投稿日:

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク13


水面でのパフォーマンスタスク:セクション1B

タスク13:スタティックライン・ロールキャスト(利き手サイド)

簡単な説明に続き、次の2種類のロールキャストを行います。

(a)ホールもシュートも行わない50ft(約15.2m)のキャスト

(b)シングルホールを行う55ft(約16.8m)キャスト。シュート可。

投稿日:

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク7


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク7:カーブドラインプレゼンテーション(右)

タスク6と同じことをしますが、ラインをカーブさせる方向を右にして行います。

 

投稿日:

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク6


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク6:カーブドラインプレゼンテーション(左)

簡単な説明に続き、左にカーブさせるプレゼンテーションを2種類実演します。

一つはロッドを水平に近い面で振るもの、もう一つは垂直に近い面で振るものです。

ラインの長さは45ft(約13.7m)。

投稿日:

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク4


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク4:スラックライン・ウェーブ

簡単な説明に続き、2種類のスラックライン・レイアウトを実演します。

1つは連続する大きなスラックウェーブ、もう一つは連続する小さなスラックウェーブを作ります。

ラインは50ft(約15.2m)。

この詳細は順次アップしていきます。

 

投稿日:

ロッド破損修理:欠損部分が有るケース


ロッドのティップ部分が2か所折れ、途中部分が欠損したケースの修理の例です。

失ってしまった部分を別のブランクから太さと硬さが合う部分を切り取り、接続しました。

通常ブランクをつなぎ合わせる場合、左の少し太くなっている部分のような修理をすることが多いのですが、今回は比較的近い場所を2か所繋ぎ合わせるため、見栄えが悪くなってしまうと思い、もう1か所は右のようにスリムな形になるようにしました。このような繋ぎ方はバット部分で行うのは少々強度に不安がありますが、ティップ部分では問題ないのでこのようにしました。

最終的な出来上がりはこのように…。

ブランクに使用しているのと同じ塗料を持ち合わせてい無かったため、近似色のスレッドを巻いて対処しました。かなり近い色のスレッドが見つかったため、殆ど違和感はないと思います。

当方ではこのほか様々なロッドの修理、改造、カスタマイズを承っております。

お気軽にご相談ください!

ロッドカスタマイズ、修理等お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お電話番号(必須)

題名
[ロッドの修理、改造などについてのお問い合わせ]

メッセージ本文

画像など

 

投稿日:

今なら有料コンテンツが無料でご覧になれます!


先月より有料会員様向けのコンテンツを少しづつアップさせていただいていますが、

この度”お試し”として、今月末までの期間限定で無料会員様にもご覧いただけるようにしました。

今のところキャスティングインストラクターになるための試験に関する内容になっていますが、インストラクター試験に興味ない方でもフライキャスティングに興味のある方ならきっとお役に立つ内容になっています。

既に無料会員になられている方はもちろん、そうでない方でもこの機会に是非お試しください。

会員登録は下のリンクをクリックしてください。

会員登録リンク

これら有料コンテンツはメインメニューの『学ぶ(Learn)』からご覧になれます。

投稿日:

マスターインストラクター試験タスク1を更新しました!


マスターインストラクター試験のタスク1に関する記事を更新しました。

より狭いループを作るための”チョットした”テクニックをご紹介しています。

こちらをご覧ください。

続きを読む マスターインストラクター試験タスク1を更新しました!

投稿日:

CND/H.OKADA GT Solstice 14′


先日、お客様からのオーダーでCND  GTソルスティス14ftのブランクを組み上げて出荷させていただきました。

今回の仕様はプレミアム仕様。スレッドカラーをアイアン・ブルーにして、ゴールドの飾り巻きを施しました。

永らく在庫切れの状態が続き、最近全てのモデルが揃ったGTソルスティス・シリーズのブランクですが、これを最後にまた在庫切れとなりました。

それと入れ替わるように、ノースフォークとサルモ・サラーSPのブランクが入荷したそうです。

これらもたいへん人気の高いモデルで、品切れが予想されます。

ご購入を検討されている方、是非早目のご注文をお願いします!

CND/H.OKADAの詳細はこちらをクリック!

 

投稿日:

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク3


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク3:キャスト面の変更

簡単な説明に続き、1時、2時、3時の各位置でキャストをします。

次にオフショルダーで11時、10時、9時の各位置でキャストをします。

各位置では2回ずつフォルスキャストをします。

ラインの長さは40ft(約12.2m)です。

投稿日:

FFI MCI(マスター・キャスティング・インストラクター)パフォーマンステスト:タスク2


芝生でのパフォーマンスタスク:セクション1A

タスク2:オーバーヘッドキャスト(ワイドからナローループ)

簡単な説明に続き、フォルスキャストを3段階でワイドループから徐々にタイトループにします。ラインは50フィート。

各ループサイズ

この場合のループ幅は、ワイドループ:8ft(約2.44m)程度、ミディアムループ:6ft(1.8m)程度、タイトループ:3ft(0.91m)以下です。

ワイドループ

ミディアムループ

タイトループ

このタスクの詳細については、この後追ってアップしていきます。