投稿日:

フェルールの固着


抜けないフェルール

先日「フェルールが固着してしまい、どうしても抜けない」と、修理のご依頼をいただきました。

こちらでも何とか抜こうといろいろやってみるのですが、どうしても抜けない。

そこで、お客様にご了承いただきこのような修理方法をとることに…。

一旦フェルールの少し上でブランクをカット。

固着している部分のメスフェルールを、注意深く壊していき取り外す。

カットしたブランクの下に新たにフェルールを作り取り付ける。

このような形になりました。

修理のご依頼承ります。

このような修理のほか、様々なロッドの修理を承ります。

修理でお困りのロッドなどありましたら、是非一度お問い合わせください。

修理のお問い合わせ、お申し込みお問い合わせフォーム

お問い合わせ、お申し込みには下のフォームをご利用ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

題名
[ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

メッセージ本文

画像など

投稿日:

ツーハンドのグリップ修理


グリップ接着剥がれ

先日、スペイロッドのローアーグリップの接着が一部はがれたと、修理の依頼がありました。

修理手順

このような修理は以前もやったことがあったので、ご依頼をお受けして取りかかりました。

先ずは不具合のある部分のコルクを取り外し、下の写真のようにしました。

コルクを外した部分に新たなコルクを接着、それから整形して出来上がり。

このようになりました。

様々なロッドの修理承ります。

このようなものの他に、様々な修理を承ります。

また、修理の他にもロッドの改造や、組み立てなども承ります。

これらの事でお困りでしたら、是非一度お問い合わせください。

ロッドの修理、改造等お問い合わせ、お申し込みフォーム

これらの事についての問い合わせやお申し込みは、下のフォームをご利用ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

題名
[ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

メッセージ本文

画像など

 

投稿日:

フェルールの損傷


先日、フェルールが割れてしまったので治らないかとご依頼がありました。

かなり広い範囲で、しかも多数のクラック…というか、つぶれてしまっているような感じ。

雄側もクラックが入り、ダメージがある様子。

メス部の割れた部分にグラスの繊維を巻き付け補強することにしたが、ブランク壁が薄く繊細なため、巻き付けるときにそのテンションでブランクを潰して変形させないよう注意しながら巻き、それに樹脂を染み込ませ強度を確保するとともに、ブランクの色と同化させることに…。

そしてその上から薄い色のスレッドを巻いてコーティング。

雄側には内側に短いブランクを挿入して補強。

出来上がりはこのような感じになりました。

投稿日:

H.OKADA カスタムロッド 7’9″ #1/2 6pcs.


以前よりお客様よりご注文いただいていた、7’9” #1/2、6ピースのロッド。

#1セクションをグラスで作ってみました。

全体に柔らかめで、面白いロッドに仕上がりました。

投稿日:

スペイロッド修理


 

折れたロッドの修理

先日、スペイロッドが折れたので修理を…とのご依頼がありました。

折れた個所は4ピースの#2セクション。ご覧の通りポキリと”綺麗に”折れています。

もう生産しておらず、メーカーもパーツを持っていないとのことで、当方にご相談をいただきました。

修理方法としては、折れた個所にグラファイトのスリーブを被せ補強のためグラファイト繊維を巻き付け、樹脂で固めた後ブランクと近似色のスレッドを巻きバーニッシュを掛けるという方法を提案させていただきました。

出来上がりはこのような感じ。

これでまたしばらく使っていただけると思います。

 

 

投稿日:

フラットステルス・9ft#6・カスタムカラー


先日のフラットステルスのカスタマイズの投稿をご覧いただいた方からご注文をいただいたロッド。

こんなカラーリングもなかなかにオシャレ。

 

投稿日:

フラットステルス、カスタムカラー


クロダイのサイトフィッシング用に作ったH.OKADA Flat Stealth

このロッド、そのキャスタビリティから、キャストの練習にも最適なロッドで、FFIのインストラクターを目指す方にもお勧めできるものです。

そのロッドのブランクカラーを見やすいホワイトにしたものです。

この白いロッドはたいへん見やすいため、デモンストレーションや写真、ビデオなどの撮影にもたいへん重宝するため、私も使用しています。

これを今回は更にシングルフットワイアガイドとチタンフレームSICのガイドにカスタマイズしました。

今回のご依頼のロッドはFlat Stealthを#7をベースにしたものです。これはチヌなどのサイトフィッシングやFFIのインストラクター試験のように比較的近い距離をメインにした場合は#7のラインウェイトで、競技など遠投を中心にした場合は#5、その中間では#6での使用をお勧めします。