に投稿 コメントを残す

蒲田川解禁の様子をYoutubeにアップしました。


各地の解禁からもう結構日にちが経ってしまいましたが…

私はと言えば、いろいろな事に忙殺され、その後全然釣りに行けていない状態が続いております(-_-;)。

そんなこんなで、蒲田川の解禁の様子をYoutubeにアップしようとしていたのですが、それも遅れに遅れ、ようやく先日アップすることができました。

未だご覧になっていない方は、ご覧いただけたら幸いです。

チャンネル登録やイイネ!もよろしくお願いします<m(__)m>

に投稿 コメントを残す

天竜川解禁釣行記(2020年)


私にとっては毎年の恒例、2月1日の長良川に続き、16日は天竜川南信地区の解禁に行ってきました!

この日は例年にはないほどの暖かさ。いつもならウェーダーが凍ることも珍しくはないのですが…

生憎この日は雨。それも1日。そしてそれが時折激しくなるという気が滅入る釣行となってしまいました。

中には雨の日の釣りは好きだという方もいるかもしれませんが、私としては雨の中での釣りはできればしたくない。

糸は結び辛くなるし、雨が帽子を伝って頭は濡れるし、首筋も冷たくなる。どうして俯き加減になり気がめいってくる。

それでもせっかくここまで来たのだからと、気持ちを奮い立たせ”頑張って”きました。

やはり、私としては―――それが決して釣りには良いコンディションとは言えないとしても―――抜けるような青空の下で釣りをするのが好きなのです…。

…それはともかく。なかなかに厳しい状況ながら2つのストライクがあり、そのうちの1つを何とかモノにすることができました。

サイズはそれほどでもないものの、”プリップリ”の良いコンディションのアマゴでした。

サイズはともかく、キビシイ状況の中、うれしい1尾。

この時の様子は近いうちにYoutubeにもアップする予定です。

PS.今回の釣行で一緒に釣りをした、富山県のドクターである柳下先生がマスクの使い方をレクチャーしてくれましたので、その時の様子をYoutubeにアップしました。

昨今のコロナウィルスの流行やインフルエンザへの対策、これから酷くなる花粉症への対策にお役に立てていただけたら幸いです。

に投稿 コメントを残す

マスクは正しく使いましょう。


新型コロナウィルスの脅威は日ごとに深刻さを増しており、マスクの需要が益々高まっていますが、間違った使い方をしてしまうと逆効果となる場合もあります。ですからマスクは正しく使いましょう。

…などと素人の私が言っても説得力がありませんね( ´艸`)。

先日、例年通り南信の天竜川へ行ってきました。

その時の様子はまた後程ご報告させていただきます。

解禁の前日に現地入りし、その夜は地元のプロショップ『アングラーズ・パラダイス』の山本さんやそこの常連アングラーやその他皆さんと食事を楽しみました。

その席で、富山県のドクターで私の釣友でもあり、お客様でもある柳下肇先生にマスクの正しい使い方を実演していただきました。

プロが開設するマスクの使い方です。これはもう私が言うより断然説得力があります!

ものすごくためになったので、Youtubeにアップさせていただきました!

ご覧頂き、お役に立てていただけたら幸いです。

に投稿 コメントを残す

2020年、長良川解禁!


毎年、2月1日は長良川中央漁協エリアの解禁です。

今年もその長良川の解禁に行ってきました!

例年は長良川本流へ行くのですが、今年は支流へ行ってみることに…

現地で仲間たちと落ち合い、ワイワイ・ガヤガヤ…にぎやかに釣りを楽しみました。

”寄る年波”には勝てず、年々極小のミッジフライにティペットを結ぶのがつらくなってきている身にはこんなツールのありがたみを実感します

使うフライは主にCDCを使ったミッジ・パターン。

1匹釣ったらフライは水を含み沈みやすくなってしまうため、こまめな”手入れ”必要です。

私は主にこのフロータントで使ってそれをしています。ティペットに結ばれたままの状態のフライをこの中に入れジャバジャバとすすぎ洗いをするようにボトルをしっかり振ります。フロータントの優れた洗浄力により、フライについた水分や魚のヌル等の汚れを洗い流し、その後ボトルから取り出し、息を吹きかける等して乾燥させます。揮発性が高いため、直ぐに乾きますのですぐに釣りを再開することができます。

この時の様子をYoutubeにアップしましたので、是非ご覧ください。

そして、よろしけばチャンネル登録をよろしくお願いします!

に投稿 2件のコメント

ロッドを使わないフライキャスティング


最近、Youtubeにロッドを使わずにキャスティングをするというのをアップしました。

未だご覧になっていない方は1度ご覧ください。

そして、もしよろしかったらチャンネル登録やイイネなどもしていただけたら幸いです!

このキャストは、私が知る限りではかのリー・ウルフ氏が最初にして見せたのではないかと思います。

氏はリーダーの先にサーモンフライを結び、手にロッドは持たず、リールとラインだけでキャストし見事アトランティックサーモンを釣り上げるというデモンストレーションを大衆の面前でやってのけたという逸話を雑誌の記事で読んだことがあります。

この人はそれだけではなく、他にも数々の信じられない”武勇伝”があります。その一つにこんなことがあります…。

グラスロッドにクリック式のサーモンリールを取り付け、木製の小舟からストライプトマーリンをティージングやチャミングをするのではなく、サイトフィッシングで釣り上げて見せ、それをフィルムに記録しテレビで放映したというものです。そしてそれはIGFAのフライフィッシング12ポンドクラスの世界記録として永らく君臨していたのです!

私はこのフィルムを見て衝撃を覚えました。

私もいつかこのような後世に残るを1つでも良いから残したいものです…。

話が横にそれてしまいました…。

このキャストにも私には忘れられないエピソードがあります。

もうずいぶん前になりますが…。アメリカのフライフィッシングのディーラーショーに行った時の事、キャスティングプールでSAGEのロッドを試投していた私に、当時WinstonからSAGEに移籍したばかりのロッドデザイナー、ジェリー・シーム氏が話しかけてきました。「それ、何番のロッドだい?#10か…かなり重いラインだな…チョット貸してくれる?」と言って、私からそのタックルを受け取り、ロッドは下において、この動画のようにラインだけでキャストをして見せ。ウィンク一つ残してブースに戻っていきました。その距離20ヤードほども飛んでいたでしょうか…無風という好条件だったとは言え、信じられない距離です。

思えばこのテクニックはリー・ウルフ氏からその奥様のジョーン・ウルフ氏へ、それから同じWinstonにいたジェリー・シーム氏へと脈々と受け継がれた”お家芸”のようなものなのかもしれません。

まだやってみたことがない方、一度試してみてはいかがでしょう?ただ、あまり頑張りすぎて体を傷めないように気を付けて…( ´艸`)

に投稿 コメントを残す

奄美大島釣行をブログにアップしました。


今回の奄美釣行は、各地でたいへんな被害をもたらした台風19号の動きを気にしながらのものになりましたが、結果的にはなかなか充実したものとなりました。

その様子をブログにアップしましたので、ご覧ください。

こちらをクリック

今回の台風で被害に遭われた皆様には、心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興を願っております。

に投稿

5月スクールの予定


かつてない10連休という大型連休が始まりましたね!

そんな大型連休の最終の2日間、名古屋でキャスティングレッスンを行います。

内容は日によってシングルハンド、ツーハンドの両方を、また時間も半日と1日のコースを設けました。是非ご利用ください!

スクールの詳細はこちら!

スクールの他の今後予定のイベントもご覧いただけます。

に投稿 コメントを残す

アラスカの名手、日本でツーハンドクリニックを!



アラスカを拠点に活動を続けているキャスティング・インストラクター、マーク・ヒューバー氏が来日、ツーハンドクリニックを開催します。

氏はFFIのインストラクター認定プログラムの運営委員でもあり、サイエンティフィックアングラーズ、ウィンストン、バリスティック・ラインなどタックルメーカーの契約プロでもあります。

ツーハンドを深く理解し、トラディショナルからスカンジ、スカジットなどあらゆるスタイルに精通しています。

特定のスタイルを深く突き詰めるというのではなく、広く多くのキャスティングスタイルを知りたいという方にはまさにうってつけの講師だといえます。

既に申し込み締め切り期限は過ぎていますが、若干の空きがあるためお申し込みを受け付けています。

是非この機会に、あなたも!

イベントの詳細はこちらをクリックしてご覧ください!

に投稿 コメントを残す

H.OKADAスペイロッド13’ #6/7/8



主に1本限り、ワン・オフのロッドを製造しているH.OKADAのスペイロッドを1本アップしました。

スペックは13’0” #6/7/8 4ピースのモデルです。

ひじょうに軽量、”スッキリ”としたアクションで、たいへん使いやすいものに仕上がっています。

グリップは高品質のAAAグレードのコルクリングを、ブランクに直接接着した後、整形しているため、センターに狂いがなく、長年の使用でも接着剥がれなどが起きにくくなっています。

ガイドのアラインメントのためのフェルール口部分につけたドットはスレッド・ワークで施すという、私ども独自の方法でなされており、見た目にもよく、長年の使用でも取れてしまうということがありません。

私どもは1本のロッドを長く、大切に使っていただける方のために、丹念に作り上げています。

是非一度ご覧ください!

商品の詳細はこちらをクリックしてご覧ください。