シリヘッド・バニー(Sili-Head Bunny)

¥1,000

解除
商品コード: N/A 商品カテゴリー:

説明


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年のスキーナ水系スチールヘッドツアーで使用し、37インチと40インチのスチールヘッドを釣ったパターンです。
決して順調とは言えなかったこの年のスチールヘッドツアーの中で、この釣果はこのフライの有効性を物語っていると言えるでしょう。

特徴はヘッド部分。

シャイニーヘアやクラフトファーのような、アーティフィシャル・ファー(ラムズウールのような本物のファーでも同様の効果を期待できますが…)でダビングブラシを作り、ヘッド部に巻きます。その後シリコーン・コーキング材やコニシボンドのSUなどのシリル化ウレタン樹脂で紡錘形に形成します。

この大きなヘッドによりフライは水流の抵抗を大きく受け、まるで野球の投手が投げるスライダーのように右に左に、上に下に不規則に揺れ動きます。また、その後ろに付けられた柔らく動きの良いオーストリッチやラビットストリップもヘッドが作り出す乱流により、やはりたいへん激しく動き、魚を魅了します。

レシピ

シャンク:フックシャンク。タイイング後、ベンドをカットする

 フック:オクトパス #2~#6フックとシャンクはPEラインやダクロンラインでループを作り、接続。テールのラビットストリップにフレンチ・ヒッチで留める。

テール:ラビットストリップ

バット:ファーリーボディ、プラスチックシェニール、ポーラーベア、シールスファー等

ウェイト:ビーズヘッド(オプション)

ハックル:オーストリッチ、マラブー等+アムハーストフェザントテール(オプション)上にオプションでフラッシャー。

ヘッド:シャイニーヘア、クラフトファー等をダビングループにはさみ、ツイストして巻くか、シャイニーブラッシュを巻き、シリコーンコーキング材または『ボンド SU』などのシリル化ウレタン樹脂でコートする。

タイイング手順を動画にてご紹介します。

 

追加情報

カラー(Color)

, , , , , , , , , , , , , , , ,

サイズ(Size)

, ,

レビュー

レビューはまだありません。

“シリヘッド・バニー(Sili-Head Bunny)” の口コミを投稿します
Top
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。