に投稿 コメントを残す

YouTubeの動画にドローン導入を検討中


以前から商品紹介用に時々動画をアップしていたYouTube。

今年に入ってから少し真面目にフライフィッシングやキャスティングに関する動画をアップしようと試みています。
とはいっても本気のユーチューバーからすればまだまだ全然🙅…のレベルでしょうが…。

とにかく、今後ますます充実した内容の動画をアップしていく予定ですので、

チャンネル登録していただけると励みになります<m(__)m>。

新たにチャンネル登録してやろうという方がいらっしゃったら、

こちらをクリック

お願いします!
そして、コメントやリクエストなどいただけたら

なおうれしく思います!

ふかんの画がほしい!

以前『スペイキャスト大百科~Various Spey CASTING』というDVDを作ったのですが、その時から思っていたこと、それが

「ふかんの画がほしい!」

ということでした。

フライキャスティング、特にスペイキャストを説明する場合、
横方向からだけでなく、上からの視点もあわせ、3次元で説明する必要性にかられました。

当時はドローンなどというものはなかったか、
あったとしても全然一般的ではなかったので
カメラマンに「橋の上から撮ってくれないか?」
と頼んだところ、あえなく却下。
いわく、「橋の上からだと揺れてブレるからダメ!」
とのこと。

きっとめんどくさいからだろ怒!

と思ったのですが、仕方なく斜め上、少し高いところからの画像で我慢しました。

今にして思えば、不満だらけ、苦渋の選択でした。

今ならできる!

そして時は進み、今は2020年。

ドローンの技術は目覚ましく進歩し、その存在はすっかり一般的とまで言えるものとなりました。

今なら当時”涙をのんで”果たせなかった、

フライキャスティングを俯瞰から撮る!

という悲願を達成することができます!

…ということで、一念発起してドローンの導入を検討しています。

導入するドローンの条件

これまでは漠然と「欲しいな」と思っていただけで、調べてもいなかったのですが、

いろいろ調べてみて、まず最初の1台としては、

以下のようなことを基準にいくつかセレクトしてみました。

重量200g以下

現在ドローンは大別して、重量200g以下とそれ以上のものとに分かれているそうです。

200g以下のものはトイドローンとも呼ばれ航空法上の規制が発生しないので、そのための申請の必要がないなど、規制が緩いので、まずはこのタイプを選ぼうと思います。

カメラの角度が変えられる

真上、あるいはそれに近い角度からの撮影をしたいので、カメラの角度をある程度変えられるものが欲しいと思います。

オートリターン

バッテリ切れ等に備え、元の位置に戻ってくれる機能は欲しいところです。

フォローミ―モード

自撮りが基本なので、自分を追跡してくれる機能があると嬉しいですね。

キャスティング空撮用小型ドローン候補4機種

以上の条件を加味して、4機種候補を挙げてみました。

Holy Stone HS120D

B07H3MN3ST
Holy Stone ドローン GPS搭載 カメラ付き 200g以下 最大飛行時間32分 バッテリー2個付き 1080P 広角HDカメラ フォローミーモード オートリターンモード モード1/2転換可能 FPVリアルタイム 高度維持 プロペラガードなし 国内認証済み 充電器付き HS120D

コスパに優れていると評判が高いHoly Stoneのドローン。
飛行時間も長くこれが第一候補かな…?

Potensic TS25

B07R3T5VY6
Potensic ドローン GPS 搭載 高度・座標ホバリング 200g未満(カメラ含む) 1080P 120°広角HDカメラ付き フォローミーモード オートリターンモード WIFIリアタイム 国内認証済み T25全能版 バッテリー2個 収納ボックス付き

上のモデルと似たスペックで検討中。
収納ボックスが付属しているのは魅力。
ただ、飛行時間が短いようなので、そこが悩むところ。

Potensic T18

B07V4HVKTV
Potensic ドローン GPS 搭載 高度・座標ホバリング 200g未満(カメラ含む) 1080P 120°広角HDカメラ付き フォローミーモード オートリターンモード WIFIリアタイム 国内認証済み T18全能版 バッテリー2個 収納ボックス付き

これも上の2機種と甲乙つけがたいスペック。
価格帯もどれもほぼ同じ。

そんな中で…

DJI Mavic Mini

B07ZPSND42
【国内正規品】DJI Mavic Mini ドローン カメラ付き 小型

こちらは上の3機種と比べてカメラのスペックは群を抜いています。
しかも3軸ジンバルを搭載しているので、ブレが無いよう。
折りたたみ式なもの魅力的。
ただ、フォローミ―モードやオートリターンなどはないのが難点。
そして価格も…
上の3機種は2万円弱なのに対して、こちらは4万円半ば
…見ていると、よりハイスペックの物が欲しくなってきてしまうけど、
慣れるまでは落としたりなんだりするだろうことを考えると…。

と、いろいろ頭を悩ませています。

ドローンに詳しい方、

何かおすすめの機種がありましたら

是非教えてください!
<m(__)m>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です