Posted on コメントする

コンパラダンディア


コンパラダンや、ヘアウィングダン等のトラウト用ドライフライのウィングに適したディアヘア、

その名もコンパラダンディアが入荷しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このマテリアルで、こんなフライを創作してみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ディアヘアスタッカーと命名。

ハックルポストにダビングループにディアをはさみこみ、ツイストしてハックルとして、ハックルスタッカー(パラループ)の手法で取り付けました。

CDCを使ったパターンも良いけれど、そればかりでは少し”飽きて”きたし、もっと使い勝手の良い、「こんなパターンも良いか?」と思い、巻いてみました。

今年の3月、蒲田川の解禁はこのフライを中心に使用してみようと思っています。

 

Posted on コメントする

2016年、最初の天竜川


2016年、天竜川の解禁日の3月16日は、生憎の増水のため、予定していた釣行を断念。

翌、17,18日での釣行となった。

いくらか水量は減ったものの、まだ水位は高く、濁りぎみではあるが、釣りができないほどではないため釣りを敢行。

例によって、アンパラ山本さんと、ボランティアながら凄腕ガイドのFさんに案内していただいての釣行。

この日はこのお二方が仲良く1バラシのみにて終了。

翌日は名古屋からSさんとワチェット鈴木さんが合流。

やはりお二方に案内していただきながら、3人で釣りをすることに…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日は残念ながらノーバイト。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本格的に釣れだすのはもう少し先なのか?…という思いを残しながら、今回の釣りは終了。

後日談。

今回の釣行の2日後、地元ルアーマンのUさんが見事なイワナを釣り上げ、フライではMさんがホウライマスを。そして今回もガイドをしてくれたFさんはナント、3本も釣り上げたとのこと!!!

タイミングが悪いのか、それとも…イヤイヤ、それは考えたくない…。また近いうちに…。

この日のタックル

Rod:O-REX Virtuoso Spey Circus 12’0″ #6/7

Line: Nextcast Coastal F1 #6/7 550gr+ Sink Tip 10′ S-6 & S-8

Flies: Original Tube Fly and String Leech Nymph

今回、新入荷のNextCast CoastalのF1(フローティングボディに、インタミの中間部のショート・シューティングヘッド)を使用してみた。

#6/7で550grというスペックは「チョット重くないか?」と思ったものの、思ったほど重いとは感じない。むしろこの重量はバックスペースがタイトでしっかりとバックループが作れないような状況でも必要な負荷をロッドにかけやすく、たいへん使いやすい。また、ティップへと続く中間部がインタミのため、10ftのシンクティップでは沈み切らない、もしくはすぐに流れに押され、浮き上がってしまうと思える場所でも必要な深度を保て、また10ftのシンクティップのキャストしやすさは損なわないため、この点もひじょうに都合が良い。

残念ながら、現在在庫が全て切れてしまったが、また近いうちに入荷予定。

是非皆様もお試しあれ…。

 

 

 

 

 

Posted on 2件のコメント

”雪辱戦”。


先日の長良川解禁は、ロッドもろくに振らせてもらえず、

消化不良どころか、全くの”未消化”だったので、

昨日、「午前中だけ!」と自分に言い聞かせ、比較的解禁から釣れている場所へ行ってみることに…。

着いてみとすでに何人もの人が立ち込んで、キャストしている。

その中に知り合いの顔を見つけ、しばし談笑。

聞くとやはりかなり難しい状態とのこと。

私も中に入れてもらい釣り開始。

風はほぼなく、水面はさざ波一つないフラット状態。

その中で静かにライズを繰り返す魚。

なかなかに興奮するが、厳しい状況。

案の定、手を変え品を変え、キャストを繰り返すが、魚たちは全くの無視!!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

やっとの思いで、何とかアマゴが1尾相手をしてくれたところで時間切れ。

無理やり”目をこじ開けられた”ので、まぁ、良しとして帰宅と相成りました。

Posted on 2件のコメント

2016年最初の解禁は…


2016年のシーズンもいよいよ開幕!

先ずは2月1日、恒例の”長良川詣で”に…。

例によって皆が集まって河原で鍋を囲み、ワイワイと…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、毎年のことながら、厳しい釣りになった。

今年は特に…。

例年なら、この場所も一日いればいくらかのライズは見られるのだが…。

この日はサッパリ。

結局別の場所へ”偵察”に行った数人の内、2人のみがやっとのことで魚の顔が見られたのみ。

キャストすらさせてもらえず納竿。

このままでは収まりが付かないので、近いうちにもう一度…と思っている今日この頃。

でも、釣果の方はともかく、解禁は待ちに待った、心躍る一大行事。

楽しい一日でありました。

次の解禁は2月16日の天竜川で…!