に投稿 コメントを残す

車のドアに挟んで折れたロッドの修理


車のドアに挟んで折れてしまったロッドの修理例です。

今回のご依頼のロッドは、2ピースのロッドのティップセクションが3か所、つぶれるように折れていました。

今回のロッドは破損個所が多く、ドアに挟まれて潰れたので折れた範囲も長かったため、少々修理し太くなった部分が目立ちますが、アクションなどには問題ない状態にできたと思います。

に投稿 コメントを残す

ルアーロッドのスピゴットフェルール破損



ルアーロッドのフェルール破損の例です。

雄側はこのように折れ、雌側にはそのフェルール部分が残ってしまっています。

これはなかなかに難しい状況。

本体ブランクの内側の壁に傷を付けないよう、慎重に作業を進め、何とか無事に折れた部分を取り除くことに成功。

元々のフェルールはチューブラーだったのですが、お客様のご希望もあり、より強度に優れたソリッドのフェルールを接着しました。

リールシートのウッドスペーサーも少し傷ついていたので塗装をし直してほしいとのことで、この部分も補修。

に投稿

2ピースロッドを4ピースに。


2ピースのロッドを4ピースに改造する例をまた一つ…

G.LOOMISの名竿、IMXシリーズ9ft#5。
上から2番目と一番下が今回新たに作ったフェルール部分。

このようなロッドの改造をお考えの方、お気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

題名
[ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

メッセージ本文

画像など

Contact form 7 Mailchimp extension by Renzo Johnson - Web Developer

に投稿

2ピースロッド破損修理&4ピース化


2ピース#4のロッド、ティップセクションが折れたので、その修理と同時にこれを4ピースにしてほしいとのご依頼

修理&改造後はこのように…

クロスバッグにはもともとついていたメーカーの織ネームを利用したいとのことで、このように。
に投稿

スピゴットフェルール破損


先日、写真のような5ピースのスペイロッドの#4セクションのスピゴットフェルール破損の修理のご依頼がありました。

なかなか”見事な”粉砕ぶりです。

残っているパーツをできる限り再利用しながら補強を施し、下のようになりました。

ロッドの修理はお気軽にご相談ください!

こちらをクリック

に投稿 コメントを残す

ロッド破損修理:欠損部分が有るケース



ロッドのティップ部分が2か所折れ、途中部分が欠損したケースの修理の例です。

失ってしまった部分を別のブランクから太さと硬さが合う部分を切り取り、接続しました。

通常ブランクをつなぎ合わせる場合、左の少し太くなっている部分のような修理をすることが多いのですが、今回は比較的近い場所を2か所繋ぎ合わせるため、見栄えが悪くなってしまうと思い、もう1か所は右のようにスリムな形になるようにしました。このような繋ぎ方はバット部分で行うのは少々強度に不安がありますが、ティップ部分では問題ないのでこのようにしました。

最終的な出来上がりはこのように…。

ブランクに使用しているのと同じ塗料を持ち合わせてい無かったため、近似色のスレッドを巻いて対処しました。かなり近い色のスレッドが見つかったため、殆ど違和感はないと思います。

当方ではこのほか様々なロッドの修理、改造、カスタマイズを承っております。

お気軽にご相談ください!

ロッドカスタマイズ、修理等お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

題名
[ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

メッセージ本文

画像など

Contact form 7 Mailchimp extension by Renzo Johnson - Web Developer

 

に投稿

フェルールの固着


抜けないフェルール

先日「フェルールが固着してしまい、どうしても抜けない」と、修理のご依頼をいただきました。

こちらでも何とか抜こうといろいろやってみるのですが、どうしても抜けない。

そこで、お客様にご了承いただきこのような修理方法をとることに…。

一旦フェルールの少し上でブランクをカット。

固着している部分のメスフェルールを、注意深く壊していき取り外す。

カットしたブランクの下に新たにフェルールを作り取り付ける。

このような形になりました。

修理のご依頼承ります。

このような修理のほか、様々なロッドの修理を承ります。

修理でお困りのロッドなどありましたら、是非一度お問い合わせください。

修理のお問い合わせ、お申し込みお問い合わせフォーム

お問い合わせ、お申し込みには下のフォームをご利用ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

題名
[ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

メッセージ本文

画像など

Contact form 7 Mailchimp extension by Renzo Johnson - Web Developer

に投稿 コメントを残す

ツーハンドのグリップ修理


グリップ接着剥がれ

先日、スペイロッドのローアーグリップの接着が一部はがれたと、修理の依頼がありました。

修理手順

このような修理は以前もやったことがあったので、ご依頼をお受けして取りかかりました。

先ずは不具合のある部分のコルクを取り外し、下の写真のようにしました。

コルクを外した部分に新たなコルクを接着、それから整形して出来上がり。

このようになりました。

様々なロッドの修理承ります。

このようなものの他に、様々な修理を承ります。

また、修理の他にもロッドの改造や、組み立てなども承ります。

これらの事でお困りでしたら、是非一度お問い合わせください。

ロッドの修理、改造等お問い合わせ、お申し込みフォーム

これらの事についての問い合わせやお申し込みは、下のフォームをご利用ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

題名
[ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

メッセージ本文

画像など

Contact form 7 Mailchimp extension by Renzo Johnson - Web Developer

 

に投稿

フェルールの損傷



先日、フェルールが割れてしまったので治らないかとご依頼がありました。

かなり広い範囲で、しかも多数のクラック…というか、つぶれてしまっているような感じ。

雄側もクラックが入り、ダメージがある様子。

メス部の割れた部分にグラスの繊維を巻き付け補強することにしたが、ブランク壁が薄く繊細なため、巻き付けるときにそのテンションでブランクを潰して変形させないよう注意しながら巻き、それに樹脂を染み込ませ強度を確保するとともに、ブランクの色と同化させることに…。

そしてその上から薄い色のスレッドを巻いてコーティング。

雄側には内側に短いブランクを挿入して補強。

出来上がりはこのような感じになりました。