Posted on

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク17


水面でのパフォーマンス・タスク―――セクション1B

タスク17 ダブルスペイ(利き手サイド)

簡単な説明に続き、最低90°の方向転換を伴う65ft(約19.8m)のダブルスペイ・キャストを行います。

ホール及びシュート可。

Posted on

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク16


水面でのパフォーマンス・タスク―――セクション1B

タスク16 シングルスペイ(利き手サイド)

簡単な説明に続き、最低45°の方向転換を伴う65ft(約19.8m)のシングルスペイを行います。

ホール及びシュートは可。

 

Posted on

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク15


水面でのパフォーマンス・タスク―――セクション1B

タスク15 スイッチキャスト(利き手サイド)

簡単な説明に続き、次の2種類のスイッチキャストを行います。

(a)ホールもシュートも行わない、Dループを使う55ft(約16.8m)キャスト。

(b)シングルホールを行い、シュート可の65ft(約19.8m)キャスト。

 

 

Posted on

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク13


水面でのパフォーマンスタスク:セクション1B

タスク13:スタティックライン・ロールキャスト(利き手サイド)

簡単な説明に続き、次の2種類のロールキャストを行います。

(a)ホールもシュートも行わない50ft(約15.2m)のキャスト

(b)シングルホールを行う55ft(約16.8m)キャスト。シュート可。

Posted on

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク7


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク7:カーブドラインプレゼンテーション(右)

タスク6と同じことをしますが、ラインをカーブさせる方向を右にして行います。

 

Posted on 1件のコメント

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク6


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク6:カーブドラインプレゼンテーション(左)

簡単な説明に続き、左にカーブさせるプレゼンテーションを2種類実演します。

一つはロッドを水平に近い面で振るもの、もう一つは垂直に近い面で振るものです。

ラインの長さは45ft(約13.7m)。

Posted on

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク4


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク4:スラックライン・ウェーブ

簡単な説明に続き、2種類のスラックライン・レイアウトを実演します。

1つは連続する大きなスラックウェーブ、もう一つは連続する小さなスラックウェーブを作ります。

ラインは50ft(約15.2m)。

この詳細は順次アップしていきます。

 

Posted on 1件のコメント

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク3


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク3:キャスト面の変更

簡単な説明に続き、1時、2時、3時の各位置でキャストをします。

次にオフショルダーで11時、10時、9時の各位置でキャストをします。

各位置では2回ずつフォルスキャストをします。

ラインの長さは40ft(約12.2m)です。

Posted on 1件のコメント

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク2


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク2:オーバーヘッドキャスト(ワイドからナローループ)

簡単な説明に続き、フォルスキャストを3段階でワイドループから徐々にタイトループにします。ラインは50フィート。

各ループサイズ

この場合のループ幅は、ワイドループ:8ft(約2.44m)程度、ミディアムループ:6ft(1.8m)程度、タイトループ:3ft(0.91m)以下です。

ワイドループ

ミディアムループ

タイトループ

このタスクの詳細については、この後追ってアップしていきます。

Posted on 2件のコメント

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク1

芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク1:オーバーヘッドキャスト(ナローループ)

簡単な説明の後、ナローループのフォルスキャストを6回行います。ラインは50フィートです。

このタスクで期待されることは、CIのタスク1とほぼ同じです。

違う点はラインの長さが50フィートになっていることと、ループの幅が3フィート以下となっている点です。

このループ幅は、ライン先端がロッドティップを通過する辺りで、ループ先端から3~4フィートの地点で計ります。

この、ループ幅3ft以下というのはなかなかに厳しい課題で、ロッドのアクションによってはほぼ不可能な場合もあるのではないかと思います。

ウルトラタイトループ

では、どのようなロッドがナローループを形成するのに向いているかといえば、皆さん直感的にお分かりになっているかと思いますが、ティップが軽い、ファストアクションのロッドの方がよりナローなループを形成しやすいといえます。つまり、ロッドのアクションによって、作ることができるループの幅にある程度の限界があるといえます。しかし、ちょっとしたテクニックというか、コツをつかむとそれを超えたナローループを作ることも可能ではあります。

そのテクニックを使って、同じロッドでキャストしたのが次の動画です。

比較しやすい様に、ラインをトレースした静止画にしてみました。

以下でそのテクニックをご紹介します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について