に投稿 コメントを残す

ドライフライの釣りが楽しい季節


夏のような暑い日が続いたかと思えば、
急に寒い日になったりと、
なかなか天候が安定しない状態が続いています。

しかし、それでも季節は確実に進んでおり、
ぼくが住んでいる中部地方でも
本流、支流を問わず、
ドライフライでの釣りが
”絶好調”との情報が入ってきています。

続きを読む ドライフライの釣りが楽しい季節
に投稿 コメントを残す

蒲田川解禁釣行


毎年の恒例。

今年も3月1日の蒲田川解禁に行ってきました。

久しぶりの雪の中の解禁

今年は各地で雪が多く、
奥飛騨地方もその例にもれず、
久しぶりに雪の中での釣りとなりました。

なぜかハッチが少ない

ご存じの方も多いと思いますが、
この蒲田川は、豪雪地帯にもかかわらず、
温泉地帯を流れているため水温が高く、
解禁からドライフライの釣りが楽しめる渓流として
たいへん人気のある川です。

解禁当初は、
フタバやシロハラなど
コカゲロウの類のハッチが
大量に起こり、
使うフライも、当然そのイミテーションを
意識したものが実績があります。

例年だと、
サイズ的に#16~#20前後が
主体となるのですが…

今年の解禁日は、
ハッチの量が今一つ。

そしてサイズは
1まわりも2まわりも小さい。


ハッチの量も、サイズももう一つの状態でした。

そして、魚のサイズも…

そして、肝心の魚のサイズももう一つ。

数こそ、そこそこ釣れたものの、
こちらももう一つ。

でも、少し水が出たら…

この日の天気は、
曇りから雪に変わるという状態で、
釣りの条件としては
それほど悪いわけではないにも変わらず…。

ただ気になったのは
水位がかなり低いことでした。

おそらくそれが原因しているのではないかと思います。

この後少し水が出たら、
事態は好転するのではないかと
期待しています。

解禁から半月経って。

解禁から約半月経った現在。

やはり状況は次第に好転しているようです。

ハッチは種類も量も多くなってきており、
魚の反応も良くなってきています。

イワナは尺ものも混じり始めているそうです。

毎年四苦八苦している、
確定申告も済んだことだし、
そろそろまた行かなくては…( ´艸`)。

に投稿 コメントを残す

【2022年】シーズン到来!


2月中盤を過ぎて、いろいろな河川が解禁。

今年もいよいよ本格的にシーズンが開幕されました。

解禁…ぼくの場合

ここ何年かというもの、ぼくはだいたい以下のような感じで
解禁を迎えています。

  • 2月1日 長良川中央
  • 2月16日 天竜川
  • 3月1日 蒲田川

今年はこれに加えて、2月7日の寒狭川が新たに加わりました。

2月1日:長良川

2月1日、今シーズン最初の解禁もやはり、例年通りの長良川から。

正確に言えば、長良川本流ではなく、その支流だったのですが…。

最初はなかなかライズが始まらず、苦戦が予想されましたが、
結構数も釣れ、久しぶりにシラメも混じってなかなかな滑り出しでした

…なぜかぼくのフライにかかったのはアマゴばかりでしたが…(´;ω;`)

同行の”Aちゃん”も久しぶりのシラメにご満悦。

2月7日:寒狭川

続いての解禁は寒狭川。

今シーズンから設定された、話題の「塩瀬ベース」に行ってきました!

ここでは、今年から釣法別にゾーニングされたキャッチ&リリース区間が設定されて、
今後が楽しみに釣り場になりました。

途中、ケンキューブの杉坂研治さんとバッタリお会いし、しばらく一緒に釣りをさせていただくことに…

そして、今年も本流のスペイフィッシングは、やはりここから…

そして、2月16日。

本流の解禁はやはり例年どおり、天竜川南信地区へ。

今年の天竜川解禁は寒さが厳しく、かなり厳しい釣りとなりました。

行きの道中は雪が降り積もり、直線に車に装着したスタッドレスが大活躍!

…というか、それがなければたどりつけませんでした(;’∀’)。

1日中風は強く、ガイドは凍り付き、
それどころかリールも凍り付いて回らなくなるので
時おり水に沈めて溶かさなくてはならないほどでした。

途中でTさんと落ちあい、
しばらく話をすると、すでに1本釣り上げたとのこと。

魚の反応は悪くない様子。

一緒に釣りをさせていただくことに。

そして、待望のストライク!

いくつかのポイントを回ったあと、
ようやく、待ちに待ったストライクが!

ここのところフッキング率を上げるために
試している方法でフッキング。

しっかりかかったと思い、ファイトするものの
数回のジャンプでラインが緩み、
痛恨のバラシ(´;ω;`)。

…コンナハズデハナインダケド…

そして翌日

翌日はアンパラの山本さんも同行していただき、
3人で釣りをすることに。

この日は前日よりもいくらか暖かいか?
との期待もむなしく、やはり寒い。

濡れたまま車内に放置したウェーダーが凍ってなかなかはけない(;^_^A。

そしてやはり、ガイドとリールは凍り付く。

朝一に山本さんが目星をつけていた第一候補の釣り場は
入った時間が早すぎたか、まさかの不発。

別のポイントへと移動。

ぼくが流した後から…

そして次に入ったポイントでは、ぼくが先行させていただくことに。

この時入ったポイントは流れのスピードがかなり遅く、
それまでつけていたシンクティップでは沈みすぎて、
根がかりしてしまうため、少しづつ軽くしていき、
フライを流す深度を調節しながら釣り下っていきました。

そんな感じでしばらく釣りを続けていると、
後ろで声が…。

見ると、後ろを流しているTさんのロッドが大きく曲がっている。

Tさんは、この時前日アンパラさんで新調したばかりの
#3のスペイロッドを使っていたのです!

見事なコンディションのホウライマスです。

釣果の差…私的考察

後からTさんに聞いてみると、この時使用していたラインのシンクレートは
ホバー~インタミだったとのこと。

勝手な想像ですが…

この差が今回の釣果を分けた一因ではないかと思っています。

つまり、先行者と少し違うアプローチ。
今回の場合はラインのシンクレートが違うという
ことが功を奏していたのかもしれません。

ただ、これはこの1回だけを見て、
単純に沈めなければよかったのかというと、
必ずしもそうとも言えず、いろいろなことが考えられます。

もしかしたら、よく言われるように
先行ののフライで魚の活性が上がり、
次に流れてきたフライをくわえたという見方もできます。

その場合、逆のパターンでも釣れた可能性があります。

つまり、あまり沈まないラインで先行した場合には
それを魚は咥えず、
そのあとに流れてくる、もう少し沈みの早いラインに
ついているフライを咥えたのかもしれません。

いずれにせよ、複数の人数で同じランを釣り下る場合は、
それぞれが少しづつ違うアプローチを試すのが、
効率の良い方法ではないかと思います。

それは時にキャストする距離かもしれませんし、
今回のようにラインのシンクレートを変える、
あるいはフライのサイズやカラーを変えるなどでも
いいかもしれません。

その方がより早く、効率的に正解の1つを導き出すことができると思います。

もちろん正解は1つではないでしょう。

ただ、運良く釣れた時は、それが
その時の正解の1つであることは間違いありません。

そして、それ以降の釣りはそのパターンを参考に
組み立てていくと、安定した釣果につながるのではないでしょうか?

悔しいからってわけではないけれど…

それはともかく。

解禁に釣れなくて悔しかったから…

というわけでもないのですが、
いろいろあって、翌週も出かけてしまいました。

この日も朝から山本さんと一緒に釣りをさせていただくことに…。

それから、今回はスポーツフィッシングをはじめ
様々なアウトドアスポーツのプロフェッショナルの意見をもとに、
それぞれの人が本当に欲しいものを、
熟練の職人の手で、高品質の製品を作っている

国産アウトドアブランド「ネルエピック」
Mさんと、

山岳ガイドでもあり、フィッシングガイドでもあるネルエピックのMさん。

アンバサダーのSさんも同行していただいて、
にぎやかで楽しい釣りになりました。

おかげさまで何とか…

解禁よりもさらに下がった水位のためか、
午前中は魚の反応もなく、昼食をとることに…。

魚は釣れてはいないが、会話も弾み
楽しいひと時。

それでも、せっかく来たのだからと、
気を引き締めなおし、午後の部スタート。

とりあえずランの一番頭の部分から釣り下っていき、
そろそろいい感じの場所に差し掛かったところで、
「コツコッ」と、かすかな感触があり、
「ん?」と思いながら、軽くツイッチで誘ってみると、
それが功を奏したのか、いい感じでラインが引き込まれる。

そこで、先週失敗した”例の”フッキングを試してみると…

今度はしっかりフッキング!

無事取り込むことができました。

丸々とした見事な魚体の本流イワナ!

おかげさまで、先週の”雪辱”を晴らすことができました(*ノωノ)。

今回使用したタックル

ご参考までに、今回ぼくが使用したタックルを
ご紹介させていただきます。

  • ロッド:O-REX ニンブルスペイ メリボラ 11’8″ #5/6
  • ライン:ネクストキャスト トラウトファインダー F1 300グレイン+シンクティップ10ft各種
  • ランニングライン:ビジョン カタパルト フラット 30lb
  • フライ:ストリングリーチニンフ  

に投稿 コメントを残す

【シーズン終盤】久々のイワナ釣り


夏の間、自宅近くの釣り場へクロダイ釣りばかりをしていましたが、
先日、久しぶりのイワナ釣りをしてきました。

なかなかタイミングの合わない天気

例年、それほど多く釣りに行っているというわけではないのですが、
今年は特に、天気のタイミングがなかなか合わず、
なかなか川での釣りが出ませんでした。

「そろそろ川へ…」と思っていると、
ひどい雨が降り、断念することが多かったのです。

仕方がないので(仕方がないというわけでもないのですが…( ´艸`))
雨の影響を比較的受けないクロダイ釣りに…ということが
続いていたのです。

そんな中、久しぶりの渓流釣り

今回も、前々日の台風が通り過ぎたばかりだったものの、
この日は台風一過の良い天気だったこともあり、
地元のAさんに案内してもらって、
久しぶりの渓流釣りを楽しんできました。

Aさんはフライもルアーもやるオールラウンダータイプの釣り師で、
この日は、ご友人から預かったロッドを試したかったこともあり、
ルアーで釣りあがることになりました。

続きを読む 【シーズン終盤】久々のイワナ釣り
に投稿 コメントを残す

蒲田川解禁の様子をYoutubeにアップしました。


各地の解禁からもう結構日にちが経ってしまいましたが…

私はと言えば、いろいろな事に忙殺され、その後全然釣りに行けていない状態が続いております(-_-;)。

そんなこんなで、蒲田川の解禁の様子をYoutubeにアップしようとしていたのですが、それも遅れに遅れ、ようやく先日アップすることができました。

未だご覧になっていない方は、ご覧いただけたら幸いです。

チャンネル登録やイイネ!もよろしくお願いします<m(__)m>

に投稿 コメントを残す

2020年、蒲田川解禁!


2020年、中部地方を代表する渓流の一つ。岐阜県奥飛騨の高原川水系、蒲田川へ行ってきました。

今年は本当に雪が少なく、例年ならこの時期川原には少なからず雪が残っているのですが、今年は全く無し。

更にこの日は特に暖かい日で、なんとなく蒲田川の解禁という感じがしない雰囲気ではありました。

しかし、やはりさすがに人気の高い蒲田川。たくさんの人が訪れ、釣りを楽しまれていました。

この日、私にはなぜかイワナは釣れず、ヤマメばかりの日となりました。

暖かいのは良いのですが、ドピーカンのこの日はドライフライに反応する魚たちの多くは、解禁にもかかかわらず”おっかなビックリ”、かなり警戒気味にフライに出てくる様子。
結果掛け損ないも多く、なかなかにシビア!

虫のハッチも時合になると、それなりにはあるものの、それほど多くはなく、本格的な状況になるにはあともう少しかな?という感じ。

サイズこそそれほど大きいものは釣れませんでしたが、きれいな魚体に心洗われる思いがした1日でした。

蒲田川はこれから本格的なシーズン。

あと少ししたら大型のイワナも顔を出すはず。

しばらく目を離せません!

に投稿 コメントを残す

天竜川解禁釣行記(2020年)


私にとっては毎年の恒例、2月1日の長良川に続き、16日は天竜川南信地区の解禁に行ってきました!

この日は例年にはないほどの暖かさ。いつもならウェーダーが凍ることも珍しくはないのですが…

生憎この日は雨。それも1日。そしてそれが時折激しくなるという気が滅入る釣行となってしまいました。

中には雨の日の釣りは好きだという方もいるかもしれませんが、私としては雨の中での釣りはできればしたくない。

糸は結び辛くなるし、雨が帽子を伝って頭は濡れるし、首筋も冷たくなる。どうして俯き加減になり気がめいってくる。

それでもせっかくここまで来たのだからと、気持ちを奮い立たせ”頑張って”きました。

やはり、私としては―――それが決して釣りには良いコンディションとは言えないとしても―――抜けるような青空の下で釣りをするのが好きなのです…。

…それはともかく。なかなかに厳しい状況ながら2つのストライクがあり、そのうちの1つを何とかモノにすることができました。

サイズはそれほどでもないものの、”プリップリ”の良いコンディションのアマゴでした。

サイズはともかく、キビシイ状況の中、うれしい1尾。

この時の様子は近いうちにYoutubeにもアップする予定です。

PS.今回の釣行で一緒に釣りをした、富山県のドクターである柳下先生がマスクの使い方をレクチャーしてくれましたので、その時の様子をYoutubeにアップしました。

昨今のコロナウィルスの流行やインフルエンザへの対策、これから酷くなる花粉症への対策にお役に立てていただけたら幸いです。

に投稿 コメントを残す

2020年、長良川解禁!


毎年、2月1日は長良川中央漁協エリアの解禁です。

今年もその長良川の解禁に行ってきました!

例年は長良川本流へ行くのですが、今年は支流へ行ってみることに…

現地で仲間たちと落ち合い、ワイワイ・ガヤガヤ…にぎやかに釣りを楽しみました。

”寄る年波”には勝てず、年々極小のミッジフライにティペットを結ぶのがつらくなってきている身にはこんなツールのありがたみを実感します

使うフライは主にCDCを使ったミッジ・パターン。

1匹釣ったらフライは水を含み沈みやすくなってしまうため、こまめな”手入れ”必要です。

私は主にこのフロータントで使ってそれをしています。ティペットに結ばれたままの状態のフライをこの中に入れジャバジャバとすすぎ洗いをするようにボトルをしっかり振ります。フロータントの優れた洗浄力により、フライについた水分や魚のヌル等の汚れを洗い流し、その後ボトルから取り出し、息を吹きかける等して乾燥させます。揮発性が高いため、直ぐに乾きますのですぐに釣りを再開することができます。

この時の様子をYoutubeにアップしましたので、是非ご覧ください。

そして、よろしけばチャンネル登録をよろしくお願いします!