルで慎重に掘り下げ、別のソリッド・ブランクを挿入、接着しました。

            それと同時にバットエンドを通常のファイティングバットと、長いツーハンドのローアーグリップの様なものに交換できるよう加工しました。

            に投稿 コメントを残す

            車のドアに挟んで折れたロッドの修理


            車のドアに挟んで折れてしまったロッドの修理例です。

            今回のご依頼のロッドは、2ピースのロッドのティップセクションが3か所、つぶれるように折れていました。

            今回のロッドは破損個所が多く、ドアに挟まれて潰れたので折れた範囲も長かったため、少々修理し太くなった部分が目立ちますが、アクションなどには問題ない状態にできたと思います。