に投稿 コメントを残す

グリップ部分が折れたロッドの修理


転倒した際その上に乗ってしまい、グリップ部分から折れたロッドの修理です。

今回の修理は、これまでのグリップやリールシートはできるだけそのまま残すことにしました。

そこで、この折れた部分のコルクを1つだけ外し、ブランクの接続は別の短いブランクを差し込み、同時にコルクを外した部分に新たなコルクを差し込み接着しました。

これは折れた部分にそれに合う径のブランクをプラグとして挿入したところ
バット側にもこのプラグがちょうど入るように加工して挿入するとこの様になります。
ブランクとコルクを接着した状態

この状態からコルクを整形していきます。新たに接着したコルクと、それまでのグリップとの見た目の違和感をなくすために旧来のグリップも少しだけ削り、新しい地の色を出しました。それと同時にピット(コルクにある穴の部分)を埋める加工もしておきました。

これでほぼ新品のようなグリップになりました。

この他、様々なロッドの加工や組み立て等行っております。

先ずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

題名
[ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

メッセージ本文

画像など

Contact form 7 Mailchimp extension by Renzo Johnson - Web Developer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です