FISH-OWLランディングネット

説明


『FWISH-OWL』ランディングネットは北海道のベテランフライフィッシャー、田中敏信氏の手によるハンドメイドのランディングネットです。

たいへん丁寧に作られており、見た目にも美しく、同時に強度にも優れています。

FWISH-OWLネット形状

ネットは独自の形状をしており、底面が平らで信じられないほど大きく広がります。

そのため、フレームのサイズからは想像できないほど大きな魚も難なく掬うことができ、しかも魚はネットの底で曲がることなく横たわることができるため、ストレスがかかりません。

ネットの素材は魚の肌にも優しく、耐久性に優れたクレモナ製の手編みです。

いかにも大型トラウトが多く生息する北海道の釣り師が作ったという、ひじょうに実践的でしかもたいへん美しい、そしてそのクオリティーに比してきわめてリーズナブルなランディングネットです。

2016年の新作のカーブド・グリップのシリーズは新デザイン。従来のカーブド・グリップのネットは釣り下げた時に重心がネットの中心からずれ、使い辛い部分があったのですが、カーブド・グリップにも拘らず重心がネットの中心にあり、たいへん使いやすくなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、今回入荷のⅭ300シリアルナンバー:443C350シリアルナンバー:444C400シリアルナンバー:445の3モデルはフレームの内側全周に内貼りが施されています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この内貼りの出来栄えは見事なもので、継ぎ目が全く分かりません。作ったご本人でも、どこで継いだのかわからなくなってしまったそうです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

通常のフレームはこのような感じ。

 

レビュー

レビューはまだありません。

“FISH-OWLランディングネット” の口コミを投稿します
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。