滑りやすい川の強い味方


一部の地域を除いてウェイダー、ウェイディングシューズのソールといえば、今も昔もフェルトが最もポピュラーではないでしょうか。

ゴム製のソールの年々性能が向上してきてはいますが、やはりグリップの信頼度ではフェルトに一歩譲ってしまうのが現状でしょう。

そんなフェルトでも弱点はあります。

泥や粘土質やコケの多い川底ではたいへん滑りやすいものです、そして減りも早い。

それらの弱点を見事にカバーするのがこのアルミチップです。

硬い素材でできたスタッドやその他のすべり止めに比べ、アルミ製のこのチップは川底の石に”シットリ”、”しっかり”と食い込みグリップしてくれます。

また、粘土質の底では、この四角いか配った形状のため、これが食い込みすべり止めとして働いてくれます。

是非この今までにない、新しいスタイルのフェルト用滑り止めをお試しください。

 

カテゴリー: ブログ(Blog) タグ: , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*